岡山市の登録ヘルパー求人情報分析まとめ「ゆるワーク」 » 未経験者も安心 訪問介護お仕事内容ガイド » 介護士がワークライフバランスを実現する方法とは?

介護士がワークライフバランスを実現する方法とは?

仕事とプライベートのバランスが取れた状態のことを、ワークライフバランスと呼びます。

介護士として働いている方の中にも、

「ワークライフバランスを実現したい」

「もっとプライベートを充実させたい」

そう考えている方がたくさんいるでしょう。

そこでこの記事では、介護士がワークライフバランスを実現するための方法について、詳しく解説していきます。

そもそもワークライフバランスとは一体何?

冒頭でも解説したように、ワークライフバランスとは、仕事とプライベートのバランスが取れた状態のことを指します。

仕事とプライベートのバランスを取るというのは非常に難しいのですが、どちらかに偏ってしまうと、日常生活における充実度や幸福度が下がってしまい、モチベーションが下がってしまうのです。

ワークライフバランスを実現することによって、仕事も楽しみながら行えるようになりますし、プライベートの時間もしっかりと確保できるようになりますので、人生における充実度を高めやすくなります。

ワークライフバランスを実現できていない介護士は意外と多い?理由は?

介護士として働いている方のほとんどは、今紹介したワークライフバランスを実現できていません。

以下、その理由について詳しく見ていきましょう。

人手不足の業界だから

介護業界というのは、慢性的な人手不足に陥っています。

現在は、国を挙げて人手不足の解消に向けた努力をしていることから、一昔前よりは人材を確保できていますが、それでもまだ十分とは言えません。

それぞれの施設がギリギリの状態で運営をしているため、介護士一人ひとりのプライベートを確保するのが難しいのです。

生活リズムが不規則になることもあるから

介護業界には様々な施設、サービスがあります。

中には、夜勤がある施設も存在しているのですが、このような施設で働いている場合、生活リズムが不規則になるケースが多く、自分の時間をしっかりと確保できなくなることもあります。

ワークライフバランスが実現できないとどうなるの?

では次に、介護士がワークライフバランスを実現できないとどうなってしまうのか、ということについて詳しく見ていきましょう。

仕事のモチベーションが下がる

ワークライフバランスを実現できずにいると、次第に仕事に対するモチベーションが低下していきます。

仕事ばかりの生活になってしまうと、

「なんのために働いているんだろう」

「楽しみが1つもない」

という状態になってしまい、徐々にやる気がなくなってしまうのです。

仕事に対するモチベーションややる気が低下すると、サービスの質が下がります。

そうなれば、利用者に満足してもらうこともできなくなりますし、周囲の評価も落ちてしまいますので、負のループに突入してしまうのです。

心身ともに疲弊する

ワークライフバランスを実現できずにいると、心身ともに疲弊します。

介護職は、高齢者の命を預かる責任重大な仕事であり、常にプレッシャーと闘うことになります。

ワークライフバランスが取れていれば、心身の健康を維持できるようになりますが、仕事に比重が傾むくと、過度にストレスが溜まってしまう可能性が高くなるのです。

介護士がワークライフバランスを実現するには?

では最後に、介護士がワークライフバランスを実現するためのコツや方法について詳しく見ていきましょう。

時間管理を徹底する

介護士がワークライフバランスを実現するためには、時間管理を徹底することが大切です。

この記事を見ている方の中にも、

「休みの日は1日中ダラダラしてしまっている」

という方がいるでしょう。

もちろん、心と体を休める時間も大切ですが、ダラダラするのと休むのでは意味が違います。

何もせず、ダラダラ過ごしてしまうと、すぐに休みが終わってしまい、

「今日も何もしなかった・・・」

「時間を無駄にしてしまった・・・」

となってしまう可能性が高くなるのです。

オンとオフの切り替えスキルを身につける

オンとオフの切り替えスキルを身につけることも大切です。

中には、休みの日も仕事のことを考えているという方がいます。

これは非常に素晴らしいことなのですが、オンとオフの切り替えを上手に行わなければ、心と体を休められません。

また、自分のための時間を作ることも難しくなりますので、ワークライフバランスを実現できなくなってしまうのです。

働き方を見直す

介護職の働き方は、

・正規雇用
・非正規雇用

大きく分けると上記2種類です。

ほとんどの方は、

「正規雇用で働きたい」

と考えると思いますが、ワークライフバランスを実現したいと考えている方には非正規雇用がおすすめです。

例えば、訪問介護業界独自の雇用形態である「登録ヘルパー」として働くことによって、自分の好きなタイミングで働けるようになり、休みもしっかりと確保できるようになります。

「今の働き方ではワークライフバランスを実現できない」

と悩んでいる方は、是非登録ヘルパーとしての勤務を検討してみてください。

登録ヘルパーとして働くメリット、
デメリットって一体何?

アミューズ富永の
登録ヘルパー求人情報を見る

まとめ

介護士として働いている方は、ワークライフバランスの実現を意識することが大切です。

介護職は人手不足の業界であり、体力的にもハードな仕事ですので、ワークライフバランスを実現している方が非常に少ない傾向にあります。

ただ、仕事に比重が傾いてしまうと、次第にモチベーションが低下してしまいます。

質の高いサービスやサポートを提供し続けるためには、プライベートを充実させて、心身共に健康的な状態を維持することが大切です。

忙しい介護士でも、少し工夫をするだけでワークライフバランスを実現できるようになりますので、今回紹介したことを参考にしながら、働き方や考え方を見直していきましょう。