岡山市の登録ヘルパー求人情報分析まとめ「ゆるワーク」 » 未経験者も安心 訪問介護お仕事内容ガイド » 男性でも介護職員になれる?

男性でも介護職員になれる?

介護施設や訪問介護サービスには女性スタッフが多い印象がありますが、もちろん男子禁制の仕事ではありません。スタッフの男女比では女性のほうが多い現状ですが、年々徐々に男性の比率も増えてきています。

ここでは、男性ヘルパーの強みや弱み、男性が介護職で働く際の注意点、男性がヘルパーになる方法などをご紹介します。

男性のヘルパーの強み

介護の現場では、男性だからこそ頼られるシーンが少なくありません。男性ヘルパーの主な強みを2点ほど見てみましょう。

力が必要になる介護は男性のほうが向いている

力任せに身体介護を行うことは理想ではありませんが、そうとは言え、介護にはある程度の力が必要になることも事実。利用者の中には、大柄で体重の重い人もいる以上、力のある男性ヘルパーが一人でもいれば、施設側も利用者側も非常に頼もしいことでしょう。

男性利用者が抵抗なく介護を受けられる

男性利用者の中には、女性ヘルパーに介護されることを「恥ずかしい」と感じる人もいるようです。特に男性利用者の入浴介助や排泄介助、体を密着させる必要がある介助においては、本来であれれば女性ヘルパーよりも男性ヘルパーが対応したほうが望ましいと言えるでしょう。

また、認知症の周辺症状として性的な問題行動のある男性利用者に対しても、女性ではなく男性ヘルパーが対応したほうが良いことは言うまでおありません。

男性目線からの意見も交えることでサービスの質が向上する

男性ヘルパーが増えてきたとは言え、男女比の視点から見れば、介護施設や訪問介護事業所は、まだまだ女性中心の職場。利用者に対する各種のケアは、女性目線が中心となって検討されていることを否めません。そのような職場に男性ヘルパーが一人でもいれば、ケアにバリエーションが生まれたり深みが増したりなど、サービスの質の向上が期待できるでしょう。

男性のヘルパーの弱み

男性ヘルパーならではの強みがある反面、男性ヘルパーゆえの弱みもあります。主に次の2つの理由で、介護の仕事を辞めてしまう男性もいるようです。

身体的負担の大きい仕事が男性に偏ってしまう

力を必要とする身体的負担の大きい仕事が、男性ヘルパーに偏ってしまう恐れがあります。身体的負担が大きい分、給与面で考慮してくれる事業所もあるようですが、それによって足腰を壊してしまっては元も子もありません。「自分は頼られている」と感じることは仕事のやりがいにもつながりますが、あまり気負い過ぎるのも問題です。

女性の多い職場特有の雰囲気がストレスになってしまう

良く悪くも、介護事業所は女性社会です。職場には、女性社会特有の空気が流れていることは否めません。

男性社会に比べ、徒党を組みたがったり嫉妬が横行したりすることが多い点は、女性社会特有の空気。男性ヘルパーの中には、この空気に強いストレスを感じてしまう人もいるようです。

男性が介護職で働く場合の注意点

介護施設や訪問介護サービスにおいては、女性利用者には女性ヘルパーが対応し、男性利用者には男性ヘルパーが対応する、という同性介護のスタイルが理想と言われています。

ところが現実には、介護職の人手不足の問題から、十分に同性介護が行われている事業所はほんの一部。女性利用者に男性ヘルパーが対応することも少なくないのが現状です。

介護サービスを提供する基本的な姿勢の一つは、利用者の尊厳を守ること。女性利用者を男性ヘルパーが介護する場合には、利用者の尊厳を傷付けないよう敬意を持って誠実にケアするよう注意しましょう。

男性でホームヘルパーになるための方法

ホームヘルパーになる方法は、男性でも女性でも同じと考えて差し支えありません。主な就業ルートとして、次の3つがあると考えておきましょう。

経験も資格もない状態で介護事業所に就職する

医師や看護師などとは異なり、ヘルパーは、資格や経験がなくても就業することができます。実際に多くの求人情報に目を通してみれば、無資格・未経験でも応募可能な事業所がたくさんあります。

まずは就職してしまってから、施設の支援を受けながら資格取得を目指す、という方もいるようです。

介護職員初任者研修や実務者研修を受講してから介護事業所に就職する

無資格・未経験の人材に比べれば、介護職員初任者研修や実務者研修を受講済みの人材のほうが、就職は有利になります。少しでも高い給与でヘルパーの仕事を始めたいならば、各種研修受講後に応募することをおすすめします。

福祉系大学で専門資格を取得してから介護事業所に就職する

福祉系の大学に進学して介護福祉士などの専門資格を取得すれば、かなり有利な条件で介護事業所に就職することができるでしょう。時間やお金に余裕のある人は、一つの選択肢として検討して良いかもしれません。

まとめ

一般に男性ヘルパーは、女性ヘルパーよりも筋力や体力があるため、介護現場ではとても頼りにされています。資格を取得して現場での経験を積めば、全国どこでも引く手あまたの貴重な人材になることでしょう。

介護職は女性の仕事、というイメージは時代遅れ。来たるべき超高齢化社会に向け、男性も自信を持って堂々と介護職を目指していきましょう。