岡山市の登録ヘルパー求人情報分析まとめ「ゆるワーク」 » 未経験者も安心 訪問介護お仕事内容ガイド » 仕事ができないと悩む人は多くいる?原因や仕事をスムーズに進めるコツを紹介

仕事ができないと悩む人は多くいる?原因や仕事をスムーズに進めるコツを紹介

世の中には、仕事ができる人とできない人がいます。

この記事を見ている方の中には、

「自分は仕事ができない方だ」

と悩んでいる方もいるでしょう。

そこで今回は、仕事ができない原因や、スムーズに仕事を進めるためのコツについて詳しく解説していきます。

仕事ができないと悩む人は意外と多い

世の中には、人に言わないだけで、

「自分は仕事ができない」

と悩んでいる方がたくさんいます。

もしかしたら、

「自分だけ・・・」

と思っている方がいるかもしれませんが、決してそんなことはありませんので深く考えすぎないようにしましょう。

仕事ができない原因って一体何?

では次に、仕事ができない原因として考えられることについて、詳しく解説していきます。

学ぶ意欲がない

学ぶ意欲がない場合、当然ですが仕事ができるようにはなりません。

中には、

「言われた事だけやっていればいい」

「何となく形になればいい」

と考えている方もいると思いますが、このような方はいつまで経っても仕事ができるようにはなりませんので、考え方から見直していきましょう。

他人事として考えている

会社員として働いている方の中には、仕事を他人事として考えている方もいます。

もし今の会社が自分のものだったら、きっと今とは違う働き方をするでしょう。

仕事ができる方のほとんどは、仕事を自分事として捉えているため、自ら進んで行動します。

その結果、仕事がどんどんできるようになり、昇進や昇給にも繋がっていくのです。

仕事ができないと悩んでいる方は、

「この会社は自分のものだ!」

という考えを持ったうえで仕事に取り組んでみてください。

自分を過大評価している

自分を過大評価している方も、仕事ができるようにはなりません。

仕事ができる方は、常に謙虚に、愚直に仕事を学ぼうとします。

自分を過大評価している方は、

「自分は仕事ができている」

「これ以上学ぶことは何もない」

という考えを持ってしまっている傾向にあり、それ以上スキルや知識レベルが向上していかないのです。

ミスをした原因を理解していない

人間ですから、誰しもミスをします。

ただ、ミスをした時に原因を解明する努力をしない方はいつまで経っても仕事ができるようにはなりません。

ミス自体は悪いことではありませんし、ミスをしたからと言って「仕事ができない人」認定を受けるわけでもありません。

ただ、ミスをして終わりにしてしまうとそれ以上の成長が見込めなくなりますので、原因をしっかりと突き止めて改善策を練っていきましょう。

スケジュール管理ができていない

仕事をスムーズに進めるためには、スケジュール管理が大切です。

スケジュール管理ができていない場合、仕事の生産性や効率が低下し、無駄な時間が生まれてしまう可能性が高くなります。

その結果、人よりもこなせる仕事量が減ってしまうのです。

仕事が自分に合っていない

何をしても仕事ができるようにならない場合、その仕事が自分に合っていない可能性があります。

特に、今の仕事にやりがいを感じていない方や、楽しさを見いだせていない方は自分に合っていない仕事をしている可能性が高いため、自分としっかりと向き合いながら、

「本当に自分に合っている仕事なのか?」

ということを再確認していきましょう。

仮に「自分に合っていない」という結論に至ったのであれば、できるだけ早い段階で転職準備を行っていくことをおすすめします。

マイナスイメージを持たれがちな転職・・・
プラスな転職もたくさんあります!

仕事をスムーズに進めるためのコツは?

では次に、仕事をスムーズに進めるためのコツについて、詳しく解説していきます。

わからないことはすぐに聞く

仕事をスムーズに進めるためには、わからないことをすぐに聞く癖をつける必要があります。

中には、

「質問したら怒られそう」

「質問をするのが恥ずかしい」

そう考えている方もいますが、これは大きな間違いです。

むしろ、わからないことをわからないままにしている方が問題ですし、後になって恥をかくことになります。

同じことを2度も3度も聞くのは社会人としてナンセンスですが、初めてのことはわからなくて当然ですので、遠慮なく質問するようにしましょう。

自分で考える

仕事ができる人間になりたいと考えているのであれば、

  • 次は何をするべきなのか
  • スムーズに仕事を終わらせるにはどうすればいいのか

を自分で考えることが大切です。

自分でしっかりと考えることによって、仕事に対するモチベーションも向上しますし、より効率的に業務を進められるようにもなりますので、一石二鳥と言えます。

タスクを小分けにする

仕事ができない方の中には、タスク管理ができていない方もいます。

スムーズに仕事を進めるためには、その日終わらせなければならないタスクを小分けにして、1つずつしっかりとこなしていくことが大切です。

例えば、

「今日は○○と○○を終わらせる。時間に余裕があれば○○もやる」

というように、タスクを時系列で管理しておくことによって、その日の目標が定まりますので効率的に仕事を行えるようになります。

人の意見を取り入れる

仕事ができない方の中には、人の意見を上手に取り入れられていない方もいます。

プライドが高い方やガンコな方は、

「自分のやり方が正しい」

「人の指図は受けない」

と考えてしまうケースもあるのですが、これではいつまで経っても仕事ができるようになりません。

仕事をスムーズにこなしたいと考えている方は、たとえ部下からのアドバイスだったとしても、正しいと思ったことは取り入れていくようにしましょう。

仲間に頼る

仕事ができない方は全て自分でやろうとしますので、結果として行える仕事量が少なくなってしまいます。

逆に、仕事ができる方は、誰かにお願いをするのが物凄く上手です。

上司や同僚、部下に上手に仕事を依頼できるようになれば、自分の手も空きますし、時間的な余裕、心の余裕にも繋がりますので、

「全部自分でやろう」

という考えを捨て、仲間と協力しながら仕事を進めていくようにしましょう。

メモを取る癖をつける

仕事ができるようになりたいと考えている方は、メモを取る癖をつけてください。

メモを取ることによって、同じことを何度も質問して怒られるという心配がなくなります。

また、メモを取ることによって、知識のアウトプットを行えるようになりますので、スムーズに仕事を覚えられるようになるのです。

何をしても仕事ができない場合はどうすればいい?

今紹介したことを全て試したにもかかわらず、仕事ができるようにならないという場合は、その仕事が自分に合っていない可能性があります。

自分に合っていない仕事を長く続けたとしても、自分の成長には繋がりませんので、できるだけ早い段階で転職を検討しましょう。

とはいえ、世の中にはたくさんの業種、業界がありますので、どのような会社に転職すべきか悩んでしまいますよね。

仕事にやりがいや充実感を求めている方には、介護職がおすすめです。

中でも特におすすめなのは、訪問介護です。

訪問介護は、利用者宅に出向き、一対一でサービスを提供しますので、大きなやりがいを得られるようになります。

また、数字による結果を求められることもありませんので、伸び伸びと仕事ができるようになるのです。

訪問介護については、こちらの記事でも解説していますので、興味がある方は是非チェックしてみてください。

まとめ

仕事ができないと悩んでいる方は、今回紹介したことを参考にしながら仕事ができない原因を突き止め、正しい方法で対処していきましょう。

「何をしても仕事ができるようにならない」

という場合は、そもそもその仕事が自分に向いていない可能性がありますので、転職を視野に入れて身の振り方を考えていくことをおすすめします。

「やりがいのある仕事に挑戦したい」

「数字に追われない仕事に挑戦したい」

そう考えている方は、是非介護職への転職を検討してみてください。

自分の天職の見つけ方と
おすすめの仕事を紹介!