岡山市の登録ヘルパー求人情報分析まとめ「ゆるワーク」 » 未経験者も安心 訪問介護お仕事内容ガイド » 仕事にはどんな種類がある?代表的な仕事の種類とその特徴を紹介!

仕事にはどんな種類がある?代表的な仕事の種類とその特徴を紹介!

転職を検討している方の中には、

「自分の知らない仕事って一体どれくらいあるのかな?」

という疑問を抱えている方もたくさんいるでしょう。

そこでこの記事では、代表的な仕事とその特徴、それから仕事の種類を理解しておくメリットについて詳しく解説していきます。

仕事の種類と特徴を理解するメリットは?

世の中にはたくさんの仕事があります。

中には、

「仕事の種類を知ってどうなるの?」

という疑問を抱えている方もいると思いますが、仕事の種類をできるだけたくさん把握しておくことによって、様々なメリットを得られるようになるのです。

以下、仕事の種類を理解することの代表的なメリットについて詳しく解説していきます。

視野が広がる

仕事の種類を理解しておくことによって、仕事探しにおける視野が広がります。

様々な選択肢の中から、興味がある仕事を見つけ出せるようになりますので、人生の充実度を高めやすくなるのです。

ストレスが減る

仕事の種類を理解しておくことによって、仕事におけるストレスが減ります。

この記事を見ている方の中には、

「仕事が続かなかったらどうしよう」

「今の仕事が自分に向いていなかったらどうしよう」

と考えている方もいると思いますが、このように考えてしまうのは「知識不足」だからです。

仕事の種類をできるだけたくさん理解しておくことによって、

「今の仕事がだめでも他の仕事で再チャレンジできる」

と思えるようになり、気負いせず快適に働けるようになるのです。

代表的な仕事の種類とその特徴

先ほども解説したように、世の中にはたくさんの仕事があります。

全ての仕事をこの記事だけでまとめるのは100%不可能です。

そこで今回は、代表的な仕事をいくつかピックアップして紹介していきます。

IT系の仕事

近年需要を伸ばしているのが、IT系の仕事です。

プログラマーやエンジニア、デザイナーなどIT系の仕事にも様々な種類があります。

IT系の仕事は、パソコンがあればどこでも作業が行えるため、リモートワークが導入されているケースもあります。

また、IT系の知識とスキルがある人材が不足していることから、給与水準もかなり高めに設定されているのです。

IT分野は今後もさらに成長を遂げると言われていて、かなり成長性の高い市場ですので、興味がある方は是非挑戦してみてください。

医療系の仕事

我々が健康的に暮らせているのは、医療系の仕事に従事してくれている方がいるからこそです。

医師もそうですし、医師をサポートする看護師の役割も大きいです。

医療系の仕事には、他にも薬剤師や救命救急士、助産師など様々なものがあります。

どのような仕事も直接的、あるいは間接的に人の命に関わりますので、難易度はかなり高いです。

接客系の仕事

私たちが当たり前に買い物ができるのは、接客系の仕事をしてくれている方がいるからです。

接客系というとかなり幅が広いですが、

  • 飲食店のスタッフ
  • 携帯ショップのスタッフ
  • アパレルショップのスタッフ
  • コンビニやスーパーのスタッフ
  • カーディーラー

などの仕事は全て接客業です。

接客業の仕事は専門的な資格が必要ないことも多く、未経験からでも始めやすいという特徴があります。

人と変わるのが好きな方にとっては最適な仕事と言えるでしょう。

運送系の仕事

日本の血液とも呼ばれている運送業。

運送業には、

  • トレーラードライバー
  • 大型トラックドライバー
  • 軽貨物ドライバー
  • バスドライバー
  • 電車運転士
  • パイロット

など様々な種類があります。

また、ドライバーだけでなく、整備士や航空管制官なども運送業に分類されます。

金融系の仕事

金融系の仕事とは、

  • 銀行員
  • ファンドマネージャー
  • ファイナンシャルプランナー
  • 税理士

など、お金を扱う仕事のことです。

金融系の仕事は、人々が生活をしていくために必要な「お金」を扱いますので、高い知識と能力が必要になってきます。

また、数字に強いことが大前提となりますので、難易度は高いと言えるでしょう。

法律系の仕事

法律系の仕事には、

  • 弁護士
  • 検察官
  • 裁判官

など様々な種類があります。

ちなみに、今紹介した3つの仕事のことを「法曹三者」と呼びます。

法律系の仕事は、高度な知識を身につけ、特定の資格を取得した方だけが就ける仕事です。

試験のハードルもかなり高いため、挑戦するのであればそれ相応の覚悟が必要です。

ものづくり系の仕事

ものづくり系の仕事というのは、その名の通り何かを作る仕事のことを指します。

我々が快適な生活を送るために必要な家を作ってくれる大工さんや、美味しい野菜や果物、お肉やおさかななどを収穫してくれる農家さん、漁師さんもものづくり系の仕事に分類されます。

ものづくり系の仕事はこれだけではなく、機械エンジニアや食品加工メーカーなどもものづくり系の仕事に該当するのです。

アパレル系の仕事

アパレル系の仕事と聞いて、アパレル店のスタッフをイメージする方はたくさんいると思います。

ただ、それだけではなく、

  • デザイナー
  • メーカー
  • 商品企画
  • 販促企画

などの仕事も、アパレル系に分類されます。

教育系の仕事

教育系の仕事には数えきれないほどの種類があります。

代表的なのは、

  • 幼稚園、保育園教諭
  • 小学校教諭
  • 中学校教諭
  • 高等学校教諭

などです。

それだけではなく、養護教諭や大学教授、塾講師なども教育系の仕事に分類されます。

保安系の仕事

不正を取り締まったり、人々の安全を守ったりするのが保安系の仕事です。

具体的には、

  • 警察官
  • 消防士
  • 警備員
  • 刑務官
  • 自衛隊

などがこれに該当します。

保安系の仕事にもたくさんの種類がありますが、全ての仕事に責任感や使命感の高さが求められます。

オフィス系の仕事

オフィス系の仕事というのは、その名の通り会社内で仕事をする人たちのことを指します。

オフィス系の仕事は、

  • 営業系
  • 事務系
  • 経営、企画系

上記3つに分類できます。

法人営業や不動産営業など「○○営業」と名前の付く仕事はすべて営業系です。

事務系というのは、一般事務や医療事務など、お金の管理や書類の管理、電話対応など、経営を裏で支える仕事のことを指します。

経営、企画系の仕事には、経営者や役員、企画部スタッフなどが含まれます。

介護系の仕事

最後は、介護系です。

介護系の仕事にも、

  • 介護福祉士
  • 社会福祉士
  • 精神保健福祉士
  • ケアマネージャー
  • ホームヘルパー
  • 生活支援員

など様々な種類があり、それぞれで働く場所が変わってきます。

介護系の仕事は、高齢者の生活をサポートする仕事であり、大きなやりがいと達成感を得たいと考えている方に最適です。

特におすすめなのが、訪問介護という仕事です。

この仕事は、施設ではなく高齢者の自宅に出向いて一対一でサービスを提供しますので、大きなやりがいを得られます。

その分責任が重い仕事ですが、高齢者とコミュニケーションを取るのが好きな方や、誰かの手助けをしたいと考えている方には最適の仕事と言えますので、少しでも興味がある方は是非挑戦してみてください。

まとめ

世の中には数えきれないほどの仕事があります。

全てを理解する必要はありませんし、それは限りなく不可能に近いです。

ただ、ある程度たくさんの仕事を知っておくだけでも、将来の選択肢が広がり、自分の適職を見つけやすくなります。

これから転職を考えている方や、社会に出て間もない方は、今回紹介したことを参考にしながら世の中を支えている仕事への理解を深めていきましょう。

こちらの記事も読まれています!
『「天職」見つけられていますか?』