岡山市の登録ヘルパー求人情報分析まとめ「ゆるワーク」 » 未経験者も安心 訪問介護お仕事内容ガイド » 仕事にはストレスが付きもの?上手なストレス発散方法とは?

仕事にはストレスが付きもの?上手なストレス発散方法とは?

仕事をしていると、必ず何かしらのストレスが溜まります。

とはいえ、世の中には毎日楽しそうに仕事をしている方もたくさんいますよね。

このような方を見て、

「ストレスがなさそうで羨ましいな」

と考える方もいるのですが、楽しそうに仕事をしている方はストレスがないのではなく、ストレスを発散するのが上手なのです。

仕事にストレスを抱えている方も、上手なストレス発散方法さえ身につければ、毎日楽しく仕事が行えるようになります。

そこで今回は、仕事で溜まったストレスを上手に発散する方法について詳しく解説していきます。

どんな仕事をしていてもストレスが溜まる?

毎日様々なストレスにさらされながら仕事をしている方の中には、

「ストレスのない仕事ってないのかな?」

という疑問を抱えている方もいるでしょう。

ただ、残念ながらこの世にストレスのない仕事は存在していません。

どのような仕事をしていたとしても、必ず何かしらのストレスと闘うことになるのです。

仕事でストレスが溜まるのはなぜ?

仕事のストレスを解消するためには、ひとまずストレスの原因を探らなければなりません。

以下、仕事でストレスが溜まる原因として考えられることについて、詳しく見ていきましょう。

人間関係が悪い

人間関係というのは、給与や福利厚生の悩みやストレスよりも深刻です。

例えば、

  • 嫌いな上司がいる
  • 相性が悪い同僚がいる
  • 扱いにくい部下がいる

このような場合、その他のことに不満がなくても強いストレスを感じやすくなりますので注意しましょう。

待遇に不満がある

待遇に不満があるという場合も、ストレスが溜まりやすいです。

待遇というのは、

  • 給与
  • 福利厚生
  • 休日
  • 残業

などのことを指します。

よくあるのが、

「給与が仕事内容に見合っていない」

「休みがなくて辛い」

というようなストレスです。

このようなストレスを放置していると、仕事のモチベーションが低下しやすくなりますので注意しましょう。

仕事がつまらない

仕事がつまらないというのも、大きなストレス要因です。

この記事を見ている方の中にも、

「仕事に飽きてしまった」

「仕事にやりがいを感じない」

と悩んでいる方もいるでしょう。

中には、お金のために今の仕事を嫌々続けている方もいますが、仕事に楽しさややりがいを感じられずにいると、なんのために働いているかわからなくなってしまう可能性が高くなりますので注意してください。

仕事のストレスを放置するデメリットは?

では次に、仕事のストレスを放置するデメリットについて、詳しく見ていきましょう。

モチベーションが低下する

先ほども解説したように、仕事のストレスを放置すると、モチベーションの低下に繋がります。

モチベーションが低下すると、生産性や効率が落ちるだけでなく、会社に行くことすら嫌になってしまいます。

場合によっては、心の病を発症してしまうケースもありますので、ストレスを適度に解消し、モチベーションを上手にコントロールするようにしましょう。

ミスの原因になる

仕事のストレスを放置し、モチベーションが低下すると、ミスをしやすくなります。

ミスをすると、上司にも叱られますし、自分への自信を更に失ってしまいますよね。

これが原因で、さらにストレスが溜まり、モチベーションが低下してしまうのです。

実際に、仕事のストレスを放置し、

  • モチベーションが下がる→ミスをする→モチベーションが下がる→ミスをする

という負のループに陥ってしまっている方もたくさんいますので、ストレスを溜めこむのは避けましょう。

爆発する可能性が高くなる

仕事のストレスを放置したり、見て見ぬふりをしたりすると、爆発する可能性が高くなります。

ストレスが爆発すると、

  • 上司や仕事仲間と喧嘩になる
  • モチベーションが一気に0になる

仕事を円滑に進めるにはチームワークが大切!

というトラブルが起こりやすくなります。

こうなると、今の会社で働き続けるのが難しくなり、望んでいなかったとしても転職を余儀なくされるケースがありますので注意してください。

仕事のストレスを上手に発散するコツは?

では次に、仕事のストレスを上手に発散するコツについて、詳しく見ていきましょう。

趣味に没頭する

仕事のストレスを発散したいと考えているのであれば、仕事のことを一旦頭から切り離す必要があります。

そんな時におすすめなのが、趣味に時間を割くということです。

自分の趣味に没頭することによって、仕事を忘れ、自分だけの時間を楽しめるようになります。

自分だけの時間を思う存分楽しむことができれば、ストレスを解消し、気持ちをリセットできるようになりますので、新たな気持ちで仕事に取り組めるようになるのです。

物事をシンプルに考える

仕事にストレスを抱えてしまっている方の中には、物事を難しく考えて過ぎてしまっている方もいます。

ただ、一見複雑そうに見えることでも、蓋を開けてみると意外とシンプルであるケースが多いです。

物事を複雑に考える癖がある方は、

「何とかなる」

「どうにかなる」

という楽観的な考え方を適度に取り入れてみましょう。

ストレスの原因を探り、1つずつ解消していく

仕事のストレスに限らず、心の奥底に蓄積したストレスや悩みを解消するためには、原因を探り、1つずつ解消していくことが大切です。

中には、

「イライラするけど、理由はわからない」

という方もいると思いますが、これではストレスを解消することはできませんので、自分と向き合う時間を作りつつ、原因を探ってみてください。

本を読む

ストレスが溜まった時は、本を読んでみるのがおすすめです。

こう聞いて、

「本なんて読んだら余計にストレスが溜まるよ!」

と考える方もいると思います。

ただ、必ずしも活字の本を読む必要はなく、マンガでも雑誌でも何でも構いません。

本を読むことによって、仕事などのことを一切考えず、本の世界に浸れるようになりますので、心の奥底に蓄積したストレスを開放しやすくなるのです。

好きなものを食べる

食べることが好きな方は、食事やおやつでストレスを発散するのがおすすめです。

休みの日に美味しいご飯を食べたり、ちょっと豪華なおやつを食べたりすることによって、ストレスを発散できる可能性が高くなります。

ただし、ストレスが原因で暴飲暴食をしてしまい、体重が増加して再びストレスが溜まるという負のループに陥ってしまう方もいますので注意が必要です。

何をしてもストレスを発散できない場合は?

今紹介した方法を全て実践したにもかかわらず、ストレスを発散できないという場合は、そもそもその仕事が自分に合っていないケースが多いです。

仕事が自分に合っていないと、何をしてもストレスが溜まってしまいます。

このような状況を抜け出すには、転職がおすすめです。

今の時代に転職は当たり前?
転職をするメリット、デメリットって何?

とはいえ、世の中にはたくさんの仕事がありますので、どの職種、どの業界に転職をすればいいか悩んでしまっている方もいるでしょう。

自分の目的や目標、重視していることによって選ぶべき業界や業種は変わってきますが、

「とにかくやりがいを重視したい」

と考えている方には、介護職がおすすめです。

特に訪問介護は、利用者宅に出向き、一対一でサービスを提供しますので、大きなやりがいと達成感を得られます。

少しでも興味がある方は、是非挑戦してみてください。

訪問介護のやりがいを現役へルパーに聞きました

まとめ

どのような仕事をしていても、必ず何かしらのストレスが溜まります。

中には、ストレスを溜めこんでしまう方もいるのですが、これをやるとモチベーションが低下したり、爆発したりする可能性が高くなりますので注意が必要です。

毎日楽しく、快適に仕事をしたいと考えている方は、今回紹介した方法を参考にしながら、自分の心の奥底にあるストレスを適度に発散してみてください。

ストレスとの向き合い方や発散方法がわかれば、どのような状況でも、どのような会社でも自分らしく働けるようになります。

働きやすい職場にはどんな特徴がある?
正しい選び方も紹介!