岡山市の登録ヘルパー求人情報分析まとめ「ゆるワーク」 » 未経験者も安心 訪問介護お仕事内容ガイド » 有給申請が却下された!断られた場合の対処法や取得するためのコツを紹介!

有給申請が却下された!断られた場合の対処法や取得するためのコツを紹介!

有給を取得したいと考えている方の中には、

「断られたらどうしよう」

と悩んでいる方もいるでしょう。

そこでこの記事では、有給申請が却下された場合の対処法や、スムーズに有給を取得するためのコツについて詳しく解説していきます。

覚えておきたい有給の基礎知識

まずは、有給に関する基礎知識をおさらいしておきましょう。

基礎知識が抜け落ちていると、スムーズに有給を取得できなくなってしまう可能性が高くなりますので、最後までしっかりと確認しておいてください。

理由は必要ない

有給というのは、労働者に与えられた権利であり、特別な理由は必要ありません。

中には、

「理由によっては許可できない」

という上司もいますが、これは法律違反です。

また、いちいち理由を聞いてくる上司もいますが、このような上司には、

「私用のためです」

と言っておけば問題ありません。

それ以上理由を追及してくるようであれば、有給の取得に理由は必要ないということをはっきり伝えるようにしましょう。

有給は労働者の権利

今紹介したように、有給は労働者の権利です。

中には、

「みんなが取得していないから言いにくい」

という方もいますが、後ろめたい気持ちを持つ必要は一切ありません。

もちろん、タイミングについてはある程度配慮する必要がありますが、

「取ってはいけない」

ということではありませんので、堂々と申請しましょう。

会社ができるのは却下ではなく時期の変更のみ

労働者から有給申請を出された場合、会社は原則却下できません。

ただし、やむを得ない事情がある場合は、時季変更を行えます。

繁忙期などに有給申請をしたりすると、

「今は人手が足りないから、もう少し後にしてくれないか」

と言われる可能性が高くなりますので、タイミングを見て申請するようにしましょう。

有給申請が却下された場合はどうすればいいの?

先ほども解説したように、有給というのは労働者の権利ですので、会社は原則却下できません。

ただ、中には労働者からの有給申請を平気で却下するブラック企業も存在しているのです。

以下、会社から有給申請を却下された場合の対処法について、詳しく解説していきます。

却下理由を確認する

有給申請が却下された場合は、ひとまず却下理由を確認しましょう。

仮に、

  • 繁忙期だから
  • 新人の教育期間中だから

など、業務上やむを得ない都合だった場合は、時期をずらせば取得できるのかを聞いてみてください。

万が一、時期をずらした場合でも取得できないと言われた場合は、以下で紹介する専門機関に相談することをおすすめします。

担当部署に相談する

有給申請を拒否された場合は、コンプライアンス部門や労務管理部門に相談しましょう。

というのも、上司の中には有給に関する知識を持っていない方もいて、悪気なく拒否しているケースもあります。

担当部署に相談することによって、その部署から上司に説明してもらえるようになりますので、スムーズに有給を取得できるようになるのです。

労働基準監督署に相談する

担当部署に相談しても有給が取れない場合は、労働基準監督署に相談しましょう。

労働基準監督署は公的機関ですので、相談は無料です。

有給の拒否が労働基準法違反と判断された場合、労働基準監督署から直接会社に指導が入りますので、間違いなく有給が取れるようになります。

また、労働基準監督署には毎日様々な相談が飛び込んできます。

基本的には、緊急度が高いものから対応することになりますので、場合によっては会社に直接指導をしてくれないこともあるでしょう。

そんな時は、

「労働基準監督署に相談しました」

と一言伝えてみてください。

会社は労働基準監督署から目を付けられることを極端に嫌いますので、有給申請が通りやすくなります。

スムーズに有給を取得するためのコツは?

では次に、スムーズに有給を取得するためのコツについて、詳しく解説していきます。

早めに上司に相談する

スムーズに有給を取得するためには、早めに上司に相談することが大切です。

ギリギリになってから相談すると、

「今は忙しいからもう少し後にしてくれ」

と時季変更権を使われる可能性が高くなります。

早めに伝えておくことにより、会社側が余裕を持ったスケジュールを組めるようになりますので、スムーズに有給を取得できるようになります。

証拠が残る形で申請する

ブラック企業と言われている会社では、有給の却下が日常的に行われています。

中には、有給申請をしたにもかかわらず、欠勤扱いにする卑劣な会社も存在しているのです。

このようなトラブルを避けるためにも、メールや申請書など、証拠が残る形で申請するようにしましょう。

有給申請をする時のマナーと注意点

有給は労働者の権利ですが、申請する際は社会人としての最低限のマナーを守ることが大切です。

以下、有給申請をする時のマナーについて詳しく解説していきます。

仕事の引継ぎをしっかりと行う

有給申請をする場合は、当日に向けて仕事の引継ぎをしっかりと行うようにしましょう。

特に、自分にしかできない仕事を任されている場合、引継ぎをしっかり行っておかないと、会社全体が混乱してしまいます。

引継ぎを雑に行うと、有給日に会社から連絡が来る可能性が高くなり、休日を満喫できなくなってしまうのです。

このようなトラブルを防ぐためにも、できるだけ丁寧に引継ぎを行うようにしましょう。

繁忙期を避ける

有給申請は基本的にいつでもできます。

ただ、会社の繁忙期は避けて申請するのがマナーです。

先ほども解説したように、会社は労働者からの有給申請を却下することはできませんが、時期を変更することならできます。

繁忙期に申請をしてしまうと、時季変更権を使われてしまい、希望日に有給が取れなくなってしまうこともありますので注意しましょう。

謙虚な姿勢で申請する

何度も解説しているように、有給は労働者の権利です。

有給を取得するのに後ろめたい気持ちを持ったり、罪悪感を抱いたりする必要は一切ありません。

ただ、だからと言って横柄な態度で申請してしまうと、トラブルに発展してしまう可能性が高くなります。

スムーズに承諾してもらうためにも、

「有給を取らせていただいてもよろしいでしょうか」

というように、謙虚な姿勢で申請するようにしましょう。

有給が取得できない、取得しにくい会社はブラック企業?

従業員に有給を取らせないと会社がペナルティを受けますので、ほとんどの会社は積極的に有給を取らせています。

ただ、一部例外もあり、有給を拒否したり、有給申請をさせないような雰囲気を作っている会社もあるのです。

このような企業はブラック企業とみて間違いありませんので、早めに転職をするのがおすすめです。

中には、

「働く日や時間を自分で決めたい」

そう考えている方もいるでしょう。

そのような方は、訪問介護業界への転職がおすすめです。

訪問介護には「登録ヘルパー」という特殊な雇用形態があり、登録ヘルパーとして働くことによって、勤務日や勤務時間を自由に決められるようになります。

また、訪問介護は非常にやりがいのある仕事ですので、ワークライフバランスを実現させたいと考えている方にも最適です。

ホームヘルパーの今後の需要と将来性

登録ヘルパーも有給休暇を取得できる?

まとめ

有給というのは、労働者に与えられた権利です。

有給というのは基本的にいつ申請しても問題ありませんし、取得のために理由を告げる必要はありません。

会社は労働者からの有給申請を却下できず、やむを得ない事情がある場合のみ、時季変更権を行使できます。

とはいえ、会社によっては労働者の有給申請を平気で却下する所もあるのです。

万が一有給申請を却下された場合は、今回紹介したことを参考にしながら、正しい方法で対処していきましょう。