岡山市の登録ヘルパー求人情報分析まとめ「ゆるワーク」 » 未経験者も安心 訪問介護お仕事内容ガイド » 働きやすい職場にはどんな特徴がある?正しい選び方も紹介!

働きやすい職場にはどんな特徴がある?正しい選び方も紹介!

働きやすい職場に転職をしたいと考えている方はたくさんいるでしょう。

とはいえ、働きやすい職場かどうかは働いてみないことにはわかりません。

実際に、

「働きやすいと思って転職したはいいものの、思っているよりも辛かった」

と転職を後悔している方もたくさんいるのです。

そこでこの記事では、働きやすい職場の特徴や正しい選び方について詳しく解説していきます。

転職でよくある失敗とは?

まずは、転職でよくある失敗について詳しく見ていきましょう。

入ってみたらイメージと違った

冒頭でも解説したように、転職をした方の中には、

「入ってみたらイメージと違った」

と悩んでいる方がたくさんいます。

転職先の情報は、ホームページや求人サイトなどで確認できますが、実際の雰囲気などは入ってみないとわかりません。

限られた情報からその会社の特徴を正しく理解する必要があり、判断を間違えてしまうと転職後に後悔する可能性が高くなりますので注意しましょう。

給与はいいが福利厚生が充実していない

転職を検討している方の中には、

「できるだけ給与が高い会社に入りたい」

と考えている方もいるでしょう。

ただ、給与だけで転職先を決めるのはおすすめできません。

給与だけで決めてしまうと、

「給与はいいが福利厚生が充実していない」

「給与は高いが、仕事量が多すぎる」

という状態に陥ってしまうこともありますので注意してください。

仕事には文句がないが、人間関係に難あり

転職先企業のホームページや求人サイトで判断できないのが、その会社の人間関係です。

人間関係というのは、快適に仕事を行ううえでかなり重要な指標となり、人間関係が悪いと給与が高くても福利厚生が充実していても、仕事に行くのが嫌になってしまいます。

実際に、

「仕事にも給与にも文句はないけど、とにかく人間関係が悪い」

と悩んでいる方もたくさんいますので、慎重に転職先を選ぶようにしましょう。

転職がうまくいかないのはなぜ?
原因や対処法、おすすめの業界を解説!

働きやすい職場の特徴とは?

では次に、働きやすい職場の特徴について、詳しく解説していきます。

男女比率のバランスが良い

男女比率のバランスが良い会社は、働きやすい傾向にあります。

なぜなら、男性にも女性にもしっかりと配慮している、従業員想いの会社である可能性が高いからです。

もちろん、男性しかない会社、女性しかいない会社が悪いということではありませんが、男女比のバランスが極端に崩れている場合、何かしらの欠陥がある可能性もありますので慎重に判断していきましょう。

福利厚生が充実している

言うまでもありませんが、福利厚生が充実している会社も働きやすいです。

仮に給与が平均的もしくはそれ以下だったとしても、福利厚生が充実していればプライベートも充実させやすくなります。

逆に、給与が高く、福利厚生が充実していない会社に転職をすると、後悔する可能性が高くなりますので注意してください。

勤務形態のバリエーションが豊富

勤務形態のバリエーションが豊富な会社も、働きやすい会社です。

正社員だけでなく、

  • アルバイト
  • パート
  • 契約社員
  • 業務委託

など、様々な選択肢から自分の目的に合った雇用形態を選択できれば、ワークライフバランスも実現しやすくなります。

「それぞれの環境にあった働き方が可能」
「アミューズ富永」ってこんな会社です

風通しが良い

働きやすい職場は、総じて風通しが良いです。

風通しというのは、社長を含む経営陣との距離感のことを指し、風通しが良い会社は社員と経営陣の距離感がかなり近いです。

風通しが良いということは、経営陣が社員のことを大切にしているということですので、自分たちの意見や考えにも耳を傾けてもらえる可能性が高くなります。

逆に、

  • 社長を見たことがない
  • 経営陣との距離が遠すぎる

という場合、働きにくさを感じてしまうこともありますので注意しましょう。

後悔しない転職先の選び方

では次に、後悔しない転職先の選び方について、詳しく解説していきます。

じっくりとリサーチをする

転職先を選ぶ時は、じっくりとリサーチすることが大切です。

世の中には様々な業種、業界があり、会社にも様々な種類があります。

まずは自分が気になっている業種や業界を徹底的にリサーチし、挑戦したい仕事がはっきりした段階で、会社探しを行うようにしましょう。

このリサーチ作業は、かなり時間がかかりますし、手間もかかります。

そのため、中にはリサーチ作業をすっ飛ばしてしまう方もいるのですが、この状態で転職をすると、ミスマッチが起こりやすくなります。

場合によっては、

「転職をしなきゃよかった」

「前の会社に戻りたい」

という状態になってしまうこともありますので、時間をかけてじっくりとリサーチをしていきましょう。

自己分析をする

転職で後悔したくないという方は、必ず自己分析を行うようにしましょう。

自己分析を行うことによって、自分の得意不得意や、向き不向きを正しく判断できるようになります。

中には、

「自分のことは自分が一番よく知っている」

と考え、自己分析をしない方もいるのですが、自分自身でも気づけていない長所や短所は意外とたくさんあります。

転職前に自分のことを正しく理解しておかないと、

「こんなはずじゃなかった」

と後悔する可能性が高くなりますので、必ず自己分析を行っておくようにしてください。

転職の目的を明確にする

転職の目的を明確にするということもかなり大切です。

中には、

  • 何となく
  • 嫌なことや辛いことから逃れたい

という理由で転職をする方もいるのですが、目的がはっきりしていない場合は転職に失敗しやすくなります。

自分に合った転職先をスムーズに見つけ、快適に働くためにも、

  • なぜ転職をしたいのか
  • 転職をすることでどんなメリットを得られるのか

ということをはっきりさせておくようにしましょう。

転職サービスをフル活用する

転職というのは片手間で行えるものではなく、情報のリサーチや書類の準備など、やるべきことがたくさんあります。

中には、これらを全て自分で行おうとする方もいるのですが、仕事をしながら転職の準備を進めるというのはそう簡単なことではありません。

場合によっては、仕事が忙しくて転職準備に時間を避けなかったり、リサーチ作業が疎かになってしまったりすることもありますので注意しましょう。

自分に合った転職先を効率的に見つけたいと考えている方は、転職エージェントなどの専門サービスを利用するのがおすすめです。

このようなサービスを利用することによって、自分にあった求人を提案してもらえるようにもなりますし、面接対策や書類添削も行ってもらえるようになります。

また、企業との交渉や調整も代行してもらえるようになりますので、スムーズ且つ安心して転職できるようになるのです。

転職先が見つからない・・・やりがいを求めているなら介護職がおすすめ?

世の中には、たくさんの仕事があります。

中には、

「選択肢が多すぎて、どの会社に転職をすればいいかわからない」

と悩んでいる方もたくさんいるでしょう。

そのような方は、自分のやりたいことや適性、給与や福利厚生など様々な点を総合的に判断したうえで、じっくりと自分に合った仕事を探してみるのがおすすめです。

「とにかくやりがいを重視したい」

と考えている方は、是非介護職に挑戦してみてください。

介護職と聞いて、ネガティブなイメージを持つ方もいると思いますが、少子高齢化の影響で需要が伸びており、給与水準も少しずつ上がっているのです。

特に将来性に期待できるのは、訪問介護です。

訪問介護は、利用者宅に出向き、一対一でサービスを提供しますので、大きなやりがいと達成感、充実感を得られるようになります。

訪問介護については、こちらの記事でも詳しく解説していますので、興味がある方は是非チェックしてみてください。

介護職の将来性って実際どうなの?

まとめ

働きやすい職場を転職前に判断するのはかなり難しいです。

ただ、今回紹介したポイントやコツを意識することによって、自分に合った働きやすい会社を見つけられる可能性が高くなります。

転職というのは人生の一大イベントであり、一歩間違えると後悔の念にさいなまれることになりますので、

「絶対に失敗したくない」

「自分に合った企業に転職して、キャリアアップを図っていきたい」

そう考えている方は、今回の内容を参考にしながら、時間をかけてじっくりと転職準備を進めていくようにしましょう。

異業種転職を難易度が高いって本当?
メリットやデメリットを紹介!