岡山市の登録ヘルパー求人情報分析まとめ「ゆるワーク」 » 未経験者も安心 訪問介護お仕事内容ガイド » 嫌な上司との正しい付き合い方は?絶対にやってはいけない言動、行動も紹介!

嫌な上司との正しい付き合い方は?絶対にやってはいけない言動、行動も紹介!

嫌な上司との付き合い方に悩んでいる方はたくさんいるでしょう。

極端に距離を取ると相手に勘繰られてしまうし、無理をして距離を縮めるのもストレスを感じてしまいますよね。

そこでこの記事では、嫌な上司との付き合い方や、上手な距離の取り方について詳しく解説していきます。

嫌な上司はどの職場にもいる

嫌な上司に悩んでいる方の中には、

「転職をすれば解決するのかな」

と考えている方もいると思いますが、どの職場に行っても必ず1人は自分と相性が合わない上司や仕事仲間が存在しています。

世の中にはたくさんの人がいますので、これは仕方がないことです。

ただ、皆さんが思っている以上に嫌な上司との付き合い方で悩んでいる方はたくさんいますので、

「自分だけ・・・」

とネガティブに考える必要はありません。

嫌な上司の特徴は?

では次に、嫌な上司の特徴について詳しく見ていきましょう。

自分の利益しか考えない

上司の中には、自分の利益しか考えない方もいます。

部下の勤務態度や業績というのは、全て上司の責任となり、勤務態度が悪かったり業績が落ちたりすると上司がさらにその上司から叱られることになります。

このようなことを極端に嫌う上司は、部下の成長などを一切考えることなく怒鳴ったり、きつくあたったりするのです。

いつも嫌味ばかり

何かにつけて嫌味を言ってくる上司も中には存在しています。

場合によっては、成果を上げたにもかかわらず嫌味を言われるケースもあるのです。

このような上司と一緒に仕事をしていると、

「失敗しても成功しても嫌味を言われる」

と無意識に警戒するようになりますので、モチベーションが下がってしまい、ベストパフォーマンスを発揮できなくなります。

叱る理由、叱り方が理不尽

上司には部下を育てる義務があります。

部下を育てるためには、褒めてばかりいるのではなく、時には叱ることも大切です。

ただ、中には理不尽な理由で叱ってきたり、人前で怒鳴ったりする上司も存在しています。

このような上司がいる場合、気持ちが委縮してしまい、業務の効率や生産性の低下に繋がります。

部下の話を聞かない

意外と多いのが、部下の話を聞かない上司です。

自分の話したいことだけを伝えて後は無視をしたり、部下からの意見や苦情を一切聞き入れなかったりする上司もいます。

言うまでもありませんが、このような上司がいる限り、快適且つ楽しく仕事をすることはできません。

嫌な上司との正しい付き合い方は?

嫌な上司がいると仕事のモチベーションが下がってしまいますが、上司であることには変わりありませんので上手に付き合っていく必要があります。

以下、嫌な上司との適切な付き合い方、接し方について詳しく解説していきます。

割り切る

友人や知人に相性が悪い相手がいる場合、自分が自然にフェードアウトしていけば問題は解決します。

ただ、職場の上司ともなるとそういうわけにはいきません。

嫌でも毎日顔を合わせなければなりませんし、嫌でもコミュニケーションを取らなければなりません。

ストレスをできるだけ軽減しながら業務を進めるためには、

「嫌な上司とコミュニケーションを取るのも仕事だ」

と割り切ることが大切です。

そうすることによって、自分の気持ちも軽くなりますし、何か嫌なことを言われたとしても受け流せるようになります。

上司の良い所を見つける

嫌な上司に対するストレスを軽減したいと考えている場合、上司の悪い所ではなく良いところを見つけることが大切です。

上司に限らず、苦手な相手と接する場合、どうしても嫌な部分だけしか見えなくなってしまいますが、嫌な部分を見つけようとするとどんどん相手のことが嫌いになります。

相手の良い所を見つける工夫をすれば、

「この人は普段嫌な感じだけど、こんな素敵な一面もあるんだな」

と相手のイメージや雰囲気を変化させられるようになりますので、苦手意識を軽減させやすくなるのです。

上手に距離を取る

嫌な上司に存在に耐えられない場合は、上手に距離を取ることが大切です。

たとえば、

  • できるだけ触れ合う機会を減らす
  • 上司と物理的な距離を取る

などです。

ただ、自分が距離を取っていることが相手にバレた場合、更に自分に対する当たりがきつくなってしまうケースもありますので注意しましょう。

あえて頼る

嫌な上司がいる場合、避けたり、裏で陰口を言ったりするのではなく、あえて頼るというのもおすすめです。

人に頼られて嫌な気持ちになる人は恐らく1人もいません。

上司も人間ですから、頼ってきた相手に対しては優しく接したいと感じます。

この人間心理をうまく利用することによって、相手に対する苦手意識も解消できるようになりますし、自分に対する上司の対応が変わるケースもあるのです。

嫌な上司に絶対にやってはいけない言動&行動

では次に、嫌な上司に対して絶対にやってはいけない言動や行動について詳しく解説していきます。

キレる

嫌な上司から文句を言われたり、理不尽に叱られたりすると、言い返したくなりますよね。

その気持ちはよくわかるのですが、絶対にキレてはいけません。

上司にも立場がありますし、プライドや自尊心がありますので、これを傷つけてしまうと余計に自分への当たりがきつくなってしまう可能性が高くなるのです。

また、一度キレてしまうとその後の関係修復も大変になりますし、気まずい思いをすることになりますので、自分にとってもデメリットが大きいと言えます。

不機嫌になる

嫌な上司と会話をしている最中、あるいは会話が終わったタイミングで不機嫌になるのもNGです。

中には、パフォーマンスとして不機嫌なオーラを出している方もいると思いますが、これをやると上司の怒りのボルテージがさらに高くなります。

また、周りの仕事仲間にも悪影響を与えてしまいますので、常に平常心で接するようにしましょう。

文句を言う

嫌な上司の理不尽な対応や発言に文句を言いたくなる気持ちはよくわかりますが、これもやめた方が良いです。

中には、

「文句くらい良いのでは?」

と考える方もいると思いますが、嫌な上司に文句を言うと、その後の対応がかなり面倒くさくなります。

また、部下が文句を言ったところで上司の心には一切響いていないケースが多いため、言うだけ無駄になってしまうのです。

媚びを売る

中には嫌な上司に媚びを売って気に入ってもらおうとする方もいるのですが、これもやめましょう。

なぜなら、自分自身が疲弊するからです。

社会で生き抜くためには、多少の世渡りスキルも大切ですが、媚びを売るのとはまた話が違います。

嫌な上司に媚びを売ると、その上司がさらに天狗になってしまい、嫌な性格に拍車がかかってしまうケースもありますので注意しましょう。

どうしても嫌な上司がいる場合は?

冒頭でも解説したように、基本的にはどの会社にも自分と相性の合わない上司あるいは仕事仲間が1人や2人はいるものです。

そのため、安易に転職を考えるのはおすすめできませんが、

「どうしても耐えられない」

「この人と一緒にいると心がダメになる」

という場合は、すぐにでも転職をした方が良いです。

とはいえ、転職をしても嫌な上司に当たるリスクはあります。

このリスクを少しでも軽減したいと考えている方には、訪問介護業界への転職がおすすめです。

訪問介護は、高齢者宅に出向いて一対一でサービスを行います。

業務中は基本的に一人ですので、嫌な上司や仕事仲間と接することはありません。

それでいて、大きなやりがいと達成感、充実感を得られるという素晴らしい仕事ですので、興味がある方は是非挑戦してみてください。

まとめ

嫌な上司がいる場合、ストレスも溜まりますし、仕事の生産性も低下してしまいます。

とはいえ、上司であることには変わりありませんので、毎日顔を合わせたり、コミュニケーションを取ったりしなければなりません。

少しでも自分のストレスを軽減するためには、嫌な上司とのかかわり方や向き合い方、考え方を変える必要があります。

今回紹介したコツを実践することによって、ストレスを軽減できたり、嫌な上司に対する憎悪が軽減したりする可能性が高くなりますので、ぜひ実践してみてください。

こちらの記事も読まれています!
『介護職への転職と介護職の将来性』