岡山市の登録ヘルパー求人情報分析まとめ「ゆるワーク」 » 未経験者も安心 訪問介護お仕事内容ガイド » 毎日が暇で困っている主婦は意外と多い?時間を有効活用する方法は?

毎日が暇で困っている主婦は意外と多い?時間を有効活用する方法は?

主婦には主婦にしかわからない大変さがありますが、ある程度家事や育児に慣れてくると、やるべきことを効率的にこなせるようになります。

そうすると暇な時間が作れるようになるのですが、あまりにも暇な時間が長くなると、

「暇すぎて辛い」

という状態になってしまうこともあるのです。

そこでこの記事では、暇な時間が多すぎて困っている主婦におすすめの時間有効活用術について詳しく解説していきます。

毎日が暇で困っている主婦は意外と多い?

冒頭でも解説したように、暇な時間が多すぎて困っている主婦は意外とたくさんいます。

これは、主婦力が向上している証ですので、決して悪いことではありません。

ただ、暇な時間が続くとモチベーションが低下し、何事にもやる気が出なくなってしまうことがあるのです。

一度このような状態になると、ネガティブな気持ちを回復させるのにかなりの時間がかかりますので、時間を有効活用する術を身につける必要があります。

「暇」という悩みを放置するとどうなる?

では次に、

「暇すぎる」

という状態を放置するとどうなってしまうのかということについて、詳しく解説していきます。

毎日が楽しく無くなる

暇な時間が続くと、毎日が楽しくなくなります。

「暇疲れ」

という言葉があるように、暇な時間が長くなりすぎても疲労困憊になってしまうのです。

自堕落な生活になる

暇な時間を有効活用する術を見つけることができないと、自堕落な生活になってしまいます。

家事や育児がひと段落した後は、

  • 昼寝をする
  • スマホをいじる
  • ぼーっとする

この繰り返しになってしまい、モチベーションの低下に繋がる可能性があります。

もちろん、毎日家事や育児をこなしていると体力を使いますので、たまには何もせずにぼーっとする時間も大切ですが、毎日このような生活を送っていると生活の質が落ちてしまいますので注意が必要です。

うつになる

暇な時間が続くと、うつになってしまうこともあります。

こう聞いて、

「暇ってそんなに危険な状態なの?」

と感じる方もいると思いますが、人間は目的やゴールがないと気持ちが沈んでしまいます。

一度うつになると、元の状態に戻すのにかなりの時間と労力がかかりますので、早い段階で時間を有効活用する術を見つけることが大切です。

暇が原因でうつになるって本当?理由は?

では次に、暇が原因でうつになる理由について詳しく見ていきましょう。

話す相手がいないから

主婦には、

  • 時間を自由に使える
  • 人間関係のストレスを抱えにくい

というようなメリットがあります。

家事や育児を効率的にこなしてしまえば、自分が自由に使える時間をしっかりと確保できるようになりますので、人生の充実度を高められるようになります。

また、仕事仲間やクライアントなどと接する機会もありませんので、変に気を遣ったり、ストレスを抱えたりすることもありません。

ただし、社会との繋がりがほとんどなくなってしまうため、

「話す相手がいない・・・」

「今日は誰とも話していないな・・・」

という状態に陥る可能性も高くなるのです。

人間というのは、他者との繋がりによって平常心を保っています。

誰とも会話をすることがなくなると、気持ちがどんどん落ち込んでいき、最終的にはうつ病になってしまうのです。

自己肯定感が下がるから

暇な時間を持て余していると、徐々に自分への自信を失っていきます。

その結果、

「自分はダメな人間だ」

「毎日何をやっているんだろう」

と考えるようになってしまうのです。

また、会社で働いている場合、成果を出せば褒められますし、仮に褒められなかったとしても給料日になれば自分の頑張りが「お金」になって手元に入ってきます。

主婦の場合、どれだけ家事を頑張っても、育児に精を出したとしても周囲から褒められることがほとんどありません。

このようなことから、自己肯定感が下がってしまいやすいのです。

自己肯定感が下がると、自分で自分を追い込んでしまうようになりますので、結果としてうつ病のリスクが高くなります。

周囲からの目が気になり始めるから

暇な時間を持て余していると、罪悪感から周囲の目が気になり始めます。

ママ友やご近所さんから、

「優雅な生活ね」

などと嫌味を言われた日には、恐らく1日中考え込んでしまうでしょう。

また、相手の何気ない一言をネガティブに捉えてしまい、余計に自分の首を絞めるというケースも良くあります。

このような状態が毎日続くと、次第に心が荒んでいき、最終的にはうつ病になってしまうのです。

主婦が暇な毎日を抜け出すコツは?

では次に、主婦が暇な毎日を抜け出すコツについて詳しく解説していきます。

趣味を作る

暇な時間を有意義な時間に変えるためには、趣味を作ることが大切です。

そうすることによって、暇な時間を趣味の時間にできるようになりますので、生産性のある有意義な時間を作れるようになります。

中には、

「趣味がない」

「趣味ってどうやって探せばいいの?」

という疑問を抱える方もいますが、難しく考える必要はありません。

自分が好きなことや興味があることであれば、基本的に何でも良いのです。

現段階で趣味が見つかっていない方は、自分の趣味を見つけるためにも、

  • 裁縫
  • 読書
  • 映画鑑賞
  • スポーツ

など、思い当たるものに片っ端から挑戦していきましょう。

運動を始める

運動を始めることで、暇な時間を有意義な時間に変えられるようになります。

中には、

「運動は苦手」

「ハードな運動をする自信がない」

と考えている方もいると思いますが、軽い筋トレやジョギングだけでも問題ありません。

少しでも体を動かすことによって、運動不足も解消できるようになりますし、日常生活で溜まったストレスも発散できるようになりますので、まさに一石二鳥と言えるのです。

資格の勉強をする

暇な時間を有意義な時間に変えたいと考えているのであれば、資格の勉強を始めてみましょう。

資格を取得することによって、目標を達成したという充実感に浸れるようになりますし、将来にも役立ちます。

今は主婦として生活をしているかもしれませんが、今後はどうなるかわかりません。

時間をある程度自由に使える時に資格を取得しておくことによって、いざ社会復帰をするとなった時に転職を有利に進められるようになるのです。

副業を始める

副業を始めてみるというのも1つの方法です。

副業を始めることによって、空いた時間を使ってお金を生み出せるようになります。

そうなれば、自分で使えるお金も増えますし、社会との繋がりも確保できるようになりますので、モチベーションの低下やうつ病などのリスクを軽減できるようになるのです。

近年では、自宅でできる副業などもかなり増えてきていますので、興味がある方は是非挑戦してみてください。

仕事を始める

小さな子どもがいない場合は、思い切って社会復帰してみるというのも1つの方法です。

会社に就職して、専業主婦ではなく兼業主婦として活動することによって、暇な時間がほとんどなくなりますので、充実感を得やすくなります。

とはいえ、専業主婦が社会復帰をして、育児や家事と仕事を両立するというのはそう簡単なことではありません。

これらを両立するためには、挑戦する仕事や働き方についてしっかりと考えることが大切です。

この記事を見ている方の中に、

「やりがいや充実感を得られ、尚且つ家事や育児と両立できる仕事がしたい」

と考えている方がいるのであれば、是非訪問介護に挑戦してみてください。

訪問介護は決して簡単な仕事ではありませんが、登録ヘルパーというこの業界独自の働き方があり、働く曜日や時間帯をある程度自由に決められますので、ワークライフバランスを実現しやすくなるのです。

訪問介護や登録ヘルパーに少しでも興味がある方は、こちらの記事もチェックしてみてください。

登録ヘルパーとして働くメリット、
デメリットって一体何?

まとめ

主婦力が向上してくると、家事や育児を効率的にこなせるようになり、暇な時間ができてしまうこともあります。

暇な時間は心と体を休めるのにとても大切ですが、暇な時間が長くなりすぎると逆に疲れてしまったり、精神状態に悪影響を及ぼしたりする可能性が高くなるのです。

このようなトラブルを防ぐためには、暇な時間を有意義な時間に変える術を身につける必要があります。

暇な時間が長すぎて困っている主婦の方は、今回紹介したことを参考にしながら、有意義な時間の過ごし方、作り方を身につけていきましょう。

専業主婦でも転職はできる?
仕事探しのコツと注意点を紹介!