岡山市の登録ヘルパー求人情報分析まとめ「ゆるワーク」 » 未経験者も安心 訪問介護お仕事内容ガイド » 退職してから転職先を探すのはアリ?メリット、デメリットを解説!

退職してから転職先を探すのはアリ?メリット、デメリットを解説!

転職を検討している方の中には、

「転職先を見つけるのが先?」

「それとも退職が先?」

と悩んでいる方もいるでしょう。

転職が先か、退職が先かというのは、今後の生活を左右する非常に重要な選択ですので、慎重に検討していかなければなりません。

もしかしたら、

「今の仕事を辞めたいから、とりあえず退職してしまおうかな」

と考えている方もいると思いますが、この選択にはリスクが伴います。

この記事では、退職してから転職先を探すメリットとデメリット、それから退職後にスムーズに転職先を見つけるコツについて詳しく解説していきます。

転職先を決めてから退職するのが一般的

転職をする際は、転職先を決めてから退職するというのが一般的な流れです。

転職先を決めてから退職をすることによって、退職後すぐに別の会社で働けるようになりますので、収入を途絶えさせずに済みます。

転職には比較的長い時間がかかり、場合によっては半年から1年前後の期間が必要になることもありますので、今の会社で大きな問題を抱えてない場合は、

  • 転職先を決める→退職

この流れで進めていくことをおすすめします。

退職してから転職先を探すケースとは?

今紹介したように、転職は「転職先を決める→退職」の順番で行うのが一般的です。

ただ、例外となるケースもいくつか存在していきます。

以下、退職してから転職先を探す代表的なケースについて、詳しく見ていきましょう。

とにかく今すぐに会社を辞めたい

今の会社で何らかのトラブルを抱えていて、

「とにかく一刻も早く会社を辞めたい」

という場合は、転職先を見つける前に退職するのがおすすめです。

先ほども紹介しましたが、転職にはある程度時間がかかりますので、転職先が見つかるまでの間今の会社で働くとなると、数か月の間強いストレスにさらされることになります。

場合によっては、転職先が決まるまでの間で精神的な病を発症してしまうケースもありますので、早めに退職した方が良いと言えるのです。

しばらく休息が欲しい

「次の仕事が決まるまで、しばらく休息が欲しい」

と考えている方は、退職してから転職先を探すという選択を取ることをおすすめします。

そうすることによって、仕事というしがらみから一時的に開放されますので、溜まったストレスや疲れを癒し、気持ちをリセットした状態で次の会社を探せるようになるのです。

ただし、退職してから転職先を見つけるまでの間仕事をしないとなると、当然収入面での不安が出てきます。

最低限の貯金がないと、生活がままならなくなってしまうケースもありますので注意が必要です。

特に、家族を養っている方の場合、自分が仕事をしない期間が続くと大切な家族に不安を与えてしまう可能性も高くなりますので、事前にしっかりと話し合っておきましょう。

退職してから転職先を探すメリット、デメリット

では次に、退職してから転職先を探すメリットとデメリットについて詳しく見ていきましょう。

メリット

退職してから転職先を探すことによって、じっくりと転職に関する情報収集が行えるようになります。

転職は、情報戦と言っても過言ではない程リサーチが大切になってきます。

丁寧にリサーチをすることによって、自分に合った会社を見つけやすくなりますので、転職後の後悔を未然に防げるようになるのです。

また、退職してから転職先を探すことによって、精神的な負担を軽減できるケースもあります。

もちろん、収入面での不安やストレスは多少なりともあると思いますが、時間に追われることがなくなります。

仕事を続けながら転職活動を行う場合、自分の仕事をこなしたうえで企業の情報収集や自己分析、書類の準備などを行う必要が出てきますので、体力的にも精神的にも疲弊してしまうのです。

退職してから転職先を探すことによって、転職活動に集中できるようになりますので、心に余裕を持った状態で自分に合った会社を探せるようになります。

デメリット

退職してから転職先を探すデメリットは、一時的に収入がない状態になるということです。

失業保険を受給することで、最低限の収入を確保できるようになりますが、それでも会社で働いていたころに比べると収入が減ります。

また、失業保険を受給できる期間にも定めがありますので、できるだけ早く転職先を見つけなければなりません。

とはいえ、先ほども解説したように転職にはある程度長い時間がかかるケースもあり、自分が想定している期間内に次の会社が見つかる保証はどこにもありませんので注意してください。

退職してから転職先を探すコツ

では次に、退職してから転職先を探す時に意識すべきコツをいくつか紹介していきます。

面接対策をしっかりと行う

退職後、スムーズに転職先を見つけるためには、面接対策を徹底して行うことが大切です。

特に、ある程度勤続年数が長い方は、面接のやり方や雰囲気を忘れてしまっていることが多いです。

このような方がぶっつけ本番で面接に挑むと、自分の長所やスキルをしっかりとアピールできなくなる可能性が高まりますので注意しましょう。

時間をかけてリサーチをする

先ほども解説したように、転職は情報戦です。

正確な情報をより多く集めることができれば、自分に合った会社も見つけやすくなります。

退職してから転職先を探す場合、ある程度時間に余裕ができますので、その時間を使って徹底的に情報収集をしていきましょう。

期間を決めて行動する

転職を成功させるためには、あらかじめ期間を決めておくことが大切です。

例えば、

  • 2か月後までに転職先を決める
  • 3か月後には初出社できるようにする

など、具体的な期間の目標を決めておけば、それに沿って準備を進められるようになります。

あらかじめ期間を決めておかないと、いつまで経っても転職先が見つからなくなってしまいますので注意が必要です。

転職サービスを活用する

スムーズに転職先を見つけるためには、転職サービスを活用するのがおすすめです。

転職エージェントなどのサービスを活用することによって、自分に合った求人を提案してもらえるようにもなりますし、面接対策や書類添削なども行ってもらえるようになります。

また、会社との交渉や日程の調整も代行してもらえますので、転職活動を効率的に進められるようになるのです。

中には、自分一人で全てこなそうと考えてしまっている方もいるのですが、これでは自分の負担が大きくなりすぎてしまい、挫折する可能性が高くなりますので、

「何から始めればいいかわからない」

「できるだけ早く転職先を決めたい」

と考えている方は、是非転職サービスを活用してみてください。

やりたい仕事が見つからない場合は?

この記事を見ている方の中には、

「退職したはいいものの、やりたい仕事が見つからない」

と悩んでいる方もいるでしょう。

やりたい仕事や向いている仕事というのは、人によって異なるため一概に「この仕事がおすすめです」と断言することはできません。

ただ、やりがいや達成感、社会貢献を第一に考えている方には、介護職への転職を強くおすすめします。

特に訪問介護では、利用者宅に出向いて一対一でサービスを提供しますので、大きないやりがいや充実感を得られるようになります。

近年では、介護サービスの需要増加に伴い、国を挙げて給料改善や福利厚生の改善が行われていますので、将来性の高い仕事をしたいと考えている方は、是非介護業界への転職を検討してみてください。

まとめ

転職先を決めてから今の会社を退職するのが、転職における一般的な流れです。

とはいえ、中には退職をしてから転職先を探したいと考えている方もいるでしょう。

退職を先にすることによって、じっくりと情報収集が行えるようになりますし、心と体の休息期間を設けられるようになりますので、メリットが1つもないというわけではありません。

ただ、いくつかのデメリットやリスクも存在していますので、今回紹介した注意点を参考にしながら、転職先を決めるのが先か、退職が先かを慎重に考えていきましょう。

異業種転職を成功させるコツって?
詳しく解説していきます!