岡山市の登録ヘルパー求人情報分析まとめ「ゆるワーク」 » 未経験者も安心 訪問介護お仕事内容ガイド » 高齢者との接し方にはコツがある?気を付けるべきポイントを3つ紹介!

高齢者との接し方にはコツがある?気を付けるべきポイントを3つ紹介!

親の介護を行っている方や、介護職に従事している方の中には、

「高齢者との正しい接し方ってあるのかな?」

という疑問を抱えている方もいるでしょう。

そこでこの記事では、高齢者を不快にさせず、尚且つスムーズに意思疎通を図るためのコミュニケーション術について詳しく解説していきます。

高齢者との正しい接し方

では早速、高齢者との正しい接し方について詳しく見ていきましょう。

以下で紹介するポイントを理解することによって、これまで以上にスムーズに高齢者と意思疎通が行えるようになります。

敬意を払う

高齢者と接する時は、敬意を払うことが大切です。

中には、

  • ため口を使う
  • 子ども扱いする

というような方もいますが、高齢者は子どもではありません。

もっと言えば、介護者よりもはるかに長く生きていて、人生経験も豊富です。

言ってしまえば、高齢者は人生の大先輩に当たるのです。

このような方に対して、ため口を使ったり、子ども扱いしたりするのは失礼以外の何物でもありません。

体力や言語力などは衰えてしまっているかもしれませんが、自分たちよりもはるかに多くの経験を積んでいることには違いありませんので、どんな時でも敬意を持って接するようにしましょう。

目線を合わせる

高齢者は足腰が弱くなっているケースも多く、立っていることよりも座っていることの方が多くなります。

このような方と会話をするときは、必ず高齢者の目線に合わせるようにしましょう。

立ったままコミュニケーションを取ろうとすると、威圧感が出てしまい、高齢者が不安になってしまう可能性が高くなります。

中腰になったり、膝をついたりして目線を合わせることによって、高齢者の不安や緊張を軽減できるようになりますので、スムーズにコミュニケーションを取れるようになるのです。

ゆっくり話す

基本的なことですが、高齢者と話す時は「とにかくゆっくり話す」ようにしましょう。

高齢者の中には、耳が遠くなっている方もいますし、言葉を理解する能力やスピードが低下してしまっているケースもあります。

このような高齢者に、通常のスピードで話してしまうと、言いたいことがうまく伝わらなくなってしまう可能性が高くなるのです。

トーンを低くする

高齢者の介護を行っている方の中には、

「大きな声で話しているのに聞き返されることが多い」

と悩んでいる方もいるでしょう。

このような悩みを抱えている方は、普段よりも少し低めのトーンで話すようにしましょう。

というのも、60代以上になると高い周波数の音が聞こえにくくなるのです。

「声を低くするよりも、もっと大きな声で話した方が良い」

と考える方もいますが、高齢者は全ての音が聞こえないというわけではなく、耳元で極端に大きな声を出されるとストレスを感じてしまいます。

できるだけ声のボリュームを上げず、はっきりと言いたいことを伝えるためには、トーンを低くするということが大切になるのです。

否定しない

高齢者と接する時は、自尊心を傷つけないように配慮する必要があります。

高齢者になると、体力的な衰えによってできないことが増えてきます。

我々にとって当たり前のことが、高齢者にとっては難しくなってしまうケースもあるのです。

このような場合でも、介護者は決して叱ったり、責めたり、否定したりしてはいけません。

当たり前のことができなくなっているというのは、高齢者自身が一番よく分かっていることですので、その部分を否定してしまうと、

「自分はこんなこともできなくなったんだ・・・」

とネガティブな気持ちになってしまうのです。

このような落ち込んだ気持ちを回復させるのも介護者の仕事であり、重要な役割の1つですので、明るく元気になれるような言葉をかけるようにしましょう。

笑顔を忘れない

こちらもかなり基本的なことですが、高齢者と接する時は笑顔を忘れてはいけません。

高齢者の介護というのは思っているよりも大変で、スムーズに進まないこともあります。

場合によっては、イライラしたり、不満が蓄積したりすることもあるでしょう。

このような気持ちを態度に出してしまうと、高齢者が委縮してしまいます。

介護現場において、高齢者を委縮させるというのは言語道断です。

何があっても笑顔で接する。

これが介護の基本となりますので、是非覚えておいてください。

ジェスチャーを上手に使う

高齢者になると、言葉を聞き取る能力や理解する能力が低下します。

難しい言葉を使ったり、早口で話したりすると、高齢者と円滑なコミュニケーションが取れなくなってしまうこともあります。

高齢者と意思疎通を図るためには、言葉だけではなく、所々にジェスチャーを交えることが大切です。

そうすることによって、視覚を使って情報を伝えられるようになりますので、スムーズにコミュニケーションを取りやすくなるのです。

高齢者との接し方で注意すべきポイント

では次に、高齢者との接し方で注意すべきポイントについて詳しく解説していきます。

沈黙を恐れない

高齢者とのコミュニケーションにおいて、沈黙を極端に恐れてしまう方もいます。

高齢者に限らず、自分と会話をしている相手が沈黙したり、何も話さない時間が生まれると気まずさを感じてしまいますよね。

ただ、高齢者が沈黙している時は、

  • 何かを考えている
  • 自分の中で言いたいことを整理している
それを邪魔してしまうと、高齢者の考える力を回復させられなくなってしまうのです。

自己開示も大切

高齢者とスムーズにコミュニケーションを取るためには、自己開示を行うことが大切です。

特に、高齢者と自分の関係が「他人」である場合、高齢者が恥ずかしがってしまうケースもあります。

このような時に、介護者が自分の話をすることによって、お互いの間にある壁を取り払えるようになりますので、心を開いてくれる可能性が高くなるのです。

高齢者の性格に合わせて接し方を変える

高齢者の性格に合わせて接し方を変えるということもかなり大切です。

例えば、お話が好きな高齢者と接する場合は、自分はとことん聞く側に徹する必要があります。

逆に、寡黙なタイプの高齢者には、適度に自己開示をしてお互いの心を通じ合わせることが大切です。

相手の性格やタイプを見ながら接し方を変えていかないと、高齢者にストレスを与えてしまう可能性が高くなりますので注意してください。

高齢者との接し方をマスターするメリットは?

では最後に、高齢者との接し方をマスターするメリットについて詳しく見ていきましょう。

親の介護にも役立つ

高齢者との接し方をマスターしておくことによって、自分の親の介護にも役立てられるようになります。

介護は思っているよりも難しく、正しい知識を身につけておかないと、自分自身がイライラしてしまったり、高齢者にストレスを与えてしまったりする可能性が高くなります。

事前に正しい知識を身につけておくことによって、双方が快適にコミュニケーションを取れるようになり、介護を心から楽しめるようになるのです。

1つのスキルになる

高齢者との接し方というのは、人生における大きなスキル、武器になります。

正しい知識とスキルをマスターすることができれば、その能力を使ってお金を稼げるようにもなるのです。

このスキルを活かせる代表的な仕事は「介護職」です。

この記事を見ている方の中には、既に介護職員として働いている方もたくさんいると思いますが、中には、

「介護職に興味はあるけど、挑戦できずにいる」

という方もいるでしょう。

高齢者との接し方を覚えておけば、転職直後からスムーズ且つ快適に仕事が行えるようになりますので、興味がある方は是非「介護職」への転職を検討してみてください。

まとめ

高齢者と接する際は、正しい知識とスキルを身につけておくことが大切です。

今回紹介した接し方や注意点というのは、かなり基本的なことですが、できていない方もかなり多くいます。

高齢者との接し方を覚えておくことによって、

  • 親の介護
  • 介護職への転職

などで役立てられるようになりますので、今回紹介した内容をもう一度おさらいして、自分の知識やスキルとして定着させていきましょう。

こちらの記事も読まれています!
『高齢者と一緒に楽しめるレクリエーション9選!』