岡山市の登録ヘルパー求人情報分析まとめ「ゆるワーク」 » 未経験者も安心 訪問介護お仕事内容ガイド » 仕事で取り返しのつかないミスをしてしまった場合の対処法は?

仕事で取り返しのつかないミスをしてしまった場合の対処法は?

仕事で取り返しのつかないミスをしてしまった経験がある方は意外とたくさんいるでしょう。

この記事を見ている方の中には、現在進行形で自分が起こしてしまったミスと向き合っている方もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、仕事で取り返しのつかないミスをしてしまった時の対処法や考え方について詳しく解説していきます。

仕事における取り返しのつかないミスとは?

まずは、仕事における取り返しのつかないミスの代表例について、詳しく見ていきましょう。

重要書類をシュレッダーにかけた

重要書類をシュレッダーにかけた場合、社内で大きな問題になる可能性が高いです。

例えば、翌日に使うプレゼン資料を間違ってシュレッダーにかけた場合などです。

場合によっては、自分がプレゼン資料をシュレッダーにかけたことによって、プレゼンの質が落ちたり、競合他社に負けてしまったりする可能性もあります。

情報を漏洩させてしまった

情報漏洩も取り返しのつかないミスの代表格です。

会社は、

  • 取引先の情報
  • 自社の業績
  • 新製品の情報

など、社外に漏らしてはいけない情報をたくさん抱えています。

このような情報を間違って外部に漏らしてしまった場合、社内外で大きな問題になってしまうでしょう。

自分のミスでデータがすべて消えた

現代においては、パソコンが仕事の必須機器となっています。

どの会社にも必ずと言っていいほどパソコンがあり、パソコンを使えば複雑な作業も短期間でスムーズに終わらせられるようになります。

ただ、パソコンには「データが消える可能性がある」というリスクもあるのです。

例えば、

「保存していない状態で、パソコンがフリーズして電源が落ちた」

というようなケースです。

このような場合、それまで編集していたデータが消えてしまい、白紙の状態に戻ってしまうこともあります。

作業の内容によっては、大きな問題になってしまうでしょう。

クライアントとの約束をすっぽかした

営業マンに多いのが、クライアントとの約束をすっぽかしたというケースです。

このような場合、取引先を巻き込む大きな問題に発展してしまうこともありますので注意しましょう。

「自分は絶対大丈夫」

と思っている方がいるかもしれませんが、そのような慢心がこのようなトラブルを生みますので、スケジュール管理を徹底することをおすすめします。

仕事で取り返しのつかないミスをした時の対処法

では次に、仕事で取り返しのつかないミスをした時の対処法について、詳しく解説していきます。

まずは謝る

仕事で取り返しのつかないミスをした時は、何よりも先に謝ることが大切です。

中には、言い訳をしたり、責任転嫁したりする方もいますが、これをやると相手の怒りを逆なでしたり、信頼を失ったりする可能性が高くなりますので注意しましょう。

ミスをした原因を探る

人間ですから誰だってミスをします。

大切なのは、ミスをした原因を探り、二度と同じミスを繰り返さないための対策を練ることです。

ミスをした原因を解明せず、同じミスを繰り返した場合、解雇される可能性が高くなりますので注意してください。

対処法を考え、迷惑をかけた相手に伝える

ミスをした原因とそれに対する対処法を考えたら、自分の中に留めておくのではなく、迷惑をかけた相手に直接伝えましょう。

たとえば、

「今回のミスは○○が原因でしたので、今後はこのようにしていきます」

という感じです。

そうすることによって、相手に誠意が伝わりやすくなりますので、丸く収まる可能性が高くなります。

自分を慰める

先ほども解説したように、我々人間は必ずミスをします。

ミスは決して褒められることではありませんが、やってしまったものは仕方ありません。

ミスをした原因と対策を考えたら、その後は自分をしっかりと慰めて、気持ちを切り替えていきましょう。

仕事で取り返しのつかないミスをした時に注意すべきこと

では最後に、仕事で取り返しのつかないミスをした時に注意すべきことをいくつか紹介していきます。

焦りすぎない

仕事で取り返しのミスをした時は、絶対に焦らないようにしてください。

ミスをすると頭が混乱してしまい、ミスがさらなるミスを生むこともあります。

こうなると、謝罪だけでは解決できなくなってしまう可能性が高くなりますので、ミスをしてしまった場合は一旦深呼吸して、何をすべきなのかを考えるようにしましょう。

自分を責めすぎない

先ほども解説したように、ミスは誰にでもあります。

ミスをして落ち込んでしまうのは当然のことですが、あまりにも自分を責めすぎるとメンタルがやられてしまいます。

場合によっては、ミスが原因でうつ病になってしまうケースもありますので、自分を責めすぎないようにしましょう。

どうしてもその会社にいたくない場合は?

取り返しのつかないミスが原因で会社にいづらくなってしまった場合は、転職をするのも1つの方法です。

とはいえ、

「また同じミスをしてしまうのではないか」

という不安から、転職先探しに苦戦してしまう方もたくさんいるでしょう。

そのような方は、一般企業と特色が異なる「介護職」に転職をするのがおすすめです。

介護職にはノルマもありませんし、営業成績も関係ありません。

高齢者をサポートしたいという強い気持ちと責任感があれば、誰でも活躍できます。

中でも特におすすめなのは、訪問介護です。

訪問介護は利用者宅に出向き、一対一でサービスを提供するため、大きなやりがいと充実感を得られるようになるのです。

「今の会社ではもう働けない」

と悩んでいる方は、是非訪問介護への転職を検討してみてください。

まとめ

仕事で取り返しのつかないミスをしてしまった方、あるいはその可能性を危惧している方の中には、

「どう対処すればいいの?」

と悩んでいる方もいるでしょう。

万が一仕事で取り返しのつかないミスをしてしまった場合は、一旦深呼吸をして自分を落ち着かせ、ひとまず「謝罪」する所から始めましょう。

言い訳をしたり、責任転嫁したりするとさらに大事になってしまう可能性が高くなりますので注意が必要です。