岡山市の登録ヘルパー求人情報分析まとめ「ゆるワーク」 » 未経験者も安心 訪問介護お仕事内容ガイド » 転職を成功させたい女性は資格を取るべき?おすすめの資格って一体どれ?

転職を成功させたい女性は資格を取るべき?おすすめの資格って一体どれ?

女性が転職を成功させるためには、資格を取得しておくのがおすすめです。

とはいえ、

「どのような資格を取得すべきなの?」

「なぜ資格を取得しておいた方が良いの?」

という疑問を抱えている方もたくさんいるでしょう。

そこでこの記事では、転職で資格が有利になる理由と、転職をしたいと考えている女性におすすめの資格について詳しく解説していきます。

転職において資格取得者が有利になる理由

まずは、転職において資格取得者が有利になる理由について、詳しく見ていきましょう。

専門性をアピールできるから

資格というのは、特定の知識とスキルを持っていることを証明するものです。

資格を取得しておくことによって、その分野のスペシャリスト、あるいはプロと判断してもらえるようになりますので、採用率が高くなるのです。

忍耐力を認めてもらえるから

資格には様々なものがあり、それぞれで難易度が異なります。

中には簡単に取得できるものもありますが、ある程度勉強しないと取れない資格もあります。

このような資格を取得することによって、忍耐力を認めてもらえるようになりますので、採用されやすくなるのです。

即戦力になれるから

転職先の仕事に関連する資格を取得することによって、即戦力になれる可能性が高くなります。

会社の中には、若手を1から育てたいと考えている所もありますが、即戦力になる人材を求めている所も多くあります。

どちらかというと、即戦力になる人材を求めている会社の方が多い傾向にありますので、資格は大きな武器になるのです。

転職をしたい女性が取得しておくべき資格とは?

では早速、転職をしたい女性が取得しておくべき資格について、詳しく見ていきましょう。

日商簿記

日商簿記というのは、経営活動におけるお金の動きを記録して、財政状態を明らかにするうえで必要な資格です。

簿記は、業種や業態問わず必要とされている資格ですので、経理への転職を検討しているのであれば是非取得しておきましょう。

日商簿記には1から3級があり、転職を有利に進めたいと考えている場合は、最低でも2級を取得しておくことが大切です。

2級の取得は決して簡単ではありませんが、難易度が高すぎるというわけでもありません。

受験料も8,000円以内とかなり安くなっていますので、興味がある方は是非挑戦してみてください。

ITパスポート

IT業界に転職をしたいと考えている方には、ITパスポートがおすすめです。

これは、ITに関する基礎的な知識を証明する国家資格です。

基本的な知識を証明する資格ということもあり、難易度はかなり低いと言えます。

そのため、

「この資格を持っていれば絶対に転職できる」

というわけではありませんが、最低限の知識を持っているということをアピールするための武器となりますので、挑戦してみることをおすすめします。

TOEIC

TOEICは、グローバル企業への転職を考えている方におすすめです。

明確に言えば、TOEICは資格ではなく検定という扱いになり、点数によって判断されることになります。

転職を有利に進めるためには、600点以上を取る必要があります。

ある程度英語力がある方は別ですが、英語スキルが全くないという方が挑戦する場合、長時間の勉強が必要になりますので、早めに勉強を始めるようにしましょう。

自動車運転免許

求人を出している会社の中には、自動車運転免許の取得を必須条件にしている所があります。

都心部に住んでいる方の中には、免許を持っていないという方もいると思いますが、免許を持っていないだけで不採用になるのはかなり悔しいですよね。

免許の取得には30万円前後の費用がかかりますが、一度取得してしまえば仕事だけでなく、プライベートでも活かせるようになりますので、早めに取得しておくことをおすすめします。

秘書検定

社長秘書として働きたいと考えている方には、秘書検定がおすすめです。

この資格を取得することによって、

  • お茶の出し方
  • 社内や会席での座席の選び方
  • 基本的なビジネスマナー

などのスキルや知識を身につけられるようになりますので、ビジネスで役立つだけでなく、大人としての魅力にも磨きをかけられます。

ファイナンシャルプランナー

日本人全体のマネーリテラシーが向上していることもあり、資産運用や投資に興味を持つ方が増えてきました。

また、老後2000万円問題や不景気の影響もあり、老後の資金に不安を抱える方も多くなっています。

このようなこともあり、近年ではファイナンシャルプランナーの需要が急増しているのです。

ファイナンシャルプランナーというのは、その名の通りお金に関する知識を元に、人々の人生設計をサポートするのに必要な資格です。

この資格には、

  • FP技能士→国家資格
  • AFP資格、CFP資格→民間資格

があり、国家資格の方が取得難易度が高くなっています。

ファイナンシャルプランナーを取得することによって、金融関係の会社に転職しやすくなり、尚且つ自分の人生設計も立てられるようになりますので、一石二鳥と言えるのです。

医療事務

医療事務の資格を取得することによって、診療報酬明細書の作成ができるようになります。

診療報酬明細書の作成ができるようになると、様々な医療機関で事務の仕事が行えるようになりますので、スムーズに転職を成功させやすくなるのです。

ただ、医療事務の資格には様々な種類があり、それぞれで特徴が少しずつ変わってきますので、事前にリサーチをしたうえで自分に合った資格に挑戦しましょう。

MOS

MOSというのは、マイクロオフィススペシャリストの略称です。

この資格を取得することによって、

  • Word
  • powerpoint
  • Excel

などの知識を証明できるようになります。

これらのofficeソフトは、様々な場面で使用しますので、持っていて損はない資格と言えるでしょう。

ただし、取得難易度が高くないこともあり、現在においては多くの方が持っていますので、希少性や専門性をアピールするのには向いていない資格です。

ケアマネージャー

ケアマネージャーというのは、介護を必要としている高齢者が、安心してサポートを受けられるようにケアプランを作成する仕事のことです。

ケアマネージャーは誰でもできるというわけではなく、公的資格を取得しなければなりません。

少子高齢化が進んでいることもあり、現在介護業界は非常に注目されています。

ただ、人手不足に陥っていることもあり、ケアマネージャーをはじめとする介護職員を募集している事業所がかなり多いです。

資格を取得することによって、転職先をスムーズに見つけられる可能性が高くなりますので、介護業界に興味を持っている方は是非挑戦してみてください。

ケアマネージャーとは一体何?
メリットや仕事内容を徹底解説!

介護職員初任者研修

今紹介したケアマネージャーの資格は、若干難易度が高いです。

中には、

「いきなり高難易度の資格に挑戦するのは自信がない」

という方もいるでしょう。

そのような方には、介護職員初任者研修の資格がおすすめです。

これは、介護業界における基本知識を習得できる資格であり、基本的にはこの資格を持っていればどの事業所でも働けるようになります。

特に、訪問介護では、この「介護職員初任者研修」を持っていないと現場に出て働くことができませんので、訪問介護に興味を持っている方は早めに取得しておきましょう。

介護職員初任者研修とは一体何?
メリットや取得難易度、取得費用を紹介!

まとめ

転職をしたいと考えている女性の中には、

「失敗したらどうしよう」

「不採用になったらどうしよう」

と悩んでいる方もいると思います。

そのような方は、資格取得に挑戦してみてください。

資格を取得しておくことによって、専門性をアピールできるようにもなりますし、即戦力になるということアピールできるようにもなりますので、採用率が高くなるのです。

とはいえ、資格には様々な種類があり、転職先企業の仕事内容や業種、業態によっても取得しておくべき資格が変わってきますので、今回紹介したことを参考にしながら、自分に合った資格を見つけていきましょう。

介護の仕事で取得しておきたい資格って?

社内の研修制度が整っており、「資格取得」を目指し、スキルアップしながら働けます!
「アミューズ富永」ってこんな会社です