岡山市の登録ヘルパー求人情報分析まとめ「ゆるワーク」 » 未経験者も安心 訪問介護お仕事内容ガイド » 転職を成功させるには自己分析が重要?正しいやり方や注意点を紹介!

転職を成功させるには自己分析が重要?正しいやり方や注意点を紹介!

転職を成功させるためには、自己分析を徹底的に行う必要があります。

とはいえ、

「自己分析って一体何?」

「自己分析ってそんなに重要?」

という疑問を抱えている方もたくさんいるでしょう。

そこでこの記事では、転職成功させるために必要な自己分析の基本について詳しく解説していきます。

そもそも自己分析って何?

自己分析というのは、その名の通り自分の性格や得意不得意、向き不向きを正しく知るために行う作業のことを指します。

こう聞いて、

「自分のことは自分が一番よく分かっている」

と感じる方もいると思いますが、ほとんどの方が必ずと言っていいほど自分が知らない一面を持っています。

この知らない一面を把握することが、転職成功の近道になるのです。

転職を成功させるために自己分析が必要になる理由

では次に、転職を成功させるために自己分析が必要になる理由について、詳しく見ていきましょう。

市場価値を正しく把握できるから

自己分析をすることによって、自分の市場価値を正しく判断できるようになります。

市場価値を把握するというのは、転職において最も重要なことであり、自分の価値を高く見積もりすぎると転職活動がスムーズに進まなくなります。

逆に、自分の価値を低く見積もりすぎてしまうと、転職することはできても、入社してから後悔する可能性が高くなりますので注意しましょう。

自分の売り、自分の武器を把握できるから

自己分析をすることによって、自分の売りや自分の武器を把握できるようになります。

自分の売りや武器を把握できれば、それを面接で上手にアピールできるようになりますので、採用確率が高くなるのです。

自己分析をせずに転職に挑むとどうなる?

では次に、自己分析を行わずに転職に挑むとどうなるのかということについて、詳しく見ていきましょう。

メンタルがボロボロになる

自己分析をせずに転職を行うと、メンタルがボロボロになります。

なぜなら、ことごとく不採用になる可能性が高いからです。

特に自分の価値を過剰に見積もってしまっている場合、自分の実力以上の会社に応募してしまう可能性が高くなります。

このような状況に陥ると、

「自分はもっとできるはずなのに」

「自分の評価はそんなに低いのか」

と疑心暗鬼になってしまいますで注意しましょう。

転職後に後悔する可能性が高くなる

自己分析をしないで転職に挑むと、転職後に後悔する可能性が高くなります。

特に、自分の市場価値を低く見積もりすぎている場合、スムーズに転職ができたとしても、

「もっと上のレベルを目指せたかもしれない」

となってしまうのです。

自己分析の正しいやり方は?

では次に、自己分析の正しいやり方について詳しく見ていきましょう。

ステップ1:転職の目的をはっきりさせる

自己分析をする際は、転職の目的をはっきりさせることから始めましょう。

転職をして何を実現したいのか、自分はどうなりたいのかをはっきりさせることによって、転職の軸が決まります。

転職の軸が決まれば、挑戦する職種や選ぶべき会社の特徴なども自然と見えてくるようになるはずです。

ステップ2:やりたいこと、やりたくないことを書き出す

転職の目的や軸が決まったら、次は、

  • やりたいこと
  • やりたくないこと

を書き出していきます。

そうすることによって、自分の得意不得意を正しく把握できるようになりますし、消去法によって自分に合った仕事を見つけ出せる可能性が高くなるのです。

ステップ3:自分が持っている資格やスキルを書き出す

ある程度自分に向いている仕事がわかったら、次は自分が持っている資格やスキルを書き出していきます。

そうすることによって、あらかじめ見つけておいた候補の中から、自分の強みを活かせる仕事を見つけやすくなります。

ステップ4:趣味や得意なことの延長で仕事に繋がるものを書き出す

自分のやりたい仕事や向いている仕事がはっきりしないという場合は、趣味や得意なことの延長で仕事に繋がるものがないかを確認してみましょう。

趣味や得意の延長で仕事に繋がるものを見つけることができれば、楽しみながら仕事を行えるようになります。

楽しみながら仕事を行えるようになれば、生産性や効率も高められるようになりますので、昇進や昇給にも繋がっていくのです。

自己分析をするときの注意点

では次に、自己分析をするときの注意点について、詳しく解説していきます。

短所をマイナスとして捉えない

自己分析をしていると、自分の長所や強みだけでなく、短所や弱みも見えてきます。

中には、短所や弱みに注目してしまい、自分への自信を失ってしまう方もいるのですが、その必要はありません。

なぜなら、短所は考え方や捉え方を変えれば長所になるからです。

例えば、

  • 短所→思ったことを何でも言ってしまう
  • 長所→他人が言えないようなこともしっかりと言える

このように、短所を長所に言い換えられるようになれば、面接でも自分のことを上手にアピールできるようになります。

自分だけで悩まない

自己分析というのは、簡単そうに見えて意外と難しく、時間もかかります。

中には、

「何から手を付ければいいかわからない」

「一通りやってみたけど、効果を得られた気がしない」

と悩んでいる方もいるでしょう。

そのような方は、一人で悩まずに転職サービスを活用してみてください。

転職サービスの中には、自己分析ツールや自己分析サポートを行っている所もあり、このようなサービスを活用することによって、専門家の力を借りながら自己分析が行えるようになるのです。

とにかくやりがいを重視しているなら介護職がおすすめ?

この記事を見ている方の中には、

「自己分析をしたけど、自分がやりたい仕事が見つけられなかった」

と悩んでいる方もいるでしょう。

転職に求めているものが、

  • やりがいを得られること
  • 充実感を得られること
  • 人から感謝されること

なのであれば、是非介護職に挑戦してみてください。

大変な介護の仕事・・・
その分やりがいもたくさんあります!

介護職は高齢者の生活をサポートする仕事であり、困っている方を近くで支えられます。

特に訪問介護の場合、利用者宅に出向き、一対一でサービスを提供しますので、より大きなやりがいや充実感を得られるようになるのです。

訪問介護については、こちらの記事でも詳しく解説していますので、興味がある方は是非チェックしてみてください。

まとめ

転職を成功させるためには、自己分析が大切です。

自己分析をすることによって、自分では気づけなかった長所や短所に気づけるようになりますので、自分に合った会社を見つけやすくなります。

逆に、自己分析をせずに転職をすると、後悔したり、メンタルがズタボロになったりする可能性が高くなりますので注意が必要です。

「転職後に後悔したくない」

「自分のことを正しく理解したうえで転職先を探していきたい」

そう考えている方は、先ほど紹介したステップを参考にしながら、丁寧に自己分析を行ってみてください。

今後ますますニーズが高まる、
「介護」の仕事

「ありがとう」の言葉が何よりのやりがい、
「アミューズ富永」ってこんな会社です