岡山市の登録ヘルパー求人情報分析まとめ「ゆるワーク」 » 未経験者も安心 訪問介護お仕事内容ガイド » 仕事を押し付けられる人の特徴は?今の状態を抜け出すコツも紹介!

仕事を押し付けられる人の特徴は?今の状態を抜け出すコツも紹介!

「なぜか自分だけ仕事を押し付けられる・・・」

と悩んでいる方はたくさんいるでしょう。

このような状態が続くと、自分自身も疲弊してしまいますし、仕事仲間から、

「あいつは何でも引き受けてくれる」

というレッテルを貼られる可能性が高くなります。

このような状態になると、快適に働くことができなくなりますので、早急に対処していかなければなりません。

そこでこの記事では、仕事を押し付けられやすい方の特徴と、仕事を押し付けられるという状態から抜け出すためのコツについて詳しく解説していきます。

仕事を押し付けられる人の特徴

まずは、仕事を押し付けられやすい方の特徴について詳しく見ていきましょう。

断れない

断れない性格の方は、仕事を押し付けられやすいです。

何でもかんでも「はい」と言ってしまっていると、冒頭でも解説したように、

「何でも引き受けてくれる」

というレッテルを貼られてしまう可能性が高くなるのです。

人から頼まれたら断れないという方は、総じて優しい性格の持ち主なのですが、この優しさが仇となってしまうこともありますので注意しましょう。

責任感が強い

責任感が強い方も、仕事をしつけられやすいです。

「人から頼まれたんだから、断るのは申し訳ない」

「せっかく自分に頼んでくれたんだから、受けないわけにはいかない」

このような考えを持っていると、自分で自分の首を絞めることになりますので注意しましょう。

責任感が強いというのは、社会人として素晴らしいスキルなのですが、何事にも限度がありますので、自分の仕事量を見ながら引き受けるか、断るのかの判断をしていくことをおすすめします。

仕事ができる

仕事ができるというレッテルを貼られている方も、周囲から仕事を押し付けられやすいです。

なぜなら、

「あの人に頼めば間違いない」

と思われる可能性が高くなるからです。

これは決して悪いことではなく、むしろ良いことなのですが、自分だけ業務量が極端に多いというのは不公平ですよね。

中には、仕事ができて、責任感が強く、断れない性格の方もいるのですが、このような方は仕事仲間から利用されてしまう可能性が高くなりますので注意しましょう。

舐められている

どのような職場にも、

  • 仕事を頼みやすい人
  • 仕事頼みにくい人

がいますよね。

普段の立ち振る舞いや性格から、周囲に舐められてしまっている場合、前者として認識される可能性が高く、仕事を押し付けられやすくなります。

場合によっては、

「あの人に仕事を任せれば自分は楽できるな」

と計算して自分に仕事を押し付けてくる方もいるのです。

自己肯定感が低い

自己肯定感が低い方の中には、自分軸ではなく、他人軸で生きている方もいます。

このような方は、人から仕事を押し付けられることに対して喜びを感じてしまう傾向にあります。

なぜなら、

  • 仕事押し付けられる=頼られている

と勘違いしてしまいやすいからです。

もちろん、心から自分を信頼して仕事をお願いしてくる方もいるのですが、全員がそうとは限りませんので注意しましょう。

仕事を押し付けられすぎるとどうなる?

では次に、仕事を押し付けられすぎるとどうなってしまうのか、ということについて詳しく解説していきます。

会社で不利な立ち位置になってしまう

仕事を押し付けられるのが当たり前になっていると、会社で不利な立ち位置になります。

そうなると、仲間が何かにつけて自分に仕事を押し付けてくるようになり、自分の心と体がボロボロになってしまうのです。

会社で不利な立ち位置になってしまうと、仕事を押し付けられるだけでなく、使い走りのような扱いを受けたり、いじめの対象になったりすることもありますので注意しましょう。

生産性が下がる

仕事を押し付けられすぎると、生産性が落ちます。

なぜなら、自分の体は1つしかないからです。

限られた時間の中で、本来の業務量の何倍もの仕事をこなさなければならなくなるケースもあり、こうなってしまうと凡ミスが起こりやすく、生産性や仕事の質が低下してしまうのです。

生産性が下がるということは、上司や会社からの評価が下がるということですので、ボーナスの減額や減給に繋がってしまう可能性も高くなります。

モチベーションが下がる

仕事を押し付けられすぎると、自分の時間がほぼ取れなくなります。

「自分のやるべき仕事は終わっているのに、頼まれた仕事が終わっていない」

このような理由で自分の時間が削られるのは納得できませんよね。

自分の時間が無くなると、当然仕事に対するモチベーションが下がり、最終的には会社に行きたくなくなってしまうのです。

場合によっては、メンタルが回復せず、転職を余儀なくされることもありますので注意しましょう。

仕事はモチベーションが命!
モチベーションを高めるには?

仕事を押し付けられた場合の対処法は?

では最後に、仕事を押し付けられた場合の対処法について詳しく見ていきましょう。

丁寧に断る

明らかに自分が行うべきではない仕事を押し付けられた場合は、丁寧に断りましょう。

断り方としておすすめなのは、

「自分の仕事が手一杯で・・・」

と言うことです。

そうすることによって、

「引き受けたいのですが・・・」

という雰囲気を出せるようになりますので、相手を不快にさせずに済みます。

断り方を間違えると、そこから人間関係のトラブルに発展してしまうこともありますので、言葉選びを慎重に行うことをおすすめします。

曖昧な返事をしない

断れない性格の方は、断ることに対して罪悪感を持ってしまう傾向にあり、仕事を押し付けられた時でもきっぱり断れないことが多いです。

ただ、曖昧な返事をすると、自分と相手との間に認識の相違が生まれてしまい、後々大きなトラブルに発展する可能性が高くなりますので注意してください。

余計なトラブルを避け、周囲から「何でも引き受けてくれる人」というレッテルを張られないためにも、無理なものは無理とはっきり伝えるようにしましょう。

全て引き受けるのではなく「手伝う」意識を持つ

仕事を押し付けられそうになった場合は、全てを引き受けるのではなく、一緒に進めるという意識を持つことが大切です。

そうすることによって、相手にも不快感を与えずに済みますし、

「何でもかんでも引き受けてくれる人」

というレッテルを貼られることも防げるようになります。

転職をする

仕事を押し付けられるのが当たり前になっている場合、既に社内で「何でも引き受けてくれる人」というレッテルを貼られている可能性が高いです。

そのような場合、今から自分の立ち位置を変えるというのはかなり難しく、時間もかかります。

今の状況をできるだけ早く改善したいと考えている場合は、思い切って転職をするのがおすすめです。

とはいえ、安易に転職先を決めると、また同じことの繰り返しになる可能性が高くなります。

「仕事を押し付けられるのはもううんざりだ」

と考えている方は、仕事を押し付けられる可能性が低い「介護職」への転職がおすすめです。

特におすすめなのは、訪問介護です。

訪問介護では、高齢者宅に出向いて一対一でサービスを提供しますので、他のスタッフから仕事押し付けられるリスクを下げながら仕事を行えるようになります。

また、大きなやりがいと充実感を得られる仕事でもありますので、少しでも興味がある方は是非挑戦してみてください。

まとめ

仕事を押し付けられる方には、いくつかの共通点があります。

今回紹介した共通点に当てはまっている方は、社内での立ち位置が低くなっていたり、決して嬉しくないレッテルを貼られていたりする可能性が高いです。

このような状態を放置していると、どんどん働きにくくなりますので、

「仕事を押し付けられる状況を何とかしたい」

と考えている方は、今回紹介したことを参考にしながら、今日から会社での立ち振る舞いや仕事を押し付けられたときの対応を変えていきましょう。

こちらの記事も読まれています!
『働きやすい職場にはどんな特徴がある?』