岡山市の登録ヘルパー求人情報分析まとめ「ゆるワーク」 » 未経験者も安心 訪問介護お仕事内容ガイド » 円満退社は意外と難しい?みんなに応援されながら退社するコツは?

円満退社は意外と難しい?みんなに応援されながら退社するコツは?

スムーズに転職をするためには、円満退社を目指す必要があります。

ただ、この円満退社は意外と難しく、転職目前で今の会社とトラブルに発展してしまう方も多いです。

そこでこの記事では、円満退社が難しいと言われる理由と、みんなに応援されながら退社及び転職をするためのコツについて、詳しく解説していきます。

円満退社が難しいと言われる理由は?

では早速、円満退社が難しいと言われる理由について、詳しく見ていきましょう。

社員が辞めて嬉しい会社は存在しないから

会社にとって、社員は宝であり財産です。

社員が1人抜けるだけでも、生産性や効率に大きく影響しますので、ほとんどの会社は社員の退社を喜びません。

特に人手不足に陥っている会社は、何としてでも退社を引き留めようとしてきますので、トラブルに発展する可能性が高くなるのです。

時期やお金のことで揉めるケースが多いから

会社を退社する際は、時期やお金のことで揉めるケースがあります。

上司に、

「繁忙期が過ぎるまで待ってほしい」

と言われたり、有給や退職金、日割り賃金などで揉めたりすることもあります。

このようなトラブルに巻き込まれてしまうと、スムーズに退社できなくなりますし、場合によっては転職が後ろ倒しになってしまうこともありますので注意しましょう。

円満退社にはどんなメリットがある?

では次に、円満退社のメリットについて、詳しく見ていきましょう。

退社手続きがスムーズになる

退社する際は、それに伴う手続きが必要になります。

円満退社ができれば、これらの手続きもスムーズに行えるようになりますので、気持ちを素早く切り替えられるようになるのです。

みんなに応援されながら送り出してもらえる

円満退社ができれば、みんなに応援されながら送り出してもらえるようになります。

中には、

「二度と合わないからどう思われても良い」

と考える方もいますが、今の会社で築いた人脈や関係が、今後の仕事で生きてくることもあるのです。

退社時によくあるトラブルとは?

では次に、退社時によくあるトラブルと、トラブルに巻き込まれたときの対処法について詳しく解説していきます。

しつこい引き止め

退社時によくあるのが、しつこい引き止めです。

先ほども解説したように、社員は会社にとっての宝であり、財産ですので、場合によっては強い引き止めに合うこともあります。

これは、

「この会社に残ってほしい」

という気持ちの表れですので、決して悪いことではありませんが、既に退社の決意を固めている場合は悩みの種になります。

上司から強く引き止められた場合は、自分の意志や決意を丁寧に説明し、会社に残るという選択肢はないとはっきり伝えるようにしましょう。

嫌がらせ

会社によっては、社員の退社を引き止めるために嫌がらせをしてくる所もあります。

よくあるのが、

  • 退社を伝えた瞬間に役職をつけられる
  • 退社を伝えた瞬間に部下をつけらえる

などです。

中には、責任感で退社を断念してしまう方もいるのですが、これでは会社の思うつぼです。

もちろん、会社に残るという選択肢がある場合はよく考える必要がありますが、既に退社の決意が固まっている場合は、役職をつけられたとしても、部下をつけられたとしても自分の気持ちを曲げないようにしましょう。

有給や退職金に関するトラブル

先ほども解説したように、退社時はお金に関するトラブルが起こることも多いです。

よくあるのが、有給の消化や退職金に関するトラブルです。

中には、会社の言い分を全て鵜呑みにしてしまう方もいますが、これだと自分が損をしてしまうことになりますので、お互いに納得できるまでじっくりと話し合うようにしましょう。

円満退社のコツとは?

では次に、円満退社のコツをいくつか紹介していきます。

できるだけ早く伝える

法律では、退社をする場合は2週間前に申告すれば良いと定められています。

ただ、2週間だと引継ぎも間に合いませんし、手続きも間に合わなくなってしまう可能性が高いです。

円満退社を目指すのであれば、退社の2か月前、遅くとも1か月前には伝えておくのがおすすめです。

そうすることによって、会社も人材の準備ができますし、しっかりと引継ぎも行えるようになりますので、みんなに応援されながら退社できる可能性が高まります。

会社の悪口は言わない

会社を退社する理由は人それぞれです。

中には、会社への不満を持っていて、退社すると同時にすべて吐き出したいと考える方もいるでしょう。

ただ、会社の悪口や文句を同僚や後輩、上司などに言ってしまうと、円満退社ができなくなる可能性が高まりますので、自分の中に留めておくようにしましょう。

引継ぎは確実に行う

円満退社をするためには、引継ぎを確実に行うことが大切です。

引継ぎが曖昧だったり、雑だったりすると、後任の担当者が混乱してしまい、会社に損害を与えるほどのミスをしてしまう可能性が高くなります。

そうなれば、会社も退社を応援してくれなくなってしまいますので、最後まで丁寧に引継ぎを行うようにしましょう。

円満退社が遠のくNG行動とは?

では次に、円満退社が遠のくNG行動をいくつか紹介していきます。

これから紹介する行動を取った場合、円満退社ができないだけなく、大きなトラブルに発展する可能性が高くなりますので注意が必要です。

無断退社

会社から引き止めにあったり、嫌がらせをされたりした場合、

「こんな会社今すぐに辞めてやる!」

といって、無断退社をしてしまう方がいます。

ただ、これをやると後々大きなトラブルに発展する可能性が高くなりますので、絶対にやらないようにしてください。

どうしても会社が退社を認めてくれないという場合は、専門機関に相談したり、退職代行サービスに依頼したりするのがおすすめです。

上司と揉める

退社前に上司と揉めてしまうと、自分の首を絞める可能性が高くなります。

場合によっては、上司が退社を認めてくれなかったり、退社の時期を遅らせてくれと言われたりすることもあるでしょう。

中には、

「この際だから言いたいことを全部言ってやる」

と考える方もいると思いますが、上司と揉めると退社の手続きがスムーズに進まなくなったり、引き止めや嫌がらせに発展することもありますので注意してください。

円満退社に向けた取り組みと同じくらい大切なこと

円満退社は、新しい会社で再スタートを切るうえでかなり大切なことです。

今紹介したように、円満退社をするためにはタイミングや伝え方など、様々な工夫をしていく必要があります。

そのため、中には円満退社することばかりを考えてしまう方もいるのですが、それだけでは気持ちよく再スタートが切れません。

気持ちよく再スタートを切るためには、円満退社に向けて努力すると同時に、転職先を慎重に選ぶことが大切です。

中には、

「円満退社はできそうだけど、転職先が見つからない」

と悩んでいる方もいると思います。

このような悩みを持っている方の中で、

「とにかくやりがいを重視したい」

そう考えている方は、介護職に挑戦してみるのがおすすめです。

特に訪問介護は、利用者宅に訪問し、一対一でサービスを提供しますので、大きなやりがいと充実感を得られます。

介護職や訪問介護に少しでも興味を持っている方は、こちらの記事もチェックしてみてください。

介護士の仕事って大変?
介護士ならではのやりがいも紹介!

まとめ

円満退社をすることによって、気持ちよく送り出してもらえるようにもなりますし、転職先で新たなスタートを切るための心と体の準備ができるようになります。

ただ、円満退社は意外と難しく、伝え方やタイミングを間違えると大きなトラブルに発展してしまいます。

場合によっては、強い引き止めにあったり、嫌がらせをされたりする可能性もありますので注意してください。

スムーズに今の会社を退社し、新たなスタートを切りたいと考えている方は、この記事で紹介したことを参考にしながら、慎重に準備を行っていきましょう。

退職してから転職先を探すのはアリ?
メリット、デメリットを解説!