岡山市の登録ヘルパー求人情報分析まとめ「ゆるワーク」 » 未経験者も安心 訪問介護お仕事内容ガイド » 仕事が忙しすぎる・・・忙しい原因と対処法を徹底解説!

仕事が忙しすぎる・・・忙しい原因と対処法を徹底解説!

仕事が忙しすぎると、日常生活における比重が「仕事」に傾いてしまいますので、ワークライフバランスが崩れます。

この状態を放置していると、

「なんのために働いているんだろう」

と自暴自棄になってしまう可能性が高くなるのです。

そこでこの記事では、仕事が忙しすぎる原因と、正しい対処法について詳しく解説していきます。

仕事が忙しすぎると感じる原因は?

では早速、仕事が忙しすぎると感じる原因について詳しく見ていきましょう。

シンプルに仕事量が多すぎる

仕事が忙しすぎるのは、仕事量が多すぎるからかもしれません。

近年では、企業の慢性的な人手不足が続いていて、本来は2人でやる業務を1人に任せざるを得ない企業もたくさん出てきています。

このような企業で働いている場合、自分の業務量が極端に多くなってしまい、

「いつになっても終わらない・・・」

「忙しすぎる・・・」

という状態に陥る可能性が高くなるのです。

仕事の効率が悪い

「仕事が忙しすぎる原因は会社にある」

と考えている方はたくさんいると思いますが、一概にそう断言することはできません。

例えば、仕事の効率が悪く、作業に無駄が多い場合は、仕事量が少なくても忙しく感じてしまいます。

自分と同じくらいの量の仕事を任されている仲間が、自分より早く仕事終わらせていたり、忙しそうにしていなかったりという場合、自分の仕事効率の悪さが原因で忙しすぎると感じてしまっている可能性が高いです。

仕事を断れない

仕事を効率的に進めていくためには、断るスキルを身につけることが大切です。

上手に断るスキルを身につけておけば、過度に仕事を抱えることがなくなりますので、計画通りに仕事を完了させやすくなります。

断るスキルが身についていない場合、お願いされた仕事を片っ端から引き受けることになり、いつまで経っても仕事が終わらなくなってしまうのです。

仕事が忙しすぎると悩んでいる方の中で、

「お願いされた仕事を断ったことがない」

「本当は断りたいけど、気が付いたら引き受けている」

と悩んでいる方がいるのであれば、こちらの記事を参考にしながら断るスキルを身につけていきましょう。

仕事を断れないと自分の首を絞める?!
上手に仕事を断るコツは?

完璧主義

完璧主義の方も、仕事が忙しすぎると感じやすいです。

なぜなら、1つ1つの仕事に完璧を求めてしまい、予想以上に時間がかかってしまうからです。

完璧主義はとても素晴らしいことなのですが、この性格が仇となってしまうケースもありますので、

  • 完璧に仕上げるべき仕事
  • そこまでこだわらなくても良い仕事

をしっかりと見極めて、臨機応変に対応していきましょう。

こんな人は要注意!仕事の忙しさに飲まれてしまっている人の特徴

会社員として働いている方の中には、感覚がマヒしてしまっている方もいます。

感覚がマヒしている方は、仕事が忙しすぎるにもかかわらず、それに気づくことができません。

以下、仕事の忙しさに飲まれてしまっている方の特徴について詳しく解説していきます。

睡眠時間が足りていない

夜更かしなど、自分の管理不足で寝不足になっている場合は別ですが、

「夜遅くに帰ってきて、次の日の始発で出社する」

というような生活が当たり前になっている場合、仕事の忙しさに飲まれてしまっている可能性が高いと言えますので注意してください。

何のために働いているかわからない

仕事が忙しすぎると、プライベートに充てる時間がほとんどなくなります。

朝早く出社して、夜遅くに帰ってくる。

この繰り返しになりますので、

「なんのために働いているかわからない」

という状態に陥りやすくなるのです。

現段階で少しでもこのような気持ちを抱いているのであれば、仕事の忙しさに飲まれてしまっている可能性が高いと言えますので注意しましょう。

休みの日を楽しめない

仕事が忙しすぎると、体力的にも精神的にも疲弊しますので、休みの日を心から楽しめなくなります。

この記事を見ている方の中にも、

「休みの日は1日中寝ている」

「疲れていて出かける気になれない」

という状態に陥っている方がいると思います。

このような方は、ほぼ間違いなく仕事の忙しさに飲み込まれていると言えますので、状況を改善するための方法を探した方が良いです。

仕事が忙しすぎる状態を放置しているとどうなる?

では次に、仕事が忙しすぎるという状態を放置するとどうなってしまうのか、ということについて詳しく見ていきましょう。

常にイライラする

仕事が忙しすぎるという状態を放置していると、気持ちに余裕がなくなりますので、常にイライラしてしまいます。

そうなると、人間関係のトラブルを引き起こしやすくなりますので注意が必要です。

パフォーマンスが低下する

仕事が忙しすぎるという状態を放置すると、仕事に対するモチベーションが低下します。

モチベーションが低下すると、パフォーマンスを一定に保てなくなるため、ミスをしたり、仕事の効率が悪くなったりしてしまうのです。

仕事が忙しすぎる時の対処法は?

では次に、仕事が忙しすぎる時の正しい対処法について詳しく見ていきましょう。

仕事の進め方を見直す

仕事が忙しすぎる場合は、仕事の進め方を見直すことが大切です。

「無駄な工程はないか?」

「もっと効率化するためにはどうすればいいのか?」

ということを考え、実行することによって、今よりもスムーズに仕事を完了させられるようになります。

上司に相談する

仕事量が多すぎることにより、忙しくなってしまっている場合は上司に相談してみましょう。

上司に相談することによって、1人当たりの業務量を調整してくれる可能性が高くなります。

ただし、自分だけが上司に相談したとしても聞き入れてもらえないことがありますので、仕事量に不満を抱えている同僚や部下と一緒に相談することをおすすめします。

断る勇気を持つ

仕事が忙しすぎるという問題を解消するためには、断る勇気を持つことが大切です。

人から頼まれたら断れないという方もたくさんいると思いますが、これでは自分の負担が大きくなりすぎてしまい、最終的にはパンクしてしまいます。

全ての仕事を断るのも考え物ですが、抱えている仕事量が多い場合はその旨をしっかりと伝え、丁寧に断るようにしましょう。

転職をする

今紹介した方法を全て試したにもかかわらず、状況が改善しない場合は、転職を検討しましょう。

何をやっても仕事の忙しさから解放されない場合、この先も同じ悩みを抱え続ける可能性が高いです。

1人当たりに適切な業務量を与えてくれる会社や、自分の適性とマッチしている仕事に転職をすることによって、スムーズ且つ楽しく仕事を行えるようになりますので、結果としてワークライフバランスの実現に繋げられるのです。

とはいえ、世の中にはたくさんの仕事があり、中には、

「どの業界に転職をすればいいかわからない」

「自分に合った仕事が見つからない」

と悩んでいる方もいるでしょう。

そのような方は、介護職への転職を強くおすすめします。

介護職は、高齢者の生活を間近でサポートできる仕事であり、大きなやりがいと達成感を得られます。

介護職については、こちらの記事でも詳しく解説していますので、興味がある方は是非チェックしてみてください。

今の時代に転職は当たり前?
転職をするメリット、デメリットって何?

まとめ

仕事が忙しすぎると、プライベートを充実させることができなくなるため、何のために働いているのかわからなくなってしまいます。

この悩みを解決するためには、ひとまず仕事が忙しくなりすぎている原因を探り、正しく対処していく必要があります。

「何が原因で、どんな対処法を試せばいいのかわからない」

という方は、今回紹介したことを参考にしながら、原因と対処法を探ってみてください。

何をやっても仕事の忙しさから抜け出せない場合は、会社に問題があるか、その仕事が自分に合っていない可能性がありますので、転職を検討してみましょう。

こちらの記事も読まれています!
『ワークライフバランスとは一体何?』