岡山市の登録ヘルパー求人情報分析まとめ「ゆるワーク」 » 未経験者も安心 訪問介護お仕事内容ガイド » 登録ヘルパーができる掃除とは?

登録ヘルパーができる掃除とは?

登録ヘルパーの仕事には、掃除も含まれます。ただし、家の掃除すべてを代行するわけではありません。ここでは、登録ヘルパーとして行える掃除としてはいけない掃除について詳しくお伝えします。

掃除は介護ヘルパーの生活援助に含まれる

訪問介護では、身体介護はもちろん、利用者の食事の準備や衣類の洗濯、生活必需品の買い出しなどの「生活援助」が業務に含まれています。掃除は生活援助業務のひとつです。

ただし、介護ヘルパーの業務は、法律でできる範囲が決められています。掃除も同じです。利用者やその家族はその線引きが分からずに悪気なくできないことを依頼してくることもあるでしょう。ヘルパー自身が、できる業務を明確に理解しておかなければいけません。

原則として、介護ヘルパーができる掃除は、利用者が生活で利用する場所の簡易的な清掃のみです。掃除は介護ヘルパーの生活援助業務に含まれていますが、家事代行サービスのような掃除サービスではないことに注意してください。

介護ヘルパーの掃除サービスでできること・できないこと

介護サービスは、国の介護保険で運営されています。利用者の都合やヘルパーの気持ちでサービスの範囲を決められるわけではありません。サービス開始前にケアマネジャーがケアプランを作成していますので、ヘルパーはその内容の範囲で業務を行います。

介護ヘルパーができる掃除とできない掃除が決められているので、線引きをしっかりしておきましょう。ここでは、できることとできないことを紹介します。

介護ヘルパーができる掃除サービス

基本的に介護ヘルパーができるのは、利用者が日常生活で使う場所の簡易的な清掃のみです。

利用者の自室や寝室をはじめ、リビング・台所・トイレ・浴室・洗面所・玄関などの簡単な掃除ができます。

「簡単な」というのは、床を拭く、掃除機をかける程度の業務です。利用者が床掃除をできない場合、誰かが掃除をしないとホコリまみれの部屋で生活することになります。健康的な生活を維持するために必要なので、介護ヘルパーが簡単な掃除をできることになっているのです。

利用者の状況に応じて、ごみ捨てなども必要になります。

介護ヘルパーを利用しない人が普段の生活で日常的に行っている生活に必須の掃除は業務範囲ですが、日常的には行わず、月一回や年に数回など、イレギュラーに行う掃除は対象外と覚えておくと分かりやすいのではないでしょうか。

掃除機で部屋の掃除をしているときは、利用者がコードで躓かないよう注意が必要です。各家庭で掃除やごみ処理ルールが違うので、どのように行うかは事前に話し合っておきましょう。

介護ヘルパーができない掃除サービス

介護ヘルパーの掃除業務は、はあくまで利用者の生活範囲です。利用者の家族の部屋や寝室の掃除はできません。また、カビ取りや大掃除、庭の草むしり、引っ越しの準備などイレギュラーな清掃もヘルパー業務の対象外です。

庭は利用者が生活をするための場所ではありません。草むしりは介護ヘルパーでは行えません。また、窓やガスコンロの掃除も日常的に行う必要がないので、介護ヘルパーの業務範囲外です。

年末が近くなると普段できない大掃除を始めるご家庭も多いでしょう。不要なものを整理し必要ならゴミを出す、浴室や水回りのカビ取り、エアコンや換気扇の掃除、床のワックスがけなどもするかもしれません。しかし、いくら年末で大掃除が必要だと言われてもそれは利用者の家族や専門業者がやるべきであって介護ヘルパーは出来ない掃除サービスです。

国の保険で賄っているサービスである以上、生きていくために必要な最低限度の掃除のみが介護ヘルパーの対象範囲だということを知っておいてください。

介護ヘルパーが掃除を頼まれたときの対処法

介護ヘルパーにはできない掃除があることをお伝えしましたが、もし業務範囲外の掃除を頼まれたらどうすればいいでしょうか。

それが介護ヘルパーの業務範囲かどうか迷った場合は、事業所に判断を仰ぎましょう。

業務範囲外の掃除の依頼なら、規則だからできないことを丁寧に伝え、明確に断ってください。

利用者もその家族も、介護ヘルパーの業務範囲について詳しくありません。「これくらい頼んでもしてくれるだろう」と、気軽に頼んでいることがほとんどです。それに対して、単に「できません」とだけ言ってしまうと、信頼関係に影響してしまうかもしれません。

規則があること、そしてその規則がどういうものなのかについて、丁寧に説明しましょう。

頼まれた掃除が、利用者にとって必要に感じた場合、断るのが心苦しく感じてしまうヘルパーも少なくありません。そんなときは、ぜひ「自費サービス」をおすすめしてあげてください。

頼まれた掃除をできない理由は、「保険の対象外だから」です。保険を使わなければ問題ありません。

事業所によっては、介護保険範囲のサービス以外に、自費サービスを提供していることがあるので、自分が在籍する事業所に自費サービスがあればその内容を伝えましょう。もしその事業所が自費サービスを提供していない場合は、他の家事代行などのサービスがあることを伝えてください。

まとめ

介護ヘルパーの業務である「生活援助」には、掃除も含まれています。ただし、ヘルパーができる掃除は、利用者の居室やトイレなど、生活に必要な場所の簡易的な清掃だけです。規則でできないことが多いので、ルールをしっかり把握しておきましょう。規則外の掃除は、自費サービスで提供できることもあります。依頼された場合の対処方法を事業所に確認しておくといいでしょう。