岡山市の登録ヘルパー求人情報分析まとめ「ゆるワーク」 » 未経験者も安心 訪問介護お仕事内容ガイド » 仕事を断れないと自分の首を絞める?!上手に仕事を断るコツは?

仕事を断れないと自分の首を絞める?!上手に仕事を断るコツは?

「○○さん、これもついでにお願い」

と何気なく他の仕事を頼まれたことがある方は、恐らくたくさんいるでしょう。

ただ、どうしても自分の仕事で手が離せず、お願いされた仕事ができないケースも多々ありますよね。

このような場合、あなたはどうしていますか?

仮に「無理をしてでも引き受ける」と答えた方は、かなり危険です。

この記事では、仕事を上手に断れないとどうなってしまうのか、仕事を上手に断るためにはどうすればいいのかということについて詳しく解説していきます。

仕事を断れないとどうなる?

では早速、仕事を上手に断れないとどうなってしまうのかということについて、詳しく見ていきましょう。

自分だけではこなせない量の仕事を押し付けられる

仕事を断れないと、自分だけではこなせない量の仕事を押し付けられる可能性が高くなります。

仕事をお願いされたとき、毎回快く承諾していると、

「この人は仕事ができるんだな」

と悪い意味で勘違いされてしまい、日に日にお願いされる仕事の量が増えていくのです。

不利な立ち位置になる

仕事を断ることができず、毎回引き受けていると、不利な立ち位置になってしまいます。

「あの人にお願いすれば何でもやってくれる」

このようなイメージが社内に浸透してしまうと、使い走りのような扱いを受ける可能性が高くなるのです。

一度このようなイメージが浸透すると、そのイメージや立ち位置を回復させるのが難しくなり、快適に仕事が行えなくなってしまうこともありますので注意しましょう。

体力的、精神的に疲弊する

仕事を断るスキルを身につけておかないと、精神的、あるいは体力的に疲弊します。

なぜなら、プライベートを充実させられなくなるからです。

場合によっては、定時で帰宅できる日が減ってしまうこともあります。

こうなれば、休日にしっかりと体を休めるしかなくなってしまうため、外出をしたり、趣味に時間を割いたりということが難しくなるのです。

このような状態になると、ワークライフバランスが実現できなくなりますので、モチベーションの低下に繋がります。

仕事を断るメリットは?

では次に、仕事を断るメリットについて詳しく見ていきましょう。

パフォーマンスを一定に保てる

仕事を上手に断れるようになると、パフォーマンスを一定に保てるようになります。

なぜなら、自分に割り当てられた仕事をしっかりとこなすだけで良くなるからです。

仕事量を一定に保つことができれば、ゴールまでの道筋を立てて計画的に作業を進められるようになりますので、スピーディに質の高い仕事が行えるようになります。

その結果、会社からの評価も高まり、昇進や昇給に繋げられるようになるのです。

ストレスが減る

仕事を上手に断れるようになると、ストレスが減ります。

仕事を断れないと悩んでいる方の中には、たくさんの仕事を押し付けられることよりも、

「この仕事もお願いね」

と言われることに対してストレスを感じている方もいます。

なぜなら、自分は仕事を断れないと自覚しているからです。

上手に断れるようになれば、仮に仕事押し付けられそうになった場合でもきっぱり断れますので、ストレスなく快適に働けるようになるのです。

仕事ができる人になれる

仕事を断れるようになると、仕事ができる人になれます。

こう聞いて、

「仕事ができる人は依頼された仕事を断らないのでは?」

と考える方もいるのですが、そういうわけではありません。

仕事ができる人というのは、自分が行える仕事量の限界を理解していますので、仕事を無理受けすることはありません。

常に自分が行える量の仕事しか抱えていないため、短時間で質の高い仕事が行えるのです。

仕事の優先順位をつけられる

仕事を断れるようになると、自分が抱えている仕事に優先順位をつけられるようになります。

なぜなら、

「これ以上仕事が増えることはない」

とわかっているからです。

仕事を断れない方の場合、いつ他の仕事が入ってくるかわかりませんので、正しい優先順位を算出することができません。

仮に優先順位をつけたとしても、他の仕事仲間からさらに優先順位の高い仕事を依頼され、パニックになってしまうのです。

仕事を上手に断るコツは?

仕事を断ると口で言うのは簡単ですが、行動に移すのはかなり難しいです。

伝え方を間違えると、大きなトラブルに発展してしまう可能性も高くなります。

断り方で悩んでいる方や、断ったことによるトラブルを恐れている方は、これから紹介するコツを実践してみてください。

まずは謝罪をする

仕事を断る時は、謝罪から入ることが大切です。

そうすることによって、相手を不快にさせずに断れるようになります。

いきなり、

「無理です」

「できません」

というと、相手から反感を買う可能性が高くなりますので注意してください。

受けられない理由を明確にする

仕事を断る時は、受けられない理由を明確にすることが大切です。

例えば、

「この仕事を〇日までに仕上げなければならなくて、今はできそうもありません」

「今抱えている仕事量が多すぎて、他に手が回りません」

という感じです。

このように、なぜ受けられないのかをはっきりと伝えることによって、相手に納得してもらえるようになります。

逆に、

「無理です」

「嫌です」

と伝えてしまうと、人間関係のトラブルに発展してしまう可能性が高まりますので注意しましょう。

曖昧な返答をしない

仕事を断れない方の中には、曖昧な返答をしてしまう方もいます。

例えば、

「いや、今はちょっと難しいかもしれないです」

このような伝え方をしてしまうと、

「できるかもしれないってこと?」

と捉えられてしまうことがあり、無理やり押し付けられる可能性が高くなります。

はっきりと断ることに対して不安や恐怖心を持ってしまう気持ちはよくわかるのですが、曖昧な返答はトラブルリスクを高めますので注意してください。

全て断る必要はない

仕事を断るスキルを身につけることは大切ですが、何も全ての仕事を断る必要はありません。

というよりも、全ての仕事を断るような方は仕事仲間から信頼されなくなりますので注意しましょう。

仕事というのは、チームワークが物凄く大切で、相手が困っている時に手を差し伸べれば、自分が困っている時も協力してくれるようになります。

もちろん、自分のスケジュールや抱えている仕事量によっては断らざるを得ないケースもありますが、自分の手が空いている時は手伝ってあげることをおすすめします。

どうしても仕事を断れない場合はどうすればいい?

どうしても仕事を断れない場合や、社内で「何でもやってくれる人」という認識を持たれてしまっている場合、転職を検討するのがおすすめです。

転職をすることによって、1から自分のイメージや立ち位置を形成できるようになりますので、使い走りのようなポジションから脱却できます。

とはいえ、世の中にはたくさんの仕事がありますので、

「どの仕事に転職しようかな」

と悩んでしまっている方もたくさんいるでしょう。

そのような方は、介護職への転職がおすすめです。

特に訪問介護の場合は、利用者宅に一人で出向き、利用者に対して一対一でサービスを提供しますので、スタッフから仕事を押し付けられるということがなくなります。

同時に、大きなやりがいと達成感を得られますので、一石二鳥と言えるのです。

まとめ

社会人として上手に生きていくためには、仕事を断るスキルを身につけることが大切です。

このスキルが身についていないと、

「何でもやってくれる人」

というイメージが浸透してしまい、大量の仕事を押し付けられる可能性が高くなります。

今回紹介したコツを実践することによって、仕事を押し付けられたとしても上手に断れるようになります。

どうしても断れない場合や、既に自分のイメージが確立してしまっている場合は、無理にその会社に留まるのではなく、転職を検討してみるのがおすすめです。

こちらの記事も読まれています!
『仕事はやりがいと給料のどちらを重視すべき?』