岡山市の登録ヘルパー求人情報分析まとめ「ゆるワーク」 » 未経験者も安心 訪問介護お仕事内容ガイド » 転職で年収が下がることってあるの?年収に対する正しい考え方を紹介!

転職で年収が下がることってあるの?年収に対する正しい考え方を紹介!

転職をしたいと考えている方の中には、

「年収が下がることもあるって聞いたけど、本当かな?」

という疑問や不安を抱えている方もいるでしょう。

そこでこの記事では、転職で年収が下がることはあるのか、年収が下がった場合はどのように考えれば良いのかということについて、詳しく解説していきます。

転職で年収が下がることってあるの?

結論から言ってしまうと、転職で年収が下がることは決して珍しくありません。

転職をする業界や業種によっては、今より大幅に年収が下がることもありますので、慎重に検討していくことが大切です。

年収が下がる可能性も加味したうえで転職先を探していかないと、転職後に後悔する可能性が高くなりますので注意しましょう。

転職で年収が下がりそうな場合に考えるべきこと

では次に、転職で年収が下がりそうな場合に考えるべきことをいくつか紹介していきます。

自分がやりがいと給与どちらに重きを置いているか

転職で年収が下がりそうな場合は、自分が転職に求めていることを洗い出してみましょう。

転職の目的が、年収を上げること、高い給与を受け取ることなのであれば、年収が下がりそうな業界や職種への転職はおすすめできません。

逆に、給与ではなくやりがいや充実度を求めているのであれば、多少年収が下がったとしても、興味や関心のある会社に転職をした方が良いと言えます。

長期的に見た時にどちらの方が得か

転職で年収が下がりそうな場合は、長期的に見た時のメリットを考えてみましょう。

例えば、年収が高い会社に転職をしたとしても、それ以上の昇進が見込めなかったり、自分の成長に繋がらなかったりした場合は、長期的に見るとマイナスです。

逆に、年収が下がったとしても、大きなやりがいを得られて、将来の自分に役立つと判断した場合は、長期的に見てプラスになる可能性が高いと言えます。

年収の下げ幅を小さくすることはできないか

年収が下がると、これまで通りの生活が送れなくなるケースもあります。

このようなトラブルを最小限に留めるためにも、

「年収の下げ幅を小さくすることはできないか?」

ということを考えてみましょう。

例えば、自分が持っているスキルや知識、経験を武器に年収交渉をすることによって、年収の下げ幅を小さくできる可能性が高くなります。

給与交渉を行い、1万円でも2万円でも月収が変われば、年間10万円以上も多くもらえることになりますので、年収の下げ幅を小さくしたいと考えている方は、是非年収交渉をしてみてください。

やりがいと給与、
仕事選びはどちらを重視すべき?

年収が下がったとしても転職をすべき人の特徴

では次に、年収が下がったとしても転職をすべき人の特徴について、詳しく解説していきます。

人間関係の深刻な悩みを抱えている

人間関係の深刻な悩みを抱えている方は、多少年収が下がったとしても今すぐ転職をすべきと言えます。

人間関係の悩みというのは、給与は福利厚生の悩みよりも深刻で、心の病を発症するリスクも高くなります。

このような会社で我慢しながら働き続けるくらいなら、年収が若干低い会社で楽しく快適に働いた方が良いと言えるのです。

今の仕事に対して一切面白みを感じない

仕事に対して一切面白みを感じていない場合も、今すぐ転職をすべきと言えます。

仕事に面白みを感じないという状態が長期間続くと、仕事に対するモチベーションが著しく低下します。

仕事に対するモチベーションが下がると、会社に行くことすら嫌になってしまう可能性が高くなり、最終的には挫折に繋がるのです。

一度心が折れてしまうと、そこから元の状態に戻すまでにかなりの時間がかかります。

その前に転職をすることによって、仕事のモチベーションを維持しながら、楽しく働ける可能性が高くなるのです。

成長性を感じない

「給与は比較的高いが、成長性を感じない」

という場合も、転職をした方が良いです。

たとえ今よりも年収が下がったとしても、成長性のある会社で働けば、リストラや倒産のリスクを軽減できます。

目先の利益だけを追い求めてしまうと、リストラや倒産によって路頭に迷ってしまう可能性が高くなりますので、早めに決断することをおすすめします。

生活が全て「仕事」で埋め尽くされている

給与が高い会社は、その分従業員に求める仕事のレベルが高いです。

この記事を見ている方の中には、

「給与は高いけど、ほぼ毎日仕事をしている」

という方もいるでしょう。

これではワークライフバランスが実現できず、人生の充実度を高めることができません。

年収が多少低くても、しっかりと休める会社に転職をすることによって、仕事とプライベートのバランスを取れるようになり、毎日を楽しく過ごせるようになるのです。

年収よりもやりがいを重視したい人におすすめの仕事とは?

年収よりもやりがいを重視したいと考えている方には、介護職がおすすめです。

介護職は、自分一人では生活ができない高齢者をサポートする仕事ですので、大きなやりがいや充実感を得られます。

介護職にも様々な種類がありますが、やりがいを最重要視している方や、困っている方は近くでサポートしたいと考えている方には、訪問介護がおすすめです。

訪問介護は、事業所で複数の利用者をサポートするのではなく、利用者宅に出向いて一対一でサービスを提供します。

サービス内容も利用者によって大きく異なりますので、仕事に刺激を求めている方にも最適です。

ワークライフバランスが実現できる!
介護士の働き方をご紹介します

まとめ

転職で年収が下がるのは決して珍しいことではありません。

年収が下がると聞いて、ネガティブなイメージを持つ方はたくさんいると思いますが、一概にそうとは言い切れないのです。

年収が下がったとしても、それまでの悩みを解消し、楽しく快適に働けるのであれば、転職をした方が良いと言えます。

目先の給与に目がくらみ、自分が本当に求めていることから目を背けてしまうと後悔する可能性が高くなりますので、自分が悩んでいること、求めていることをはっきりさせたうえで年収が低い会社に転職をするかどうかを判断していきましょう。

仕事もプライベートも充実!
「アミューズ富永」の訪問介護の仕事