岡山市の登録ヘルパー求人情報分析まとめ「ゆるワーク」 » 未経験者も安心 訪問介護お仕事内容ガイド » 仕事で劣等感を抱く理由は?対処法とやってはいけないことを紹介!

仕事で劣等感を抱く理由は?対処法とやってはいけないことを紹介!

仕事においては、他人とのコミュニケーションや関わりが大切です。

周囲と協力することによって、業務の生産性や効率を上昇させやすくなります。

ただ、周囲の人間と協力しながら仕事をしていると、劣等感を抱いてしまうことがあります。

この記事を見ている方の中にも、

「なんで自分は結果を出せないんだろう」

「なぜあの人ばかり評価されるんだろう」

というような劣等感を抱いている方がたくさんいるでしょう。

そこでこの記事では、仕事で劣等感を抱く理由や、正しい対処法について詳しく解説していきます。

仕事で劣等感を抱く理由は?

では早速、仕事で劣等感を抱く理由について、詳しく見ていきましょう。

自分を過小評価している

仕事で劣等感を抱いている方は、自分を過小評価している傾向にあります。

本来は、自分が思っている以上のポテンシャルがあるにもかかわらず、

「自分なんてダメだ」

「自分はどうせ無理だ」

と思ってしまうことが多いのです。

このような間違った自己評価というのは、モチベーション低下させる原因になりますので注意しましょう。

理想が高すぎる

理想が高すぎる方も、仕事で劣等感を抱きやすいです。

大きな目標を設定することは大切ですが、実現するのに時間がかかる目標や、現実的ではない目標を設定してしまうと、良い成績を残していても、

「自分は全然ダメだ」

という状態になってしまいます。

仕事で劣等感を抱いた時の対処法

では次に、仕事で劣等感を抱いた時の対処法について、詳しく解説していきます。

ポジティブ思考を意識する

仕事で劣等感を抱いた時は、とにかくポジティブ思考を意識するようにしましょう。

劣等感を抱き、気持ちがネガティブな方向に傾いてしまうと、ポジティブな考えができなくなります。

ただ、ネガティブな感情で心が埋め尽くされてしまうと、仕事に対するモチベーションが一気に低下し、虚無感に襲われる可能性が高くなるのです。

場合によっては、うつ病を発症してしまうケースもありますので、全てのことをポジティブに捉えることが大切です。

自分を褒める

劣等感を抱く原因は、周囲との比較です。

周囲と比較して自分を鼓舞することも大切ですが、やりすぎてしまうと自分で自分の首を絞めることになります。

劣等感を解消するためには、自分で自分を褒めることが大切です。

自分を認めてあげることによって、ネガティブな気持ちや後ろめたい気持ちがなくなりますので、自信を持ちながら仕事を行えるようになります。

目の前の仕事を1つずつこなす

劣等感を抱いてしまうと、焦りが出てしまい、冷静な判断ができなくなる可能性が高まります。

ただ、冷静な判断ができないと、パフォーマンスを高めることができず、ケアレスミスなど普段なら絶対にしないようなミスを引き起こす原因になってしまうのです。

このようなトラブルを防ぐためにも、一旦冷静になり、目の前の仕事を1つずつこなすようにしましょう。

そうすることによって、着実に成果を上げられるようになりますので、劣等感を解消しやすくなります。

仕事で劣等感を抱いた時にやってはいけないこと

では次に、仕事で劣等感を抱いた時にやってはいけないことについて、詳しく見ていきましょう。

他人を攻撃する

周囲の人間に劣等感を抱くと、

「羨ましい」

「すごい」

という気持ちが次第に、恨みや怒りに変わっていきます。

中には、この恨みや怒りというのを何らかの方法で本人にぶつけてしまう方もいるのですが、絶対にやめてください。

そんなことをしても何の解決にもなりませんし、余計に事態を悪化させるだけです。

劣等感を抱く原因は、その相手でも会社でもなく自分自身にありますので、まずは考え方や仕事への取り組み方を変えていく必要があります。

自分を責める

劣等感を抱いた時に、自分を責めるのはNGです。

中には、

「どうせ自分なんて」

「自分には向いていない」

というように、ネガティブな気持ちになってしまう方もいるのですが、このような考えを持ってしまうと、モチベーションが低下している自分を更に窮地に追い込むことになります。

先ほども解説したように、劣等感を抱いてしまった時はとにかくポジティブ思考を意識しながら、モチベーションの回復に努めることが大切です。

転職で劣等感を解消できるケースもある?

仕事で劣等感を抱いている方の中には、

「入社してからずっと劣等感を抱いている」

という方もいるでしょう。

そのような方は、もしかしたら職場が自分に合っていない可能性があります。

特に一般企業は、数字による結果を求められる傾向にあり、これが原因で劣等感を抱いてしまっているケースもあります。

そんな時は、数字に追われない仕事を探してみるのがおすすめです。

例えば、介護職。

介護職は数字による結果を求められることがなく、それでいて大きなやりがいを感じられる仕事です。

中でも特におすすめなのは、訪問介護です。

利用者に対して一対一でサービスを提供するため、大きなやりがいを得られます。

また、基本的には一人で仕事を行うことになりますので、周囲と自分を比べる必要もありません。

訪問介護については、こちらの記事で詳しく解説していますので、興味がある方は是非チェックしてみてください。

訪問介護のやりがいを
現役へルパーに聞きました

まとめ

仕事で劣等感を抱いてしまっている方は意外とたくさんいます。

ただ、劣等感というのはモチベーションややる気を低下させる危険な感情です。

正しい対処法を理解しておかないと、自分を更に追い込んでしまい、良くない結果に繋がってしまう可能性が高くなりますので注意しましょう。

仕事で劣等感を抱き、どうすれば良いかわからなくなってしまっている方は、今回紹介したことを参考にしながら、正しい方法で対処していくようにしましょう。

アミューズ富永の
訪問介護求人情報を見る