岡山市の登録ヘルパー求人情報分析まとめ「ゆるワーク」 » 未経験者も安心 訪問介護お仕事内容ガイド » 介護転職で給与交渉はできる?給与交渉のコツや注意点を紹介!

介護転職で給与交渉はできる?給与交渉のコツや注意点を紹介!

介護転職を検討している方の中には、

「給与交渉ってできるの?」

という疑問を抱えている方もたくさんいるでしょう。

そこでこの記事では、介護転職時に給与交渉はできるのか、給与交渉をするメリットやデメリットは何か、給与交渉を成功させるコツはあるのかということについて詳しく解説していきます。

介護転職で給与交渉はできるの?

結論から言ってしまうと、給与交渉は業種や業態に関わらず、全ての仕事で行えます。

給与交渉のタイミングについても特に決まりはなく、面接時でも、勤務開始後でも問題ありません。

中には、

「なんだか悪い気がして給与交渉をしていない」

という方もいるのですが、給与交渉というのは労働者に与えられた権利ですので、積極的に行っていきましょう。

介護転職で給与交渉をするメリット、デメリット

では次に、介護転職で給与交渉をするメリットとデメリットについて、詳しく見ていきましょう。

メリット

介護転職で給与交渉をするメリットは、給与アップに期待できるということです。

ご存じの方も多いと思いますが、介護業界は比較的給与水準が低くなっています。

需要の増加に伴い、少しずつ給与水準は改善されているものの、まだまだ一般企業と比べると少ないです。

給与交渉をすることによって、満足できる水準まで給与を引き上げられる可能性があります。

デメリット

給与交渉をするデメリットは、やり方を間違えるとネガティブな印象を与えてしまうということです。

中には、タイミングを間違えたり、切り出し方を間違えたりする方もいるのですが、これをやってしまうと面接官からの印象が悪くなり、最悪の場合不採用になってしまいます。

特に気を付けるべきなのが、しつこい交渉です。

採用されていない段階でしつこく給与交渉をすると、採用される可能性がグッと下がってしまいますので注意しましょう。

介護転職で給与交渉を成功させるコツ

では次に、介護転職で給与交渉を成功させるためのコツについて、詳しく解説していきます。

ホームヘルパーの給料はどれくらい?
収入アップのコツってある?

必ず面接時に交渉する

給与交渉をしたことがないという方の中には、

「どのタイミングで切り出せばいいの?」

と悩んでいる方もいるでしょう。

先ほども解説したように、給与交渉は基本的にどのタイミングでも行えるのですが、より効果的なのは面接時です。

面接時は、まだ雇用契約が締結されておらず、当然内容も決まっていません。

面接時に給与交渉を行い、無事に成功させることができれば、求人サイトに記載されている金額よりも高い給与で働けるようになるのです。

中には、内定が決まり、雇用契約書を結んだ後に交渉をしてしまう方もいるのですが、これだと成功する確率が下がってしまいますので注意してください。

希望する年収に対する根拠を用意する

給与交渉をする時は、必ず希望する年収とその根拠を伝えるようにしましょう。

中には、

「年収〇万円を希望します」

「月収を〇万円上げてください」

としか伝えない方もいます。

これだと、事業所側が、

「なぜ?」

「うちのメリットは?」

という状態になります。

給与交渉を成功させるためには、相手を納得させることが大切ですので、給与を引き上げるべき理由やメリットを明確に伝えるようにしてください。

「絶対ではない」ということを伝える

給与交渉の成功確率を高めるためには、心理テクニックを活用することが大切です。

我々人間は、

「絶対にこうしてくれ」

と言われると断りたくなる生き物です。

なぜなら、自分の意志や考えで判断ができないからです。

転職時の面接で、

「この金額でなければ働けません」

「この金額まで上げてください」

と一方的に伝えてしまうと、不採用になる可能性が高くなります。

給与交渉を成功させたいと考えている方は、

「絶対ではない」

「あくまでもこちらの希望」

という内容のセリフを必ず盛り込んで交渉するようにしましょう。

駆け引きをする

「気になる事業所があるが、提示されている金額ではとても働けない」

という場合、駆け引きをしてみるのもおすすめです。

例えば、

  • 他事業所からもオファーが来ていて迷っている
  • 他にも気になっている転職先がある

などです。

このように、駆け引きをすることによって、事業所側から給与を上げると言ってもらえる可能性が高くなります。

ただ、この方法にはリスクもあり、自分自身に価値がなければ、事業所側に給与を上げると言ってもらうことはできません。

介護業界未経験者や、知識やスキルがない方がこのような駆け引きをすると、

「それならどうぞ、他を当たってください」

という状況に陥ってしまう可能性もありますので注意しましょう。

給与ではなく福利厚生の交渉をする

会話をしていく中で、

「給与交渉は難しそうだな」

と感じた場合は、給与交渉から福利厚生の交渉に切り替えて話を進めていきましょう。

例えば、給与を上げる代わりに家賃補助を増やす、資格手当を増やすなどです。

この交渉が成功すれば、月収や年収アップには繋がりませんが、他の恩恵を受けられることになりますので、得した気分になれます。

介護転職で給与交渉をする時の注意点

では最後に、介護転職で給与交渉をするときの注意点について、詳しく見ていきましょう。

スキルや知識が伴っていなければ成功しない

給与交渉というのは、その業界や業種に役立つスキルや知識、経験や資格を持っている方が行えることです。

給与交渉は基本的に誰でもできますが、未経験者や経験が浅い初心者が交渉をしても、成功する可能性は極めて低いと言えます。

介護業界は人手不足に陥っているため、経験が伴っていなくても多少であれば給与を上乗せしてくれるかもしれませんが、大幅な値上げは期待できませんので注意してください。

また、先ほども解説したように、スキルや知識が伴っていない状態で強気の給与交渉をすると、

「他に行ってください」

と言われる可能性が高くなりますので、慎重に行うようにしましょう。

介護職は未経験でも挑戦できる?

逆に今よりも年収が下がることもある

一般企業に勤めている方が介護業界に転職をする場合、仮に給与交渉に成功したとしても、今より年収が下がってしまうケースがあります。

近年、少しずつ介護事業者の給料が改善されていますが、他の企業に比べるとまだまだ低水準となっていますので、

「稼げる金額を最重要視したい」

と考えている方は注意が必要です。

しつこく交渉しない

先ほども解説したように、しつこく給与交渉をするのはNGです。

中には、

「今給与を上げてもらえなかったら、このままずっとこの給与で働くことになる」

と焦ってしまっている方もいますが、そういうわけではありません。

仮に面接での給与交渉に失敗したとしても、転職後にスキルや知識を身につけて、再度交渉をすることによって月収や年収アップに期待できるようになるのです。

面接の段階でしつこく交渉すると、面接官からネガティブなイメージを持たれる可能性が高まり、最悪の場合不採用になってしまうこともありますので注意しましょう。

まとめ

介護転職を行う際は、面接時に給与交渉を行ってみるのがおすすめです。

既にある程度の知識と経験、スキルを持っている方の場合、意外とあっさり給与を上げてもらえるケースもあります。

ただ、給与交渉のテクニックやコツを覚えておかないと、給与アップに繋げられなくなるだけでなく、不採用になってしまう可能性が高くなりますので注意してください。

これから介護転職を行う方、介護事業所との面接を控えている方は、今回紹介したことを参考にしながら、慎重に給与交渉を行っていきましょう。