岡山市の登録ヘルパー求人情報分析まとめ「ゆるワーク」 » 未経験者も安心 訪問介護お仕事内容ガイド » 働く女性必見!仕事と家事を両立するコツと注意点を紹介!

働く女性必見!仕事と家事を両立するコツと注意点を紹介!

仕事と家事の両立を目指している方はたくさんいるでしょう。

ただ、仕事と家事の両立はそう簡単なことではなく、ほとんどの方が苦戦しています。

そこでこの記事では、仕事と家事をバランスよくこなしていくためのコツや注意点について詳しく解説していきます。

仕事と家事の両立が難しい理由

まずは、仕事と家事の両立が難しい理由について詳しく見ていきましょう。

時間が限られているから

仕事と家事の両立が難しいのは、1日の時間が限られているからです。

家事と一口に言っても、

  • 掃除
  • 洗濯
  • 洗い物
  • 料理

など、様々なものがあります。

これらを全て抜かりなくこなしながら仕事をするとなると、自分の時間がほとんどなくなってしまうケースもあるのです。

また、ここに「育児」が加わると、更に仕事との両立が難しくなりますので注意しましょう。

体力にも限界があるから

家事と仕事の両立は理論的に言えば可能です。

朝早く起きて仕事に行き、夕方帰ってきてから家事全般をこなし、全て終了した段階で食事やお風呂を済ませて寝る。

これを毎日繰り返せば、仕事と家事を両立できるようになるでしょう。

ただ、人間は機械ではありませんので、このような日々が続くと体力的にも精神的にも参ってしまいます。

最悪の場合、無気力状態になってしまったり、うつ状態になってしまったりすることもあるのです。

仕事と家事を両立できない期間が続くとどうなる?

では次に、仕事と家事を両立できない期間が続くことによって起こるトラブルについて詳しく見ていきましょう。

夫婦喧嘩に発展する

仕事と家事を両立できない期間が続くと、夫婦喧嘩に発展する可能性が高くなります。

よくあるのが、食事の問題や家事の問題です。

このような喧嘩が続くと、夫婦関係に亀裂が入り、離婚のリスクが高くなりますので注意しましょう。

快適な生活を維持できなくなる

仕事と家事を両立できない期間が続くと、

  • 洗濯物が溜まる
  • 部屋が汚くなる

というような状態に陥る可能性が高く、快適な生活を維持できなくなります。

こうなれば、自分を含め家族全員の不満が高まってしまうため、家族関係に亀裂が入ったり、頻繁に夫婦喧嘩が起こったりするようになってしまうのです。

仕事と家事を両立できる人の特徴は?

では次に、仕事と家事を両立できる方の特徴について詳しく見ていきましょう。

手の抜き方を知っている

手の抜き方を知っている方は、仕事と家事を両立しやすいです。

例えば、

  • 手作り料理とお惣菜を上手に組み合わせている
  • 掃除は毎日やらない

などです。

このように、やるべきことをしっかりとこなしながら、適度に手を抜ける方は家事と育児を両立しやすいと言えます。

逆に、何事にも100点を求める完璧主義の方には兼業主婦は向いていませんので、自分の性格を理解したうえで兼業主婦になるかどうかを決めていきましょう。

ストレスとの向き合い方がうまい

ストレスとの付き合い方がうまい方も、家事と仕事を両立しやすいです。

兼業主婦として生活する場合、家事や育児に加えて「仕事」というタスクが追加されますので、ほぼ確実にストレスが増えます。

このストレスを溜め込まず、上手に発散できる方はモチベーションを維持しながら仕事と家事を両立できるようになるでしょう。

タスク整理が得意

タスク整理が好きな方も、兼業主婦に向いています。

先ほども解説したように、兼業主婦になるとやるべきことが一気に増えますので、自分のやるべきことを上手に整理して、1つずつ片付けていく必要があるのです。

タスク整理が苦手な方が兼業主婦になってしまうと、何から手を付ければ良いかわからない状態になり、頭がパンクしてしまう可能性が高くなりますので注意しましょう。

仕事と家事を両立するコツと注意点は?

では次に、仕事と家事を両立するためのコツと注意点について詳しく解説していきます。

これから社会復帰をする方、兼業主婦になる方は是非参考にしてみてください。

役割分担をする

共働きで大切なのが、役割分担です。

夫と妻で役割を分担することによって、家事や育児を抜かりなく行えるようになります。

中には、

「料理や洗濯は女性がするものだ」

と考えている古風な方もいますが、既に時代は変わっています。

夫婦で話し合い、妻が専業主婦となり、夫がお金を稼ぐという方針に決まったのであればそれでも問題ありませんが、共働きなのであれば、家事や育児も分担しなければなりません。

とはいえ、男性と女性では性格も違いますし、得意不得意も異なります。

役割分担をする際は、その後のトラブルを避けるためにも、それぞれの得意分野を加味しながら決めるようにしましょう。

健康を最優先する

仕事と家事を両立するのは物凄く大切ですが、無理をしてしまうと体を壊してしまいます。

先ほども解説したように、人間は機械ではありませんので、1日中休みなしで動き回るというのは不可能に近いです。

体を壊してしまうと、家事と仕事のどちらも行えなくなってしまいますので、健康を最優先に考えていきましょう。

一人で悩まない

この記事を見ている方の中には、

「自分が働きに出たことによって、家事が疎かになってしまった・・・」

と悩んでいる方もいるでしょう。

そのような方は、一人で悩むのではなく、できるだけ早く夫に相談してください。

先ほども解説したように、共働きなのであれば夫も家事や育児に参加するべきです。

働きに出ている妻が、一人で抱える問題ではありませんので、夫婦で相談しながら解決策を見つけていきましょう。

無駄な時間を省く

仕事と家事を両立するためには、無駄な時間を徹底的に省くことが大切です。

例えば、

  • ぼーっとしている時間
  • スマホをいじっているだけの時間

などです。

このような無駄な時間を削ることによって、限られた時間の中で家事をこなせるようになりますので、結果として仕事と家事を両立しやすくなります。

ただし、時にはぼーっとしたり、何も考えずにネットサーフィンをしたりということも大切になりますので、あまり自分を追い詰めないようにしましょう。

家事に完璧を求めない

家事と仕事を両立するためには、完璧主義を捨てる必要があります。

家事に完璧を求めてしまうと、1つ1つに時間がかかりすぎてしまい、限られた時間の中で全ての家事を終わらせられなくなってしまう可能性が高くなるのです。

兼業主婦として生活をするのであれば、

「これくらいで十分だろう」

「今日はいいや」

という楽観的な考え方も大切になります。

完璧主義を捨てられないまま兼業主婦になると、心の病を発症してしまう可能性が高くなりますので注意しましょう。

仕事と家事を両立しやすい仕事に転職をする

仕事と家事を両立するためには、仕事選びや雇用形態の選択を慎重に行うことが大切です。

残業が多い仕事や、朝が早い仕事を選んでしまうと、それだけで家事と仕事の両立が一気に難しくなります。

また、正社員として転職をした場合、基本的には8時間拘束されることになりますので、家事と仕事の両立がかなり難しくなるでしょう。

仕事と家事をバランスよくこなしていきたいと考えている方は、非正規雇用も視野に入れて検討していくことが大切です。

社会復帰を検討している主婦の方には、介護業界への転職を強くおすすめします。

特に訪問介護業界には「登録ヘルパー」という独自の雇用形態があり、この雇用形態を選択することによって、働く曜日や時間に融通が利くようになるのです。

また、介護という責任重大な仕事を通して大きなやりがいと充実感を得られるようになりますので、社会的な成功を目標にしている方にも最適の仕事と言えます。

介護職や訪問介護、登録ヘルパーに興味を持っている方は、こちらの記事も併せてチェックしてみてください。

登録ヘルパーの福利厚生分析

主婦と登録ヘルパーのかけもちの
『メリット・デメリット』

まとめ

仕事と家事の両立は、思っている以上に難しいです。

これを妻の努力だけで行おうとすると、ほぼ確実に失敗します。

仕事と家事を両立するためには、夫婦でしっかりと話し合い、協力していくことが大切です。

これから兼業主婦になる方、あるいは既に社会復帰をしている方は、今回紹介したことを参考にしながら、仕事と家事を両立するための知識とコツを習得していきましょう。

こちらの記事も読まれています!
『女性のキャリアプランの考え方は?』