岡山市の登録ヘルパー求人情報分析まとめ「ゆるワーク」 » 未経験者も安心 訪問介護お仕事内容ガイド » 訪問介護では買い物も仕事のうち?注意すべきことって一体何?

訪問介護では買い物も仕事のうち?注意すべきことって一体何?

訪問介護では、入浴介助やトイレのサポートだけでなく、生活に必要な買い物のサポートも行います。

とはいえ、ヘルパーが行える買い物には制限がありますので、正しいルールを身につけておくことが大切です。

そこでこの記事では、訪問介護のおける買い物代行のルールや注意点について、詳しく解説していきます。

訪問介護のおける買い物代行とは?

高齢者の中には、

  • 足腰が弱い
  • 車が運転できない

などの理由によって、買い物に行きたくてもいけない方がいます。

このような方の買い物をサポートするのもヘルパーの役割です。

訪問介護で買える物って一体どれ?

訪問介護における買い物代行サービスでは、買える物が制限されています。

以下、買い物代行で買える代表的な物をいくつか紹介していきます。

生活必需品

トイレットペーパーやティッシュ、洗剤などの生活必需品は、買い物代行サービスの対象です。

基本的に、日常生活を送るうえで必要なものについては全て購入できますので、事前に覚えておきましょう。

薬の受け取り

利用者が服用する薬の受け取りも、買い物代行サービスの対象です。

ただし、薬の受け取りはできても、代理で病院を受診することはできませんので注意してください。

訪問介護の買い物の範囲とは?

訪問介護で買えない物とは?

では次に、訪問介護で買えない物について、詳しく見ていきましょう。

本人の援助に繋がらない物

本人の援助に繋がらない物をヘルパーが購入することはできません。

例えば、

  • タバコ
  • お酒
  • 雑誌

などがあります。

これらは生活援助の対象とはなりませんので、依頼されたとしても断るようにしましょう。

生活必需品ではない物

生活必需品ではない物についても、ヘルパーが買い物代行をすることはできません。

例えば、

  • 家電
  • 家具
  • 金券

などです。

これらは、生活にあると便利なものですが、買い物代行サービスの対象とはなっていませんので注意してください。

訪問介護における買い物代行の注意点

では最後に、訪問介護における買い物代行の注意点について詳しく解説していきます。

買い物ができる範囲を覚えておく

買い物代行サービスでは、利用者宅の近くにあるお店でしか買い物ができません。

例えば、

「近くにスーパーがあるけど、そこは高いから別のスーパーまで行ってきて」

というのは原則不可能です。

銀行通帳やカードの預かりは不可

利用者から、

「お金を引き出してほしい」

と依頼されるケースもあるのですが、これはヘルパーが行えない業務となりますので、はっきりとお断りするようにしましょう。

仮に、利用者のためだと思って銀行通帳やカードを預かり、現金を下ろしに行ってしまうと、紛失や盗難の疑いをかけられる可能性もありますので注意が必要です。

ただし、

  • スーパーのポイントカード
  • 診察券

などは預かることができます。

金額や量、メーカーを忘れずに聞いておく

利用者から買い物代行を依頼された場合は、

  • 金額
  • メーカー

などを細かく聞いておきましょう。

これらをしっかりと確認しておかないと、

「そんなに高いなら返品してきて!」

「量が多すぎる!」

「メーカーが違う!」

というトラブルに発展する可能性が高くなりますので十分注意しましょう。

買い物代行ではなく「同行」する場合の注意点

訪問介護では、買い物代行だけではなく、利用者の買い物に付き添う「買い物同行」を行うこともあります。

以下、買い物に同行する場合の注意点について詳しく解説していきます。

移動手段を確認する

利用者の買い物に同行する場合は、移動手段をしっかりと確認しておきましょう。

福祉タクシーを利用できる場合もありますが、介護保険を使って介護タクシーで買い物に行くことはできませんの注意してください。

また、ヘルパーの車に同乗させて買い物に行くこともNGです。

自分の車に利用者を乗せ、万が一事故を起こしてしまった場合、重大な責任問題となりますので絶対にやらないようにしましょう。

ルートの確認

買い物に同行する場合は、ルートをしっかりと確認しておくことも大切です。

特に、車いすを押して向かう場合や、一緒に歩いていく場合は、安全を第一に考えてルート設定を行う必要があります。

安全な買い物に向けた準備

利用者と買い物に出かける際は、安全な買い物に向けた準備を行う必要があります。

特に忘れてはいけないのが、薬の準備です。

持病を持っている方の買い物に同行する場合は、薬を持っていく必要が出てくるケースもありますので、忘れずに準備しておきましょう。

まとめ

訪問介護では、身体介護だけでなく、買い物代行を行うケースもあります。

ただ、利用者に頼まれたものであれば何でも購入できるというわけではなく、ヘルパーが代わりに購入できるものには制限がかけられています。

生活必需品や薬など、利用者にとって必要なもの以外は購入できませんので注意が必要です。

時には、

「これって買っていいものなのかな?」

という判断に迷う品物の買い物を依頼されるケースもありますが、自分で勝手に判断してしまうと、トラブルに発展してしまう可能性が高くなりますので、疑問や不安が出てきたときは、自身で判断せず、事業所に連絡を入れるようにしましょう。

『アミューズ富永』で、ホームヘルパーとして活躍してみませんか?