岡山市の登録ヘルパー求人情報分析まとめ「ゆるワーク」 » 未経験者も安心 訪問介護お仕事内容ガイド » 高齢者と一緒に楽しめるレクリエーション9選!進め方の注意点も紹介!

高齢者と一緒に楽しめるレクリエーション9選!進め方の注意点も紹介!

親や親族の介護をしている方、あるいは介護職に興味を持っている方の中には、

「高齢者とのレクリエーションで何か良いアイディアはないかな?」

と悩んでいる方もいるでしょう。

そこでこの記事では、高齢者とレクリエーションをするメリットと、おすすめのレクリエーションについて詳しく解説していきます。

高齢者と一緒にレクリエーションをするメリットは?

高齢者とレクリエーションをすることによって、

  • 脳の活性化
  • 身体機能の向上
  • コミュニケーション能力の維持・向上

に繋げられるようになります。

高齢者とのレクリエーションを単なる遊びだと思っている方は多いですが、レクリエーションには様々な魅力やメリットがありますので、高齢者と接する機会がある方は是非試してみてください。

高齢者向けレクリエーションには種類がある?

高齢者向けのレクリエーションには、いくつかの種類があります。

以下、それぞれの特徴について詳しく見ていきましょう。

運動型レクリエーション

運動型レクリエーションというのは、その名の通り体を動かすタイプのレクリエーションを指します。

体を動かすことによって、身体機能の向上にも繋げられますし、ストレスの発散にも繋がりますので一石二鳥です。

ただし、高齢者は若者に比べると身体機能が低下していますので、できるだけ安全に楽しめるレクリエーションを考えることが大切になってきます。

創作型レクリエーション

創作型レクリエーションというのは、何かを作って楽しむタイプのレクリエーションです。

代表的な物には、

  • 料理
  • 工作

などがあります。

このタイプのレクリエーションを行うことによって、高齢者の考える力を鍛えられるようになりますので、認知能力の低下防止に最適です。

脳トレ型レクリエーション

脳トレ型レクリエーションというのは、脳を使うタイプのレクリエーションを指します。

例えば、

  • 知恵の輪
  • 神経衰弱

などです。

頭を使うレクリエーションを行うことによって、脳機能の低下を防止できるようにもなりますし、集中力の維持、向上効果にも期待できます。

ただし、あまりにも難しすぎるレクリエーションを行ってしまうと、高齢者が飽きたり、諦めたりする可能性が高くなりますので注意しましょう。

リフレッシュ型レクリエーション

リフレッシュ型レクリエーションは、ストレスの発散が最大の目的です。

歌や音楽、落語など、高齢者に心から楽しいと思ってもらえるようなレクリエーションを企画することによって、

  • ストレス
  • 不安

の解消に繋げやすくなります。

高齢者と一緒に楽しめるレクリエーション9選!

では次に、高齢者と一緒に楽しめるレクリエーションを9つ紹介していきます。

「アイディアが浮かばない・・・」

と悩んでいる方は、是非参考にしてみてください。

健康体操

手足を伸ばす健康体操をレクリエーションとして行うことによって、

  • ストレス発散
  • 身体機能の低下防止
  • 生活習慣病の予防

などに繋げられるようになります。

ただ運動をするのではなく、リズムに合わせて運動をしたり、ゲーム感覚で行える運動を取り入れたりすることによって、楽しく体を動かしてもらえるようになるでしょう。

口じゃんけん

じゃんけんは高齢者向けレクリエーションの定番ですが、通常のじゃんけんはシンプルすぎるため、面白いと感じてもらえない可能性が高いです。

そんな時におすすめなのが、口じゃんけんです。

口を使ってじゃんけんをすることによって、

  • 脳トレ
  • 誤嚥防止

などにも繋げられるようになります。

お互いの様々な表情を見られますので、高齢者との絆が深まること間違いなしでしょう。

しりとり

しりとりも高齢者向けレクリエーションの定番です。

シンプルなレクリエーションに感じてしまうかもしれませんが、

  • テーマを決める
  • 文字数の上限を決める

など、少しアレンジを加えるだけで一気に面白いゲームとなります。

また「ん」が続かない限りは永遠にゲームを行えますので、集中力の向上にも繋げられるでしょう。

イントロクイズ

イントロクイズは、

  • リフレッシュ効果
  • 脳トレ効果

を得られるおすすめのレクリエーションです。

昔懐かしい音楽のイントロを聞き、その曲名を当てるというシンプルなゲーム性ですので、高齢者にもルールを理解してもらいやすいです。

伝言ゲーム

伝言ゲームは、

  • 記憶力向上効果
  • 脳トレ効果
  • コミュニケーション能力向上効果

に期待できます。

とはいえ、高齢者の中には耳が遠くなっている方もいますので、一筋縄では進みません。

そんな時は、糸電話を用いた伝言ゲームを試してみてください。

糸電話を使うことによって、お互いの距離が離れていてもしっかりと聞き取れるようになります。

逆文字ゲーム

逆文字ゲームというのは、上下左右が逆になったひらがなを見て、何と書いてあるかを当てるゲームです。

このゲームは、ホワイトボードやプロジェクターなどが必要になり、若干準備に時間がかかりますが、脳トレ効果やリフレッシュ効果など、様々な魅力を得られるゲームとなっていますので、是非企画してみてください。

ただし、長文のひらがなを使うと、難易度が高くなりすぎてしまいますので、3文字もしくは4文字前後の単語をピックアップしていくことをおすすめします。

風船バレー

体を動かすレクリエーションを企画したいと考えている方は、風船バレーを試してみてください。

風船バレーは丸くなって行うのが一般的で、下に落とさないようにみんなで協力しながら進めていきますので、コミュニケーション能力の向上にも役立ちます。

「簡単すぎるかな?」

と思った場合は、風船を増やしてみましょう。

お手玉

近年ではあまりやらなくなりましたが、高齢者の方にとってお手玉は昔懐かしい遊びの1つです。

お手玉は身体機能向上効果や、脳トレ効果など、様々なメリットを得られるリクレーションですし、準備もかなり簡単ですので、気軽に行えるレクリエーションを行いたい場合には最適と言えます。

けん玉

お手玉同様、けん玉も昔懐かしい遊びの1つです。

けん玉は手先の器用さと集中力が試される遊びですし、童心を思い出せる遊びでもありますので一石二鳥と言えます。

ただ、介護施設などで複数の高齢者とけん玉を行う場合は、人数分のけん玉が必要になりますので事前に準備しておきましょう。

高齢者とのレクリエーションスキルを高めるメリット

高齢者とのレクリエーションスキルを高めることによって、親をはじめとする親族の介護にも役立てられるようになりますし、介護職への転職でも有利になります。

介護職には様々な種類がありますが、どの仕事でもレクリエーションスキルが生きてきます。

高齢者と一緒に楽しめるレクリエーションや、各種機能の維持や向上に繋がるレクリエーションを知っているだけでも、高齢者のリハビリや心のケアをしっかりと行えるようになりますので、

  • 両親の介護を行っている方(行う可能性がある方)
  • 介護職への転職を検討している方

は、今回紹介した内容を参考にしながら、レクリエーションスキルを高めていきましょう。

デイサービスってどんな施設?
具体的な仕事内容や転職のメリットを解説!

まとめ

高齢者向けのレクリエーションには様々なものがあります。

レクリエーションには様々な効果や魅力があり、ただストレスを発散できるだけでなく、身体機能や脳機能の維持や向上に繋げられるケースもあるのです。

高齢者にとってレクリエーションは大切なストレス発散のツールですし、リハビリのツールにもなります。

とはいえ、いざ高齢者とのレクリエーションを考えると、

「何も思い浮かばない・・・」

「候補が多すぎて選べない・・・」

となってしまうケースもあるでしょう。

そのような方は、今回紹介したレクリエーションを参考にしながら、目的に合ったものをピックアップしてみてください。

こちらの記事も読まれています!
『レクリエーション介護士とは一体何?必要性や活躍できる職場を紹介!』