岡山市の登録ヘルパー求人情報分析まとめ「ゆるワーク」 » 未経験者も安心 訪問介護お仕事内容ガイド » 退職を切り出せない・・・勇気を出して退職の意志を伝えるには?

退職を切り出せない・・・勇気を出して退職の意志を伝えるには?

「退職をしたいと思っているのに、中々切り出せない・・・」

このような悩みを抱えている方はたくさんいるでしょう。

ただ、退職を切り出せないからという理由でずるずる働き続けてしまうと、自分の大切な時間を失うことになります。

転職は年齢とともに難易度が高くなりますので、できるだけ早く行動することが大切です。

そこでこの記事では、退職を切り出せない理由として考えられることと、勇気を出して退職の意志を伝えるためのコツについて詳しく解説していきます。

退職を切り出せない人は意外とたくさんいる?理由は?

まずは、退職を切り出せない方が抱えている悩みについて詳しく見ていきましょう。

不安や恐怖

退職を切り出せないと悩んでいる方の中には、

「退職したい」

と伝えることに不安や恐怖を持っている方もいます。

例えば、

「断られたらどうしよう」

「怒られたらどうしよう」

などです。

このような不安や恐怖というのは、時間が経つほど強さを増していきます。

退職の意志をいつまでも伝えられずにいると、不安や恐怖心が強くなりすぎてしまい、切り出すタイミングや勇気を完全に失ってしまう可能性が高くなりますので注意が必要です。

責任感

自分にしかできないことがある場合や、人手不足の会社で働いている方の中には、仕事や会社に対する責任感で退職を切り出せずにいる方もいます。

よくあるのが、

「自分がいなくなったらこの会社はどうなるんだろう」

「ここまでお世話になったのに、いきなりやめるなんて言えない」

などです。

責任感が強いのは大変素晴らしいことですが、最優先すべきなのは会社の未来ではなく自分の未来です。

自分のやりたいことや本心を押し殺して会社に残ってしまうと、転職が難しい年齢になってから後悔する可能性が高くなります。

家族のことを考えてしまう

転職をすると口で言うのは簡単ですが、いざ実行するとなると躊躇してしまう方が多いです。

特に、家族を持っている方は、

「転職先が決まらなかったらどうしよう」

「家族に迷惑や心配をかけたくない」

と考えるケースが多く、中々行動に移せないこともあります。

もちろん、家族がいる場合は自分の意志だけでなく、家族の意志や考えを尊重することも大切です。

ただ、家族のことを考えて転職を諦めて、働くモチベーションが低下したり、うつ病になってしまっては元も子もありません。

転職に対してネガティブなイメージを持っている方も多いと思いますが、転職をすることによってモチベーションが上がったり、待遇が改善されたりすることもありますので、一概に「転職=悪」と断言することはできないのです。

今の時代に転職は当たり前?
デメリットって一体何?

強い引き止めに合った経験がある

過去に転職をしたことがあり、その際に強い引き止めや嫌がらせを受けたことがある場合、転職が怖くなってしまいます。

「また引き止めに合うのではないか」

「嫌がらせをされるのはもうこりごりだ」

そう考えている方もたくさんいるでしょう。

確かに、会社や上司によっては退職の意志を伝えているにもかかわらず強く引き止めたり、嫌がらせをしてきたりする所もあります。

ただ、このようなトラブルを恐れていると、いつまで経っても退職ができなくなります。

近年では、退職代行というサービスが人気を集めていて、このサービスを活用することによって、

  • 引き止め
  • 嫌がらせ

などのリスクを排除したうえでスムーズに退職ができるようになりますので、興味がある方は是非活用してみてください。

退職代行とは一体何?
利用するメリットやデメリットって?

タイミングを見失っている

転職をする際は、タイミングの見極めが大切です。

タイミングを正しく見極めることができないと、その間に昇進してしまったり、新しいプロジェクトを任されたりして、余計に退職できない状態に追い込まれてしまう可能性が高くなります。

退職や転職には、徹底的な準備も大切ですが、勢いも大切になってきますので、退職の意志が固まっているのであればできるだけ早く行動を起こしましょう。

転職=悪と考えている

先ほども少し解説したように、中には、

  • 転職=悪

と考えてしまっている方もいます。

一昔前は、良い大学を卒業し、大きな会社に就職して定年まで勤めるというのが人生の模範スタイルとなっていましたが、現在においてはこの常識が通用しなくなっているのです。

働き方や働き方に対する考え方が変わった昨今においては、転職をするのが当たり前であり、ほとんどの方が1度や2度の転職経験を持っています。

転職によって仕事のモチベーションを高めたり、待遇の改善に繋げられたりするケースもありますので、一概に「転職=悪」とは言えません。

退職を切り出せないとどうなる?

では次に、退職を切り出せないままずるずると時間が過ぎてしまうとどうなるのか、ということについて詳しく見ていきましょう。

時間を無駄にする

退職を切り出せず、ずるずると今の職場で働いていると、人生の貴重な時間を無駄にすることになります。

転職には適齢期というのがあり、年齢を重ねれば重ねるほど難易度が高くなります。

実際に、退職を切り出せずにずるずる今の職場で働き、転職が難しい年齢になってから後悔する方もいますので、できるだけ早めに行動を起こすようにしましょう。

心の病を発症する可能性が高くなる

「退職をしたい」

という考えを持ちながら働いていると、モチベーションが徐々に低下していきます。

場合によっては、モチベーションの低下が原因でうつ病を発症してしまうケースもあるのです。

うつ病というのは、一度発症してしまうと元の状態に戻すまでにかなりの時間がかかってしまいますので注意してください。

退職を切り出す時の注意点

では次に、退職を切り出す時の注意点について詳しく見ていきましょう。

できるだけ早めに伝える

退職を切り出す時は、できるだけ早めに伝えることが大切です。

民法上では「2週間前までに伝えれば良い」となっていますが、ギリギリで伝えると会社と揉めてしまう可能性が高くなります。

スムーズに退職をするためには、遅くても1か月前、できれば2か月前に伝えるのがおすすめです。

そうすることによって、会社側も新しい人材を用意できますし、丁寧に引継ぎを行えるようになりますので、円満退社に繋げやすくなります。

不平不満は言わない

退職をするときは、会社の不平不満を言わないようにしましょう。

「もう退職するからいいや」

という気持ちで言いたいことを言ってしまうと、会社とトラブルになり、退職が難航する可能性が高くなりますので注意が必要です。

退職をスムーズに切り出すためのコツは?

では次に、退職をスムーズに切り出すコツについて詳しく解説していきます。

上司と1対1の状況を作り出す

退職をスムーズに切り出すためには、上司と1対1の状況を作り出すことが大切です。

複数人がいる場所で退職を切り出してしまうと、真面目に対応してもらえなかったり、文句を言われたりする可能性が高くなります。

1対1の状況を作り出すことによって、自分の気持ちも伝えやすくなりますし、上司も素直に話を聞いてくれる可能性が高くなるのです。

メールで伝えて時間を作ってもらうのもあり

退職を切り出せずに悩んでいる方、あるいは1対1の状況を作れずに悩んでいる方は、

「お話がありますのでお時間を作っていただけないでしょうか?」

と上司にメールしてみましょう。

そうすることによって、2人きりの状況を作りやすくなりますし、上司もある程度心の準備をしておいてくれますので、スムーズに話を進めやすくなります。

退職理由をはっきりさせておく

退職を切り出す際は、退職理由をはっきりさせておくことが大切です。

基本的に、退職をする際は具体的な理由を伝える必要はなく、

「一身上の都合により」

と伝えるだけで問題ありません。

ただ、ほとんどの上司が退職理由を聞いてきますので、納得してもらえるような当たり障りのない理由を考えておくことが重要になります。

上司に納得してもらいやすい退職理由については、こちらの記事にまとめていますので、興味がある方は是非チェックしてみてください。

退職の理由って?
納得してもらえる退職理由5選!

イメトレをしておく

「退職を切り出すのが怖い」

と考えている方は、退職を切り出した後の流れを頭の中でイメージしておきましょう。

この時のポイントは、最悪の事態を想定してイメトレを行うことです。

例えば、

  • 引き止められた場合
  • 文句を言われた場合

などです。

このような状態をイメージしながら受け答えの練習をすることによって、恐怖や不安を解消しやすくなります。

退職の意志と覚悟を固める

退職すると決めたのであれば、その時点で迷いを全て捨てましょう。

会社にとって従業員は宝であり、基本的にはどの会社も1回は引き止めてきます。

この時に気持ちが揺らいでしまうと、上司や会社側に言いくるめられてしまう可能性が高くなりますので、

「絶対に退職をする」

という覚悟を決めたうえで切り出すことをおすすめします。

先に転職先を決める

退職をスムーズに切り出すためには、先に転職先を決めてしまうのがおすすめです。

そうすることによって、

「退職しなければならない」

という状態を作り出せるようになります。

まだ転職先が決まっていない方の中には、

「どのような仕事が向いているのかわからない」

「やってみたい仕事がない」

と悩んでいる方もいるでしょう。

そのような方は、是非介護職に挑戦してみてください。

介護職はやりがいや充実感を得られる仕事であり、需要の増加に伴って介護職員の待遇も向上しつつあります。

特に訪問介護は、利用者の自宅に出向いて一対一でサービスを提供するため、より大きなやりがいや充実感を得やすくなります。

介護職や訪問介護については、こちらの記事で詳しく解説していますので、興味がある方は是非チェックしてみてください。

訪問介護のやりがいを現役へルパーに聞きました

まとめ

退職を切り出せないと悩んでいる方はたくさんいますが、この状態が続くと自分の時間を無駄にすることになります。

また、転職の適齢期を逃してしまい、希望する会社に転職ができなくなる可能性も高くなりますので注意が必要です。

スムーズに新しいキャリアを構築していきたいと考えている方は、今回紹介したことを参考にしながら退職を切り出す準備をしていきましょう。

こちらの記事も読まれています!
『異業種転職のメリット・デメリットって?』