岡山市の登録ヘルパー求人情報分析まとめ「ゆるワーク」 » 未経験者も安心 訪問介護お仕事内容ガイド » ホスピタリティ精神って一体何?身につけるメリットと鍛え方を紹介!

ホスピタリティ精神って一体何?身につけるメリットと鍛え方を紹介!

ホスピタリティ精神というのは、人生の様々な場面で活かせるスキルです。

とはいえ、

「ホスピタリティ精神って一体何?」

「どうやって身につければいいの?」

という疑問を抱えている方もたくさんいるでしょう。

そこでこの記事では、ホスピタリティ精神とは何か、身につけるメリットは何か、どうすれば身につけられるのかということについて詳しく解説していきます。

ホスピタリティ精神とは?

ホスピタリティには、

  • 思いやり
  • 心のこもったおもてなし
  • 歓待
  • 厚遇

という意味があります。

このように、ホスピタリティには様々な意味があり、その時々で解釈が異なります。

簡単に言ってしまうと、相手に喜んでもらうため、幸せな気持ちになってもらうために心からおもてなしをする精神のことを「ホスピタリティ精神」と呼ぶのです。

ホスピタリティ精神を身につけるメリットは?

では次に、ホスピタリティ精神を身につけるメリットについて詳しく見ていきましょう。

仕事ができる人間になる

ホスピタリティ精神を身につけることができれば、仕事ができる人間になれます。

なぜなら、相手が求めているものを提供できるようになるからです。

全ての仕事は、誰かの悩みや不安、課題を解消するためにあります。

ホスピタリティ精神を身につけることによって、相手が喜ぶこと、相手が求めていることをしっかりと考えられるようになりますので、質の高いサービスを提供できるようになるのです。

人を喜ばせられるようになる

冒頭でも解説したように、ホスピタリティ精神は仕事以外でも活かせます。

ホスピタリティ精神を身につけることによって、

  • 友人
  • 恋人
  • 家族

のことを真剣に考えて行動できるようになります。

そうすることによって、自分の行動や言動で相手を喜ばせられるようになりますので、自然と自分の周りに人が集まってくるようになるのです。

こうなれば、相手も幸せな気持ちになれますし、自分も心が満たされますよね。

ホスピタリティ精神を身につけることによって、自分だけではなく、自分が大切にしている方たちも幸せにできるのです。

ホスピタリティ精神がないとどうなる?

では次に、ホスピタリティ精神がないとどうなってしまうのかということについて、詳しく見ていきましょう。

周りから人がいなくなる

ホスピタリティ精神がないと、周りから人がいなくなります。

なぜなら、相手のことを思った言動、行動ができなくなるからです。

例えば、

  • 悪気なく相手を傷つける言葉を放ってしまう
  • 相手のことを一切褒めない
  • 自分勝手に行動してしまう

などです。

このようなことを繰り返していると、少しずつ自分から人が離れていき、気づいた時には誰もいなくなってしまうのです。

幸せを感じられなくなる

ホスピタリティ精神と聞いて、

「人を幸せにするための考え方でしょ?」

と感じる方もいるでしょう。

もちろん、この考え方も間違ってはいないのですが、人を幸せにする、あるいは喜ばせることができれば、自分も幸せな気持ちになれます。

つまり、ホスピタリティ精神をみにつけることによって、自他ともに幸せな状態を作れるようになるのです。

ホスピタリティ精神が身についていないと、相手を幸せな気持ちにすることができなくなり、結果として自分も幸せを感じられなくなってしまいます。

ホスピタリティ精神を身につけるコツは?

では次に、ホスピタリティ精神を身につけるコツについて、詳しく見ていきましょう。

常に笑顔を意識する

ホスピタリティ精神を身につけるためには、常に笑顔でいることが大切です。

笑顔を向けられて嫌な気持ちになる人は恐らく一人もいません。

笑顔というのは、日常生活においても仕事においてもかなり重要です。

いつもしかめっ面をしている人と、常に笑顔の人では、後者の方が親近感が湧きますよね。

笑顔を意識するというのは誰でも簡単に行えることですので、今日から意識して生活していきましょう。

挨拶を徹底する

ホスピタリティ精神を身につけるためには、挨拶を徹底することが大切です。

人を喜ばせる、人を幸せにすると聞いて難しく考えてしまう方はたくさんいるのですが、気持ちの良い挨拶だけでも相手を幸せな気持ちにさせられます。

挨拶も、笑顔同様誰でも実践できることであり、少し意識するだけで誰でも身につけられるものですので、ホスピタリティ精神を身につけたいと考えている方は、いつもより大きな声で明るく挨拶をしてみてください。

損得抜きで考える

損得抜きで考えるというのも、ホスピタリティ精神を身につけるうえでは重要です。

そうはいっても、人間誰しも自分が一番大切であり、最終的には損得やメリット、デメリットで動いてしまうこともあります。

ただ、この無意識的な行動を抑えて、損得抜きで考えることによって、本物のホスピタリティ精神を身につけられるようになるのです。

例えば、誰かが困っている時に、

「助けたら何か良いことがあるかな?」

と考える方もいると思いますが、ホスピタリティ精神を身につけたいと考えているのであれば迷わず助けましょう。

損得抜きで考えられる方、相手に手を差し伸べられる方というのは、周りにも損得勘定を考えない素敵な仲間が集まります。

その結果、自分と自分の周りを幸せにできるようになるのです。

喜んでもらえる方法を考える

ホスピタリティ精神を身につけるためには、喜んでもらえる方法を考えることが大切です。

喜んでもらえる方法を考えると聞くと簡単なように思えますが、相手の気持ちを考えたり、相手が求めているものを推測したりと、かなり高いスキルが必要になります。

日常生活の中で、常に相手が喜ぶことを考えていると、それが自分の中での当たり前になりますので、自然とホスピタリティ精神が身についてくるのです。

相手の嫌な所ではなく良い所を見つける

相手の嫌な所ではなく、良い所を見つけるのも大切です。

世の中には様々な人がいます。

自分との相性が良い人もいれば、悪い人もいるでしょう。

相性が良い相手とは自然と仲良くなれますし、相手のことを思いやった言動、行動ができますのでそこまで心配する必要はありません。

問題は、相性が悪い相手との付き合い方です。

相性が悪い相手と接すると、どうしても嫌な所ばかりに目が行ってしまいます。

ただ、そのままでは相手に対して思いやりのある行動や言動ができません。

相性が悪い相手と接する場合は、嫌な部分ではなく、相手の良い部分に目を向けてみましょう。

そうすることによって、相手のことがだんだん好きになり、思いやりのある言動や行動をとれるようになるのです。

聞き手に回る

相手の話を聞くということも、ホスピタリティ精神の重要な要素です。

人は自分の話を聞いてくれる相手に好感を持ち、自分の話を聞いてくれたことに対して幸せを感じるようになります。

ホスピタリティ精神を身につけたいと考えている方の中には、

「相手に何かをしてあげなければ」

と考える方もいるのですが、相槌を打ちながら、笑顔で相手の話を聞くだけでも十分ですので、日常生活の中で是非実践してみてください。

ホスピタリティ精神が生きる仕事とは?

ホスピタリティ精神というのは、人生における様々な場面で役立ちます。

当然仕事にもこの考え方を活かせます。

全ての仕事にホスピタリティ精神が役立つのですが、中でも一際ホスピタリティ精神が必要なのが「介護職」です。

介護職は高齢者の生活をサポートする仕事であり、高齢者の考えていることや求めていることを正しく理解したうえで、相手を喜ばせられるようなサービスを提供しなければなりません。

逆に言えば、ホスピタリティ精神が一切ない方に介護職は務まらないということです。

中には、

  • 介護職=誰でもできる

と考えている方もいますが、それは大きな間違いです。

介護の仕事で求められるのは、まさしく「ホスピタリティ精神」です。

ホスピタリティ精神さえあれば、他の知識や技術は後から身についてきますので、少しでも介護職に興味を持っている方は思い切って挑戦してみることをおすすめします。

まとめ

ホスピタリティ精神というのは、心からおもてなしをする精神のことを指します。

ホスピタリティ精神は人生の様々な場面で活かすことができ、正しい考え方を身につけられれば、自他ともに幸せな状態になれます。

中には、

「ホスピタリティ精神を身につけるのは難しそうだな」

と考える方もいますが、挨拶や笑顔、傾聴力などちょっとした工夫と努力で身につけられますので、ホスピタリティ精神を鍛えたいと考えている方は、是非今回紹介したことを参考にしながら生活してみてください。

こちらの記事も読まれています!
『有料老人ホームで働きたい!種類や仕事内容を徹底解説!』