岡山市の登録ヘルパー求人情報分析まとめ「ゆるワーク」 » 未経験者も安心 訪問介護お仕事内容ガイド » 高齢者コミュニケーターって本当に必要?魅力や知識を活かせる場所を紹介!

高齢者コミュニケーターって本当に必要?魅力や知識を活かせる場所を紹介!

介護サービスの質を高めるためには、高齢者とのコミュニケーション力を上げる必要があります。

とはいえ、

「高齢者とのコミュニケーションの取り方がわからない・・・」

と悩んでいる方もたくさんいるでしょう。

そのような方は、高齢者コミュニケーターの資格を取得してみるのがおすすめです。

この記事では、高齢者コミュニケーターとは一体何か、どのような魅力があり、どのような職場で活かせるのかということについて、詳しく解説していきます。

高齢者コミュニケーターとは?

高齢者コミュニケーターというのは、その名の通り高齢者とのコミュニケーション力を高めるための資格です。

この資格は、介護現場や医療現場など様々なシーンで役立ちますので、高齢者に接する機会が多い方にとっては便利な資格と言えます。

受講料金

高齢者コミュニケーターを取得するためには、講義を受講する必要があります。

試験費用などは特に設けられておらず、講義に費用がかかる形となります。

講義の費用については、スクールによってかなり差があり、3万円から25万円前後となっているのです。

スクールによって、資格取得までにかかる費用が大きく変わってきますので、事前にそれぞれを比較したうえで、自分に合ったスクールを選んでいきましょう。

難易度

介護関連資格の中には、資格取得難易度がかなり高いものもあります。

ただ、高齢者コミュニケーターの場合は講義を修了すれば取得できますので、そこまで難易度は高くありません。

取得期間も1か月から3か月と比較的短いため、できるだけ早く資格を取得したいと考えている方に最適です。

高齢者コミュニケーターにはどんな魅力がある?

では次に、高齢者コミュニケーターの魅力について詳しく見ていきましょう。

現場ですぐに実践できる

高齢者コミュニケーターを取得することによって、培った知識やスキルをすぐに現場で実践できるようになります。

高齢者コミュニケーターでは、目的をはっきりと伝える欧米の接し方を主軸とした技術を学びます。

そのため、高齢者との意思疎通がスムーズに行えるようになるのです。

介護従事者としてのスキルアップに繋がる

介護施設や医療施設において、高齢者とスムーズにコミュニケーションが取れる人材はかなり重宝されます。

なぜなら、高齢者とのコミュニケーションをスムーズに取ることができれば、介護サービスや医療サービスの質や内容を底上げできるようになるからです。

このようなことから、高齢者コミュニケーターを取得することによって、結果として介護職員としてのレベルも底上げできるようになり、昇進や昇給にも繋げやすくなるのです。

高齢者コミュニケーターの資格を活かせる職場はどこ?

では次に、高齢者コミュニケーターの資格を活かせる職場をいくつか紹介していきます。

介護施設全般

高齢者コミュニケーターは、介護施設全般で活かすことができます。

・特別養護老人ホーム
・有料老人ホーム
・デイサービス施設

など、様々な所で活かせるため、介護職を目指している方、あるいは介護職員としてのレベルを底上げしたいと考えている方に最適です。

また、訪問介護の現場においても高齢者コミュニケーターが重宝します。

訪問介護の現場では、基本的にスタッフと利用者が一対一でコミュニケーションを取りますので、自分が利用者の気持ちを理解できなければ、スムーズにサービスを提供することができなくなります。

高齢者コミュニケーターを取得することによって、利用者の気持ちや意志を汲み取りながらサービスを行えるようになりますので、満足度を高めやすくなるのです。

介護の仕事で取得しておきたい資格って?

医療施設全般

高齢者コミュニケーターは、医療施設でも役立ちます。

介護施設だけでなく、医療施設やリハビリ施設などでも高齢者とコミュニケーションを取る機会があり、高齢者コミュニケーターが一人いるだけで、医療スタッフの負担を大幅に軽減できるようになるのです。

接客施設全般

高齢者コミュニケーターは、介護施設や医療施設だけでなく、飲食業や販売業などでも役立ちます。

特に、高齢者をターゲットとしているお店や施設においては、高齢者コミュニケーターの存在がかなり重要になり、高齢者コミュニケーターがいるのといないのでは業務の効率や生産性に大きな違いが出てくるのです。

中には、

「高齢者コミュニケーターは介護職でしか使えない資格」

と思っている方もいるのですが、決してそういうわけではありませんので、高齢者と接する機会が多い方は、是非挑戦してみてください。

まとめ

高齢者コミュニケーターは、高齢者とのコミュニケーション力を底上げするための資格です。

この資格を取得しておくことによって、伝えたいことを正確に伝えられるようになるだけでなく、相手の意志や気持ちを上手に汲み取れるようになります。

高齢者コミュニケーターを取得することによって、

・介護施設
・医療施設
・飲食業や接客業

など、様々なシーンで活かせるようになりますので、興味がある方はぜひチャレンジしてみてください。