岡山市の登録ヘルパー求人情報分析まとめ「ゆるワーク」 » 未経験者も安心 訪問介護お仕事内容ガイド » 退職理由は何と伝えればいい?納得してもらえる退職理由5選!

退職理由は何と伝えればいい?納得してもらえる退職理由5選!

退職を検討している方の中には、

「退職理由を聞かれたらなんて言えばいいのかな?」

「理由によって退職を却下されることってあるのかな?」

という疑問や不安を抱えている方もたくさんいるでしょう。

そこでこの記事では、退職理由に関する基本知識と、納得してもらいやすい退職理由について詳しく解説していきます。

退職理由の基本知識

冒頭でも解説したように、退職理由の伝え方や内容で悩んでいる方はたくさんいます。

理由によって退職を却下されたり、理由によって円満退社が遠のいたりということだけは避けたいですよね。

ただ、基本的に退職理由というのは、

「一身上の都合」

のみで十分です。

具体的な理由を伝えないと退職ができないということはありませんので安心してください。

納得してもらえる退職理由とは?

法律上は一身上の都合と伝えるだけで退職ができるのですが、現実はそう単純なものではありません。

具体的な理由を伝えずに退職をする場合、上司や仕事仲間に納得してもらえなかったり、応援してもらえなかったりする可能性が高くなるのです。

こうなると、円満退社がどんどん遠のいてしまい、会社側とトラブルに発展する可能性が高くなりますので注意しましょう。

以下、上司や仕事仲間に納得してもらえる当たり障りのない退職理由をいくつか紹介していきます。

違う分野の仕事に挑戦してみたい

上司や仕事仲間に納得してもらえる理由を探している方は、

「違う分野の仕事に挑戦してみたくなりました」

と伝えるのがおすすめです。

自分のことを可愛がってくれている上司や仕事仲間であれば、ほとんどの確率で、

「頑張れよ!」

と言ってくれるでしょう。

持病の悪化

退職理由が思いつかないという方は、持病の悪化を引き合いに出してみるのがおすすめです。

中には、

「持病なんてないけどな・・・」

という方もいると思いますが、具体的な症状などを伝える必要はありません。

「持病が悪化したため、一度実家に戻ろうと思います」

「持病が悪化したため、しばらくは休養を作ろうと思います」

と伝えることによって、強い引き止めや嫌がらせに合うことなく退職できる可能性が高くなります。

家庭の事情

「退職理由を考えるのが面倒くさい」

という方は、家庭の事情を理由にしてみてください。

冒頭で紹介した、一身上の都合は周囲から突っ込まれやすいのですが、家庭の事情には様々なものがありますので、上司や同僚も詳しく突っ込んでこない可能性が高いです。

家事と育児に専念したい

家事と育児に専念したいというのも、退職理由には最適です。

この理由を引き合いに出すことによって、上司も引き止めにくくなりますので、スムーズに退職できる可能性が高くなります。

ただし、この理由が使えるのは結婚をしている方のみですので注意してください。

家業を継ぐ

「家業を継ぎます」

これは、退職理由としてかなり便利です。

この理由は、

  • 性別
  • 年齢
  • 既婚or独身

などに関係なく、誰でも気軽に使える汎用性の高いものです。

特に、地元を離れている場合、会社の人間が自分の実家事情を知らないケースが多いため、両親がどちらとも会社員だったとしても使えます。

退職理由を伝える時に注意すべきことは?

では次に、退職理由を伝える時に注意すべきことをいくつか紹介していきます。

本音を言う必要はない

冒頭でも解説したように、退職理由というのは本来伝える必要がありません。

とはいえ、お世話になった上司や仕事仲間に納得してもらいたいという場合は、何らかの理由を考える必要があります。

中には、

「退職理由を作るのは気が引けるから、本音を伝えよう」

と考えてしまう方もいます。

退職の本当の理由が、

  • 新しいことにチャレンジしたい
  • 持病が悪化したため
  • 家業を継ぐため

などであれば問題ありませんが、給料や人間関係などネガティブなものである場合、本音を伝えてはいけません。

ネガティブな理由を伝えてしまうと、円満退社が遠のく可能性が高くなりますので注意が必要です。

嫌味を言われても耐える

会社にとって従業員というのは物凄く大切な存在です。

このようなことから、ほとんどの会社は従業員の退職を喜びません。

中には、嫌みを言ってきたり、文句を言ってきたりする上司もいます。

退職に関して文句を言われたり、嫌みを言われたりすると言い返したくなるのが当たり前ですが、そこはグッと気持ちを押し殺しましょう。

ここで言い返してしまうと、上司との関係性に亀裂が入り、円満退社ができなくなる可能性が高まりますので注意が必要です。

やむを得ない理由を伝える

上司や同僚に納得してもらうためには、誰がどう見ても「やむを得ないな」と感じる理由を伝えることが大切です。

例えば、

「仕事についていけない」

「自分に合っていない仕事だと思う」

という理由を伝えてしまうと、上司から説教をされたり、逃げていると思われてしまう可能性が高くなります。

やむを得ない理由、つまり突っ込みどころがない理由を考えることによって、上司や同僚から納得してもらいやすくなり、スムーズに退職できるようになるのです。

転職先を言う必要はない

退職の意志や退職の理由を伝えた際に、

「それで、転職先は決まっているのか?」

と聞かれるケースもあるでしょう。

このような場合、本当のことを言う必要はなく、その時に応じたベストな回答をするのが大切です。

例えば、引き止めに合いそうだなと感じた場合は、

「既に転職先が決まっていて、転職日も決まっています」

と伝えましょう。

転職先を伝えることによって嫌がらせを受けそうだなと感じた場合は、

「転職先はまだ決まっていません。これから探します」

と伝えるのが賢明です。

退職の際は、具体的な理由を伝える必要もありませんし、転職先の会社名を上司に伝える義務もありませんので、臨機応変に対応していきましょう。

複雑な嘘はつかない

上司や同僚に納得してもらうためには、退職理由に脚色を加えたり、本音とは違う退職理由を考えたりする必要が出てきます。

ただし、あまりにも複雑な嘘を考えてしまうと、後でぼろが出る可能性が高くなります。

例えば、

「小さい頃からの持病が再発して、しばらく入院することになりました」

と伝えた場合、

「どんな病気なんだ?大丈夫か?」

と、退職理由を深堀されてしまう可能性が高くなるのです。

嘘を嘘で繕おうとすると、必ずどこかで矛盾が生じてきますので、できるだけシンプルで、ぼろが出にくい理由を考えるようにしましょう。

退職理由を必死に考えるのは無駄?

上司や同僚に納得してもらえそうな退職理由を真剣に考えている方はたくさんいます。

もちろん、これまでお世話になった上司や同僚を傷つけず、波風を立てずに退職するという意味では当たり障りのない退職理由をじっくり考えた方が良いと言えます。

ただ、退職をする際に大切なのは退職理由をじっくり考えることではなく、退職した後の身の振り方を考えることです。

中には、

「退職理由を真剣に考えていたせいで、転職が遅れてしまった」

という方もいますが、これでは元も子もありません。

退職後のキャリア構築をスムーズに行うためにも、退職理由の考案だけでなく、自分に合った企業や業種、業界探しに力を入れていきましょう。

とはいえ、世の中には様々な仕事がありますので、

「どの仕事を選べばいいかわからない」

と悩んでいる方もたくさんいるはずです。

そのような方は、介護職への転職を強くおすすめします。

介護職はやりがいや充実感、達成感を得られる仕事であり、需要の増加に伴って職員の待遇も改善されつつあるのです。

介護職の特徴や魅力などについては、こちらの記事で詳しく解説していますので、興味がある方は是非チェックしてみてください。

介護職の将来性って実際どうなの?

まとめ

退職をする際は上司にその旨を伝える必要があります。

その際は、ほとんどの確率で、

「なぜだ?」

と言われるでしょう。

退職理由というのは、本来「一身上の都合」と伝えるだけで問題なく、具体的な理由を説明する義務はありません。

とはいえ、上司や同僚に納得してもらい、応援してもらうためには具体的な理由を伝える必要が出てきます。

その場合、本音を伝えてしまうと上司や同僚に納得してもらえなくなったり、トラブルに発展してしまったりする可能性がありますので、今回紹介したような、突っ込みどころがなく、当たり障りのない理由を伝えるようにしましょう。

こちらの記事も読まれています!
『円満退職の秘訣って?』