岡山市の登録ヘルパー求人情報分析まとめ「ゆるワーク」 » 未経験者も安心 訪問介護お仕事内容ガイド » 仕事をしばらく休みたい・・・仕事と距離を取るメリットやデメリットを紹介!

仕事をしばらく休みたい・・・仕事と距離を取るメリットやデメリットを紹介!

仕事をしていると、様々なストレスにさらされます。

中には、

「精神的に疲れたから仕事をしばらく休みたい」

そう考えている方もいるでしょう。

そこでこの記事では、仕事をしばらく休むメリットやデメリット、具体的な方法について詳しく解説していきます。

仕事をしばらく休みたくなる理由とは?

まずは、仕事をしばらく休みたくなる理由について、詳しく見ていきましょう。

人間関係が辛い

冒頭でも解説したように、仕事をしていると様々なストレスにさらされます。

特に多いのが、人間関係のストレスです。

  • 上司と相性が悪い
  • 苦手な同僚がいる

というような場合、仕事に行くのがだんだん辛くなってしまいます。

1日や2日嫌な相手と顔を合わせるだけなら我慢できるかもしれませんが、同じ会社で働いている場合は毎日顔を合わせることになりますので、次第にモチベーションが低下し、

「会社にすら行きたくない・・・」

という状態に陥ってしまうケースもあるのです。

仕事が自分に合っていない

仕事が自分に合っていない場合、心から楽しめなくなります。

そうなると、次第にモチベーションが低下し、

「もう今の仕事を辞めたい」

「しばらく休みたい」

というような状態になってしまうのです。

忙しすぎる毎日を送っている

仕事が忙しすぎて、自分の時間が確保できない場合、ワークライフバランスが崩れます。

そうなると、毎日家と会社の往復になり、休日も満喫できなくなってしまうため、

「なんのために働いているのかわからない」

という状態に陥りやすくなります。

このような状態がしばらく続くと、正常なメンタルを維持できなくなり、仕事をしばらく休みたいと考えるようになってしまうのです。

仕事をしばらく休むメリットは?

では次に、仕事をしばらく休むメリットについて詳しく見ていきましょう。

リフレッシュできる

仕事をしばらく休むことによって、気持ちをリフレッシュさせられるようになります。

何も考えずにぼーっとしたり、趣味に時間を費やしたり、外出をしたりすることによって、低下したモチベーションを回復させられるようになりますので、

「また頑張ろう」

という気持ちを作りやすくなるのです。

気持ちのリフレッシュは、仕事をしばらく休まなくても行えますが、あまりにも仕事が忙しい場合や、ストレスがたまりすぎている場合、1日や2日の休みでは完全にリフレッシュできないこともあります。

「土日がまったく楽しくない」

「気持ちのリフレッシュが全然できない」

と悩んでいる方は、しばらく仕事から距離を取り、心の回復を最優先させましょう。

その仕事が本当に好きなのかを確かめられる

仕事をしばらく休むことによって、その仕事が本当に好きなのかを確かめられるようになります。

本当に好きな仕事の場合、しばらく休むと、

「仕事がしたいな」

という気持ちになります。

逆に、仕事が好きではない場合、あるいは自分に適していない場合は、

「このままやめてしまおうかな」

という気持ちになるのです。

仮に後者の気持ちになった場合、無理をして復帰すると同じことの繰り返しになりますので、できるだけ早い段階で転職を検討することをおすすめします。

視野が広がる

視野が広がるというのも、仕事をしばらく休むメリットです。

嫌々仕事を続けているうちは、

「この仕事を辞めたら次がない」

「失敗したらどうしよう」

という気持ちでいっぱいかもしれませんが、仕事から距離を取ることによって、

「世の中にはこんなにたくさんの仕事があるんだ」

「今の仕事を辞めても何とかなりそうだな」

と冷静な気持ちを持てるようになるのです。

仕事をしばらく休むデメリットは?

では次に、仕事をしばらく休むデメリットについて詳しく見ていきましょう。

戻りにくくなる

仕事を休んでいる期間が長ければ長いほど、復帰する時の気まずさが大きくなります。

特に復帰初日は、

「長期間休んだから嫌われてしまったかな」

「嫌味を言われたらどうしよう」

というような不安との闘いになるでしょう。

場合によっては、自分が休んでいる間に新しい制度ができていたり、仕事の進め方が変わっていたりするケースもあり、慣れるのに時間がかかることもあります。

そもそもしばらく仕事を休めるとは限らない

仕事をしばらく休むことによって、様々なメリットを得られるようになりますが、正当な理由がない場合は仕事をしばらく休めないケースもあります。

例えば、心療内科からの診断書がある場合は「休職」という形で休みを取れますが、そうでない場合は中々休みが取りにくいです。

有給を使うという方法もありますが、何日も連続して取るのは難しいでしょう。

モチベーションが下がる

仕事をしばらく休むと、

「このまま仕事をしたくないな」

「仕事に行くのが嫌だな」

という気持ちになってしまう方もいます。

人間は楽な方に逃げる習性があり、しばらく仕事から離れて自由な生活をしていると、その生活から離れられなくなってしまうことがあるのです。

仕事をしばらく休みたい時はどうすればいい?

では最後に、仕事をしばらく休むための方法について詳しく見ていきましょう。

有給を使う

先ほども解説したように、仕事をしばらく休む場合は、有給を使うのが最も現実的な方法となります。

有給というのは労働者に与えられた権利ですので、基本的には理由を伝えることなく取得できます。

中には、

「断られたらどうしよう」

と不安に感じている方もいますが、基本的に会社は労働者の有給申請を拒否することはできません。

ただし、繁忙期などに有給申請を出された場合は、時季変更権を使うことができ、希望する日にちに休みが取れないケースもありますので注意が必要です。

また、2日や3日程度であれば連続して休みを取れるかもしれませんが、5日あるいは10日というように、度を超える長期休暇を作るのは難しいと言えますので注意しましょう。

休職する

うつ病など、何らかの症状が出てしまっている場合は医師から診断書を出してもらい、休職するのも1つの方法です。

労働者から診断書を提出され、休職の希望を受けた場合、会社はそれを認めなければなりません。

つまり、休職の条件さえ満たしていれば、絶対に断られないということです。

ただし、休職をした場合は有給と違って給与が出ません。

会社の中には一定額の資金を援助している所もありますが、このような会社はかなり稀です。

とはいえ、症状や状況によっては傷病手当を受け取れるケースもありますので、条件等をよく確認し、受け取れそうであれば申請してみることをおすすめします。

転職する

会社をしばらく休みたい場合、転職を前提に退職をしてしまうのも1つの方法です。

退職をすれば、その次の日から会社に行く義務が生じなくなりますので、思う存分ゆっくりできます。

ただし、退職をするとその瞬間から収入が発生しなくなりますので、貯金がないと生活ができなくなります。

失業給付金を受け取ることもできますが、自己都合退職の場合は受け取りまでに2か月ほどかかりますので、全く貯金がないという場合は転職先を見つけてから退職するのがおすすめです。

退職をして、しばらく休んでから転職活動を始めようと考えている方の中には、

「次こそは仕事選びを成功させたい」

「次こそは自分に合った仕事を見つけたい」

そう考えている方もいるでしょう。

そのような方は、介護職に挑戦してみるのがおすすめです。

介護職は高齢者の生活をサポートする責任重大な仕事ですが、その分大きなやりがいや達成感、充実感を得られます。

ご存じの通り、介護業界は現在人手不足に陥っていますので、転職の難易度も比較的低いです。

少子高齢化の影響もあり、将来性もかなり高い仕事と言えますので、興味がある方は是非挑戦してみてください。

まとめ

大人になると、仕事が生活の一部になります。

とはいえ、仕事をしていると様々なストレスにさらされますので、

「しばらく休みたいな」

となってしまうケースもあります。

そんな時は、有給や休職などを活用してしばらく休暇を取ってみるのがおすすめです。

ただし、仕事からしばらく距離を取ると、復帰しにくくなったり、モチベーションが低下してしまったりすることもありますので、メリットだけではなく、デメリットについてもしっかりと確認したうえで、しばらく休みを取るかどうかを判断していきましょう。

こちらの記事も読まれています!
『仕事のストレス…上手な発散方法って?』