岡山市の登録ヘルパー求人情報分析まとめ「ゆるワーク」 » 未経験者も安心 訪問介護お仕事内容ガイド » 主婦=楽は大間違い!世の中の主婦が抱えがちなストレスとその対処法

主婦=楽は大間違い!世の中の主婦が抱えがちなストレスとその対処法

主婦として生活をしている方の中で、

「主婦は楽でいいよな」

と言われた経験がある方はいませんか?

主婦業を経験したことがない方からこのような何気ない一言を浴びせられるとかなり傷つきますよね。

主婦には主婦にしかわからない辛さやストレスがあり、決して楽な仕事ではありません。

そこでこの記事では、世の中の主婦が抱えがちなストレスと、その対処法について詳しく解説していきます。

世の中の主婦が抱えがちなストレスとは?

では早速、世の中の主婦が抱えがちな代表的なストレスをいくつか紹介していきます。

当てはまる項目がいくつあるか確認しながら読み進めてみてください。

やることが多すぎる

冒頭でも解説したように、主婦は決して楽な仕事ではありません。

基本的には自宅にいるため、一見楽そうだなと思いがちですが、

  • 掃除
  • 洗濯
  • 料理
  • 庭の手入れ
  • 子育て
  • 買い物

など、やるべきことがたくさんあります。

これらを限られた時間の中で行う必要がありますので、体力的にも精神的にもかなり大変です。

実際に、

「やることを終えたら夜だった」

と悩んでいる方もたくさんいます。

誰からも褒められない

会社員は仕事を頑張れば上司をはじめとする仕事仲間から褒めてもらえますし、仮に褒めてもらえなかったとしても、月末になれば「給料」という形で頑張りが報われます。

ただ、主婦の場合は「やって当たり前」という認識が定着しているため、褒められることもほとんどありませんし、給料が振り込まれるわけでもありません。

家族からは褒めてもらえるかもしれませんが、第三者からの称賛を得られないため、モチベーションの維持がかなり難しいです。

にもかかわらず、毎日やるべきことをしっかりと行わないと、

「主婦なんだからそれくらいやれ」

と言われてしまうわけです。

このようなことも、主婦がストレスを感じる原因の1つと言えます。

話し相手がいない

話し相手がいないというのも、主婦の悩み、ストレスの原因です。

主婦の主戦場は基本的に「自宅」ですので、他者とのかかわりが減る傾向にあります。

子どもがいる場合は、子どもとコミュニケーションを取れるかもしれませんが、大人との繋がりはかなり少なくなるでしょう。

子どもがいない場合、自分一人で黙々とやるべきことをこなす必要がありますので、孤独を感じるケースもあります。

会社員として働いている方から、

「一人は気楽でいいな」

「ストレスがなさそうだな」

と言われるケースもありますが、一人の時間が長すぎると、それはそれでストレスの原因になってしまうのです。

とにかく暇

主婦にはやるべきことがたくさんありますが、主婦力が向上してくると、やるべき作業を効率的にこなせるようになります。

そうなれば、休憩時間や趣味に充てる時間を作れるようになるのですが、このような時間があまりにも長すぎると、

「暇だな・・・」

となってしまいます。

暇疲れという言葉があるように、暇すぎても心身ともに疲弊してしまいます。

最悪の場合、モチベーションや自己肯定感の低下からうつ病になってしまうこともありますので注意してください。

毎日同じことの繰り返し

主婦は毎日同じことの繰り返しです。

会社員の場合は、

「今日は打ち合わせ」

「今日は外回り」

「今日は事務作業」

と、毎日違う業務を行えるケースもありますが、主婦の場合は掃除や洗い物、料理や洗濯などやるべきことが毎日同じになります。

このようなことから、日常生活における刺激を得られなくなり、ストレスを抱えてしまう可能性が高くなるのです。

主婦がストレスを放置するとどうなる?

主婦として生活している方の中には、ストレスを溜めこんでしまっている方もいると思いますが、これはかなり危険です。

以下、主婦がストレスを溜めこむデメリットについて詳しく見ていきましょう。

夫婦関係に亀裂が入る

主婦が日常のストレスを溜めこむと、夫婦関係に亀裂が入る可能性が高くなります。

なぜなら、溜め込んだストレスを夫にぶつけてしまう可能性が高くなるからです。

このような状態になると、夫は夫で仕事におけるストレスを抱えていますから、

「俺だって会社で色々あるんだよ!」

「お前より大変な思いをしているんだ!」

というような口論に発展してしまう可能性が高くなります。

モチベーションが下がる

主婦に限らず、人間はストレスを溜め込める作りにはなっていません。

一定のラインを超えてしまうと、ストレスが原因でモチベーションが下がり、精神に異常をきたしてしまう可能性が高くなるのです。

場合によっては、うつ病を発症してしまい、全てのことに対してやる気が出なくなってしまうケースもありますので注意しましょう。

主婦が抱えがちなストレスを解消するコツは?

では最後に、主婦が抱えがちなストレスを上手に解消するコツについて詳しく解説していきます。

夫に相談する

主婦のストレスを解消するためには、夫婦でのコミュニケーションが物凄く大切になります。

お互いがお互いの大変さを理解し、ねぎらいあって生活をしていけばストレスが溜まることはありません。

むしろ、夫から褒めてもらえたり、認めてもらえたりする可能性が高くなりますので、モチベーションの維持や向上に繋がるケースもあるのです。

一人で抱え込んでしまうと、自分で自分の首を絞めることになりますので、早い段階で相談しておきましょう。

趣味を作る

趣味を作ることによって、日常生活におけるストレスを発散しやすくなります。

1つでも趣味があれば、自由な時間を使ってストレス発散ができますので、安定した精神状態を維持しやすくなります。

趣味と聞いて難しく考えてしまう方もいると思いますが、

  • 映画鑑賞
  • 読書
  • 観葉植物を育てる

など、何でも構いません。

熱中できることを1つ見つけるだけでも、ストレスが大幅に軽減されますので、趣味がないと悩んでいる方は是非探してみてください。

友人に相談する

主婦として生活している友人がいる場合は、相談してみるのもおすすめです。

同じ境遇の友人に相談することによって、何らかのアドバイスや慰めを貰える可能性が高くなります。

ただし、主婦以外の友人には相談しない方が良いです。

主婦以外の友人は、主婦の気持ちがわからない可能性が高く、悪気なく心をえぐるような言葉を投げかけてくることがあります。

主婦の気持ちは主婦にしかわかりませんので、相談する相手は慎重に選ぶようにしましょう。

運動を始める

ストレスの発散には、運動が最適です。

ジョギングや軽い筋トレなどを行うことによって、溜まったストレスを発散できるようにもなりますし、健康的な体を維持できるようになりますので一石二鳥と言えます。

運動はお金をかけずに行えるものですので、かなりコスパが良いです。

日常生活におけるストレスが溜まっている方や、運動不足を実感している方は、これを機に運動を始めてみることをおすすめします。

自分で自分のことを褒める

先ほども解説したように、主婦は誰からも褒められないことが多く、自己肯定感が下がりやすいです。

自己肯定感が下がると、精神状態が不安定になりますので、何としてもこの状態を食い止めなければなりません。

そんな時に大切なのが、自分で自分を褒めるということです。

そうすることによって、自尊心や自己肯定感を維持できるようになりますので、安定した気持ちで生活できるようになります。

自分にご褒美を与える

自分にご褒美を与えるというのも1つの方法です。

例えば、

「家事が終わったら甘いものを食べる」

「洗い物と洗濯が終わったら好きなアニメを見る」

などです。

このように、自分に対してご褒美を設定することによってモチベーションを維持できるようになりますので、毎日楽しく生活できる可能性が高くなります。

仕事を始める

どうしても主婦業のストレスを解消できない場合は、専業主婦という生き方が向いていない可能性もあります。

そのような場合は、仕事を始めてみるのがおすすめです。

ただ、家事や育児と仕事を両立するためには、挑戦する仕事や雇用形態を慎重に選んでいかなければなりません。

「家事や育児を疎かにせず、仕事も楽しみたい」

と考えている方には、介護職がおすすめです。

特におすすめなのは、訪問介護です。

訪問介護には「登録ヘルパー」という独自の雇用形態があり、働く時間をある程度自由に設定できます。

また、利用者宅に出向いて一対一でサービスを提供しますので、大きなやりがいと充実感を得られます。

訪問介護を含む介護業界は近年需要を伸ばしていて、転職の難易度も下がっていますので、興味がある方は是非挑戦してみてください。

主婦と登録ヘルパーのかけもち!
メリット・デメリットって?

まとめ

主婦には主婦にしかわからない辛さがあります。

このような辛さ、大変さが原因でストレスを抱えてしまっている方もたくさんいるはずです。

ただ、日常生活におけるストレスを溜め込むと、精神に異常をきたす可能性が高くなりますので、今回紹介したことを参考にしながら上手に発散していきましょう。

自分に合ったストレス発散方法をできるだけ早く見つけることで、毎日を楽しく、快適に過ごせるようになります。

こちらの記事も読まれています!
『女性でも未経験職種に転職できる?』