岡山市の登録ヘルパー求人情報分析まとめ「ゆるワーク」 » 未経験者も安心 訪問介護お仕事内容ガイド » 部下が育たないのは上司のせい?仕事ができる部下に育てるコツは?

部下が育たないのは上司のせい?仕事ができる部下に育てるコツは?

部下を抱えると、仕事の悩みがまた1つ増えます。

「部下を育てなきゃ」

このような思いに駆られ、日々様々な努力をしている方はたくさんいるでしょう。

とはいえ、部下も人間ですので自分の思い通りには成長してくれません。

中には、

「何度言っても部下が同じミスをする」

「部下が育たない」

と悩んでいる方も多くいるはずです。

そこでこの記事では、仕事ができる部下にするためのコツについて詳しく解説していきます。

部下が育たないのは上司のせい?

部下の管理責任は上司にあります。

つまり、部下が育たない、成長しないというのは全て上司の責任になってしまうのです。

中には、

「出来の悪い部下を持つと大変だ」

と考えている方もいると思いますが、部下の出来が悪いのは上司の責任です。

部下に責任転嫁をしていると、いつまで経っても仕事ができる部下に育てられなくなりますので注意しましょう。

部下の育て方を間違えるとどうなる?

ネットや本などでは、理想の上司像が語られることも多いです。

ただ、この理想の上司像にぴったり当てはまる素晴らしい上司は比較的少ない傾向にあります。

中には、部下に対して間違った接し方、教育をしてしまっている方もいますが、部下の育て方を間違えると様々な弊害が生まれてしまうのです。

以下、部下の育て方を間違えた場合に起こるトラブルについて詳しく解説していきます。

仕事の生産性が落ちる

部下の育て方を間違えると、部署全体の生産性が落ちます。

例えば、

  • すぐ怒鳴る
  • 嫌味を言う
  • 力で押さえつけようとする

このような接し方をしてしまうと、部下が委縮してしまい、モチベーションやパフォーマンスの低下に繋がります。

その結果、部下が自分の力を最大限に発揮できなくなり、生産性が低下するのです。

職場の雰囲気が悪くなる

部下への接し方を間違えると、職場の雰囲気が悪くなります。

中には、部下を怒鳴りつけたり、いつも怒っていたりする上司もいますが、これをやると部下本人だけでなく、その場にいる全員の士気が下がります。

職場の雰囲気が悪くなるということは、全員のモチベーションやパフォーマンスも下がるということですので、指導方法や叱り方には注意が必要です。

上司の能力が低いと思われる

部下への接し方を間違えると、部下が育たなくなります。

部下が育たないと、部署全体の業績も上がっていきません。

その場合、部下ではなく、その部下を管理している上司の責任や能力が問われることになるのです。

場合によっては、上司としての素質がないとして降格になってしまうケースもありますので注意しましょう。

仕事ができる部下に育てるためのコツは?

では次に、仕事ができる部下に育てるためのコツについて詳しく解説していきます。

とにかく丁寧に指導する

部下を育てるためには、ひとまず丁寧に説明してあげる必要があります。

かの有名な山本五十六は、

「やってみせ、言って聞かせてさせてみて、褒めてやらねば人は動かじ」

と言っています。

古い考えを持っている方の中には、

「背中を見て覚えろ」

と部下に指導している方もいますが、これでは部下を効率的に育てることができませんので、最初はとにかく丁寧に指導するようにしましょう。

裁量を持たせる

部下がある程度成長してきたら、裁量を持たせることが大切です。

仕事の目標や目的を伝え、

「やり方は任せるよ」

「君の判断に任せる」

と伝えることによって、部下に責任感を芽生えさせることができます。

そうすれば、部下自信が考えて行動してくれるようになりますので、自然と能力の高いチームができあがっていくのです。

中には、1から10まで全て細かく指示を出す上司もいますが、これでは部下は育ちませんので注意してください。

チャンスを与える

部下が失敗してしまった時の対応で、上司の質がわかります。

質の低い上司は、部下の失敗に対してことごとく叱ります。

一方、できる上司は失敗した部下に対して、原因と対策を考えさせたうえでチャンスを与えるのです。

寛大な心を持ち、チャンスを与えることによって、部下の成長スピードも速くなりますし、部下からの信頼も獲得できるようになります。

コミュニケーションを意識する

部下を育成するためには、コミュニケーションを取ることが大切です。

そうすることによって、部下との絆を深められるようにもなりますし、部下が何に対して困っているのか、悩んでいるのかを把握できるようになりますので、指導方針も固めやすくなります。

部下とのコミュニケーションを一切取らないと、お互いの間に壁が生まれてしまい、意志疎通ができなくなることもありますので注意してください。

目的を共有する

仕事ができる部下に育てるためには、目的を共有することが大切になってきます。

例えば、プロジェクトが進行している場合は、仕事を割り振る前にそのプロジェクトの目的を部下全員に共有してみてください。

そうすることによって、全員で目的を共有できるようになりますので、生産性や効率の上昇に繋げられます。

「飴と鞭」を上手に使い分ける

中には、

  • 叱ってばかりの上司
  • 何も言わない上司

もいますが、これでは部下が育ちません。

仕事ができる部下に育てるためには、飴と鞭を上手に使い分けることが大切です。

メリハリを持って部下に接することにより、部下のモチベーションやパフォーマンスを低下させることなく、スムーズに成長させられるようになります。

勇気づける言葉をかける

上司の仕事は、部下が思い切り仕事ができる環境を作ることです。

中には、

「お前が失敗したら自分が怒られるんだからな」

「失敗は許されないぞ」

という上司もいますが、このような方は上司失格です。

部下から慕われる上司は、

「何かあったら自分が責任を取るから、自由にやってみなさい」

というように、勇気づける言葉を投げかけます。

そうすることによって、部下のモチベーションやパフォーマンスを最大限まで高められるようになり、良い結果として返ってくるのです。

期待していると言わない

「期待しているよ」

と部下に伝えたことがある方はどれくらいいるでしょうか。

この言葉は一見良い言葉のように見えますが、部下にとってはプレッシャー以外の何物でもありません。

場合によっては、部下のパフォーマンスを低下させることにも繋がりますので注意が必要です。

部下の育成に長けている上司は、あえて期待しているとは言いません。

その代わりに、

「信頼しているよ」

と伝えるのです。

そうすることによって、部下はプレッシャーを感じることなく伸び伸び仕事ができるようになりますので、結果として成長スピードも速くなるのです。

上司と部下の関係に疲れた場合の対処法は?

上司の接し方や指導方法によって、部下の成長スピードは大きく変わります。

間違った接し方をしていると、いつまで経っても自分の部下が育たなくなりますので注意が必要です。

今回紹介したコツを実践することによって、部下から信頼される”デキる上司”に近づけるようになりますが、中には、

「もう部下と上司の関係に疲れた」

「部下の育成は自分に向いていない」

と悩んでいる方もいるでしょう。

そのような方は、一般企業とは少し特徴が異なる「介護職」への転職がおすすめです。

中でも特におすすめなのが、訪問介護業界です。

訪問介護は、利用者宅に出向いて一対一でサービスを提供するため、人間関係の悩みを軽減できます。

また、生活に関するサポートを必要としている高齢者を間近で支えられるようになりますので、大きなやりがいも得られるようになるのです。

訪問介護については、こちらの記事でも詳しく解説していますので、興味がある方は是非チェックしてみてください。

訪問介護のやりがいを現役へルパーに聞きました!

まとめ

仕事ができる部下に育てられるかどうかは、上司の力量にかかっています。

上司の質が低ければ、いつまで経っても部下は育ちませんし、部下からの信頼も獲得できません。

今回紹介したコツを実践することによって、部下の成長スピードを早められると同時に、部下から信頼され、尊敬される上司になれる可能性が高くなりますので、部下の育成で悩んでいる方は是非試してみてください。