岡山市の登録ヘルパー求人情報分析まとめ「ゆるワーク」 » 未経験者も安心 訪問介護お仕事内容ガイド » 専業主婦でも転職はできる?仕事探しのコツと注意点を紹介!

専業主婦でも転職はできる?仕事探しのコツと注意点を紹介!

専業主婦として活動している方の中には、

「そろそろ社会復帰をしようかな」

と考えている方もいるでしょう。

とはいえ、専業主婦として活動していた期間が長いと、どうやって仕事を探せばいいかわからくなってしまいますよね。

そこでこの記事では、専業主婦が自分に合った仕事を見つけるためのコツと注意点を紹介していきます。

そもそも専業主婦はどうやって仕事探しをすればいいの?

社会復帰をしたいと考えている専業主婦の中には、

「どうやって仕事探しをすればいいの?」

という疑問を抱えている方もいると思います。

代表的な仕事探しの方法は、

  • 自分で調べる
  • 転職サービスを活用する

上記2つです。

では、それぞれについて詳しく見ていきましょう。

自分で調べる

専業主婦向けの求人は、

  • 求人雑誌
  • 求人サイト

などを活用することによって、簡単に見つけられます。

求人雑誌や求人サイトには、数えきれないほどの求人情報が掲載されていますので、

「とにかく条件にこだわりたい」

と考えている方に最適です。

転職サービスを活用する

「できるだけ早く仕事を見つけたい」

そう考えている方には、転職サービスの活用がおすすめです。

転職エージェントなどの専門サービスを活用することによって、

    • 求人の提案を受けられる
    • 面接対策、書類添削なども行ってもらえる
    • 会社との交渉や日程調整も代行してもらえる

    というようなメリットを得られます。

    専業主婦が自分に合った仕事を見つけるコツ

    では次に、専業主婦が自分に合った仕事を見つけるコツについて、詳しく解説していきます。

    勤務時間が適切かどうか

    自分に合った仕事を見つけるためには、勤務時間について確認しておくことが大切です。

    専業主夫として活動している方の中には、

    「家事や育児と仕事を両立させたい」

    そう考えている方もいるでしょう。

    このような方は、時短勤務や非正規雇用を導入している会社を選ぶことをおすすめします。

    自分のスキルや知識を活かせるかどうか

    自分のスキルや知識を活かせる仕事を選ぶことによって、楽しく、快適に働けるようになります。

    こう聞いて、

    「誇れるスキルや知識が1つもない」

    と悩んでしまう方もいるのですが、主婦業で培ったスキルや知識を活かせる仕事もたくさんありますので、自分の向き不向きや適性について、じっくり考えたうえで仕事選びを行っていきましょう。

    登録ヘルパーとして働くには、
    料理のスキルが役立ちます!

    休暇条件を確認しておく

    仕事を探している専業主婦の中には、

    「家族との時間も大切にしたい」

    と考えている方もいるでしょう。

    そのような方は、

          • 土日祝日も休みが取れるのか
          • 長期休暇は取れるのか

    というような、休暇条件についてもしっかりと確認しておくのがおすすめです。

    登録ヘルパーも有給休暇を取得できる?

    通勤時間は適切かどうか

    時間を有効活用しながら働きたいと考えている方は、通勤時間についてもチェックしておきましょう。

    できるだけ自宅から近い会社を選ぶことによって、通勤時間を減らせるようになりますので、家事や育児との両立もしやすくなります。

    専業主婦が仕事探しで注意すべきこと

    では次に、専業主婦が仕事探しで注意すべきことについて、詳しく解説していきます。

    希望条件に優先順位をつける

    専業主婦に限った話ではありませんが、自分に合った仕事を効率的に見つけるためには、希望条件に優先順位をつけることが大切です。

    あれもこれもになってしまうと、自分に合った会社を見つけられなくなってしまいますので注意しましょう。

    時間をかけて情報収集をする

    自分に合った仕事を見つけるためには、時間をかけて情報収集をすることが大切です。

    中には、ほとんど情報収集をせずに、直感で決めてしまう方もいるのですが、これをやると転職後に後悔する可能性が高くなりますので注意しましょう。

    雇用形態にこだわらない

    家事や育児と仕事を両立させたいと考えている方は、雇用形態にこだわらないことが大切です。

    中には、

    「絶対に正社員が良い」

    と考える方もいるのですが、正社員として働く場合は基本的にフルタイムとなりますので、家事や育児との両立がかなり難しくなります。

    非正規雇用と聞いてネガティブなイメージを持つ方は多いですが、家事や育児と仕事を両立させたい主婦にとってはメリットがたくさんある雇用形態ですので、慎重に検討していきましょう。

    諦めない

    専業主婦として活動している方の中には、

    「子どもも大きくなったし、正社員として働きたい」

    と考えている方もいるでしょう。

    ただ、専業主婦はブランクがあるため、場合によっては仕事探しが難航することもあります。

    不採用が続くと、

    「もういいや」

    と諦めたくなってしまいますが、諦めてしまうと逃げ癖がついたり、自分への自信を失ったりする可能性が高くなりますので注意してください。

    専業主婦におすすめの仕事って一体どれ?

    では最後に、専業主婦におすすめの仕事をいくつか紹介していきます。

    「自分に合った仕事がわからない」

    「仕事の種類が多すぎて選べない」

    と悩んでいる方は、是非参考にしてみてください。

    事務職

    「体力に自信がない」

    という方は、事務職がおすすめです。

    事務職は基本的にパソコン作業ができれば誰でも挑戦できますので、ハードルがかなり低いと言えます。

    また、簿記などの資格を取得することによって、給与アップにも期待できますので、ガッツリ稼ぎたいと考えている方にも最適です。

    コールセンター

    専業主婦として活動している方の中には、

    「人と話す仕事がしたい」

    と考えている方もいるでしょう。

    そのような方は、是非コールセンターの仕事に挑戦してみてください。

    コールセンターの仕事は、基本的にオフィス内で行いますので、体力に自信がない方でも安心です。

    また、アルバイトやパートスタッフを募集している所もたくさんありますので、自分の目的に合わせた働き方を選択できます。

    飲食店

    家事や育児と仕事を両立したいと考えている方には、飲食店でのアルバイトやパートがおすすめです。

    なぜなら、勤務時間や曜日をある程度自由に決められるからです。

    また、お店の商品を社割価格で購入できたり、賄を用意してくれたりする所もありますので、食費の節約にも繋げられます。

    軽作業

    空き時間でお小遣いを稼ぎたいと考えている方には、軽作業の仕事がおすすめです。

    軽作業の仕事では、

          • 商品の仕分け
          • ピッキング
          • 梱包

    などを行います。

    体力を使う仕事ではありませんので、体力に自信がない方でも安心です。

    登録ヘルパー

    最後は、登録ヘルパーです。

    登録ヘルパーの福利厚生分析

    登録ヘルパーというのは、訪問介護業界独自の雇用形態のことを指し、ある程度勤務日や勤務時間に融通が利きますので、家事や育児と仕事を両立したいと考えている方に最適と言えます。

    訪問介護では、利用者宅に出向いて一対一でサービスを提供しますので、給与だけでなくやりがいや達成感を求めている方にもおすすめです。

    介護職に向いている女性の特徴を徹底解説!

    現場から直行、直帰できるケースもありますので、

    「無駄な時間を徹底的に削りたい」

    と考えている方は、是非挑戦してみてください。

    女性のキャリアプランの考え方は?
    覚えておくべき注意点も紹介!

    まとめ

    専業主婦として活動している方の中には、社会復帰を考えている方もいるでしょう。

    とはいえ、これまでのブランクから本当に仕事が見つかるのか不安になってしまいますよね。

    スムーズに自分に合った仕事を見つけたいと考えている方は、今回紹介したことを参考にしながら、慎重に仕事探しを行っていきましょう。

    安易に仕事を選んだり、会社を選んだりすると、仕事を始めてから後悔する可能性が高くなりますので注意が必要です。

    お子様の成長や家庭環境に合わせて働けます!
    「アミューズ富永」の登録ヘルパー